配偶者の呼び方

テーマ:
日本語は配偶者の呼び方が難しいですね。

発言小町での投書です。

記事は 
こちら です。
この問題、ずっと前から思っていたのですが、まだ解決していないのですね。

昔、日本語教師をしていた時、学生の一人がこちらに来ている商社の奥様と友達になりました。日本から直接来られたの家族と付き合って、とてもためになっていました。

ある日、「先生、日本語ではハズバンドのことを何て言うんですか」と聞かれました。私達は「ご主人」と教えていたので、この学生、奥さんと別れるときに「ご主人によろしく」と言ったんだそうです。そうしたらその奥さん「うちでは主人という言葉は使いません」「はあ、何ていうんですか」「XXさんていいます」

「僕、困っちゃったんですよ。だって、ご主人とは面識がなくて、名前も知らないんです。そういう場合は何て言うんですか」

はー、来たな、って思いました。
「日本語は面白いことに、配偶者が第三者の場合、ニュートラルな言葉がないんだよ。進歩的な日本女性によると、主人なんてとんでもない。私は奴隷じゃないわ、って思うらしいけど。その人たちも、じゃ、なんて呼べばいいの、といったら言葉に詰まると思う。それで、ご主人(様)と呼んで怒ったら、じゃ、何ていえばいいんですか。名前知らなかったら、どうするんですかって聞いてご覧」て言っときました。

じゃ、英語は大丈夫かな、と思って、調べてみたら、Husbandって家を守る人って意味らしいですね。同じじゃない。でも問題になったって、聞いたこと無いなあ。

ちなみにスウェーデン語では (min) man (私の男)っていいます。まあ、ニュートラルかな。

私は主人、ご主人(様)って言います。

そういえば嫁っていうのも人気ないですね。女ヘンに家なんてけしからん、ということらしいです。

漢字をつつきだしたら、嫁なんてかわいいほうで、もっと凄いのいっぱいありますよね。
日本語教えてた時、漢字を担当したことがあります。それでいろいろ調べたんだけど、例えば「民」という字。目を鋭いもので突き刺して、メクラにした人だそうです(安倍首相が喜びそうな字だ)。国民の皆様、なんてよく言うよ、ってなもんですね。

授業で「色」という字が出てきた時は「この字はポルノだよ」って言って若い、可愛らしい学生達をびっくりさせました。だってあれはうずくまった女に男がマウントしてる絵ですもんね。学生達、いっぺんで覚えましたね。「色男」なんていう字もあるよ。試験に出ないから覚えなくてもいいけど」、なんていうといっぺんで覚えてました。

道なんて討ち取った敵の首を抱えて凱旋するとき、歩くところだし。

あー、漢字って歴史があって面白いね、ってよく言いました。
私の学生、そこらの日本人より語源は良く知ってましたよ。

そもそも漢字をどう習うかって、新しい漢字を少なくとも10回は書かなければ覚えないけど、授業中に、じゃ、今週の漢字(毎週20個ありました)、10個ずつ書きなさい、なんて言ってもしょうがないし。。
覚えない学生は、どう指導しても覚えません。「先生、どうしてもだめです」っていう学生に「1個100回ずつ書いたら、多分覚えるよ」って言って「あの先生はスパルタだ」って言われたり・・・

楽しい思い出です。



 



AD

昔の学生

テーマ:
90年代に日本語科の学生だった教え子が今、ストックホルム中国語科のドクター・コースの最終段階です。
ゼミをやるから来ない?と言われて、久しぶりに大学に行きました。
彼の研究題材が1902年から数年間の中国の地理の教科書について。
なんとも不思議な題だと思ったんですが、共産党革命直前のこの頃の中国は日本から教科書のアイデアを取り入れたのだそうで、中国語と日本語が非常によく出来るこの学生にあわせた主題といえるでしょう。
地理の教科書というのは政治的にもその時代の影響を非常に受けているので、そのメカニスムを見るのも面白いと思いました。
6月には書き上げるんだそうです。

ほとんど4年ぶりに日本語科に行ったのですが、教え子がまだ数人残っていて、懐かしかったです。
特にこの学生は、私が日本語科で教え始めた時に受け持って、漢字が大好き。所謂「漢字オタク」自分でどんどん勉強して、漢字の知識は凄いんですが、授業中ずっと後ろ向きに座っていたり、職員室にいる私のところに質問に来て、私の椅子に座って、横に私を立たせて話をしていて、チーフの先生に怒られたり。裸の上半身に黒の皮のヴェストを着てきたり。
日本に留学することになって、その格好は日本でしちゃだめよ、と言われて、いきなり背広を2着も注文したり。傑作な学生でした。

その後中国語も始めて、中国に行って、日本語、中国語両方ともかなり上手になりました。
すっかり学者になりました。これからが楽しみです。

私の顔を見て、とっても喜んで飛びついてきたので、びっくりです。
ドクターのディスピテーションにはぜひまた顔を出したいです。








AD

国民という字

テーマ:
前のブログで結婚している相手の呼び方を聞きましたよね。
その記事はこちら
最近聞いたんですけど、《夫さん》ていう呼び方もあるらしいですよ。
なんだか居心地の悪い感じだけど。
私が古いのかな。

今回は漢字についてです。
進歩的な日本人の中には、あの漢字は非民主的だからだめ、この漢字は封建的だからだめ、と使わない人がいるようです。
例えば「嫁」
女が家にいることを前提とした漢字はけしからん。
でも日本の女性はほとんどがまだ家に縛られている。
その方が楽な場合もあります。
スウェーデンには扶養家族控除も未亡人年金もありません。
女性はちゃんと働いていないと年取ってから国民年金(雀の涙)しかもらえないから、悲劇です。

次の漢字は「国民」です。
「民」という漢字は鋭い刃物で目を突いて盲目にした奴隷をかたどっています。

北欧からコンニチワ-漢字ー1
だから使わない。
じゃ、市民はどうする、人民は、他にも公民、庶民、殖民、移民、民族、民主主義、民法、民話。
全部やめちゃうの。
貧民、愚民、窮民、賎民なんかはいいのかな。

そもそも3000年の歴史を持つ文字にそういう難癖をつけるほうがいけないんじゃないでしょうか。
文化とはそういうものだし、私はそんな素晴らしい言葉を持っていることを誇りに思います。
それにいまさら漢字を全部やめちゃうわけにもいかないし。
「昔はこういう意味で使っていたけど、今は記号になってしまって、そんな意味はありません。
また、そのような時代にならないように注意しましょう」 っていう考え方はいかがでしょう。

日本語教えていた時、漢字の時間に私は字源をずいぶん話しました。
「色」なんて字がでてきたら、「今日はポルノの時間だよー」なんて言って。
この字は男が女の上に馬乗りになっているところです。
だから「色男」という言葉もあるよ、なんて言ったら、学生は一遍で覚えてくれます。
うちの学科の学生は日本の学生達より漢字に関して正確な知識を持っているかもしれません。

こんな素晴らしい、楽しい文字をなんで皆けなすのかしら。

あ、あのヴィオラ・ダ・ガンバの名手、ヴィーラント・クイケン氏は漢字大好きです。
一度、友だちのうちのパーティで会って、一晩中漢字の起源について話し合ったことがあります。
「貴女の名前の《サト》はこういう字か」から始まってね。
彼、漢字、いっぱい知ってましたよ。
AD

日本語、教えてください。

テーマ:
まだ日本語教師だった時、「ご主人によろしく」 という挨拶を教えていた。
ある日学生がやって来て、知っている日本人家族と日本人学校の運動会に行ったそうな。
「分かれるとき、『じゃ、ご主人によろしく』 といったら、奥さんに「うちは主人なんて言わないんです」と言われました。
僕はご主人には一度ちょっと会ったことがあるだけで、名前を知りません。先生、なんて言えばいいんですか」

私も知らなかった。
それで奥さんに電話して聞いてみました。
「はい、私はアキラさん(仮名)って呼びます」
う~。そーじゃないんです。第三者が名前を知らなくて、よろしくと言いたかったらなんていうんですか。
さ~。

もう。無責任もきわまりない。
言い方が決まってないんなら、そんなこと学生に言うな!

でも決まってるのかな。
ブログ見ていても、よく、主人と言う言葉を避けているみたいな人もいますよね。
まさか「夫さんによろしく」でもないし、「連れ合いさん」もないですよね。
「だんな様によろしく」なんて言ったら、それこそ殴られちゃうかも。
ハズバンド、ベターハーフ?

こういう場合、なんていいますか。
また、逆の場合はなんていいますか。
「奥さまによろしく」っていっても、アキラさんの奥さんは怒らないのかなあ。
奥に納まっているような人じゃなかったなあ。

ずーっと気になっていました。
教えてください。