バッグの職人、開店5周年

テーマ:
ドイツ人でバッグの手作りをする職人さんがいます。
旧市街にお店を出して5年目だそうで、お祝いに行ってきました。

Bagg-5

この写真はイェーテボリ市内で宗教関係以外では一番古い建物(17世紀中ごろ)で、そこに付属する小さい建物にお店があります。

Bagg-6

夜も開いているというので6時ごろ行ってみました。
中庭はすっかりクリスマス気分。


Bagg-3

これがお店の名前。
ラウラ・ディディオンという方です。


ラウラさんのHPから。
こんな革製品を作っています。

お客さんがいっぱい来ていました。

Bagg-2

Bagg-4

で、私も写真上段にあるバッグを思わず買ってしまいました。
旅行する時なんかに便利そう。

Bagg-1

一緒に行った友達もそれぞれ買い物。

三人とも割引してもらって、ご機嫌です。



AD
毎月一回、カフェ・インテルリングアを開いています。
今回は我が家で集まりました。
コーヒーを飲み、軽い食事をして、みんなでインテルリングア語で話し合います。私はまだまだなので、聞き役。

Interlingua141124-1


会員の一人、インゲルさんが自分の作った歌を、スウェーデンゴとインテルリングア語でご披露してくれました。

Interlingua141124-2

夕方のひと時を楽しく過ごしました。
来月は街中で集まります。







AD

キャプチャ

テーマ:
インターネットで買い物する時などに、注文した人が生身の人間であることを証明するために、へんてこな文字を記入することがありますね。
こういう文字を「キャプチャ」と言うんだそうです。

それが発明されるまでの面白い記事です。

→ 
キャプチャ

知らない内に人の役に立っているというお話です。
AD

円周率の曲

テーマ:

3.1514


円周率3.1415... を音階にするとこんなきれいな曲になるんだそうです。
うん、確かにその通り弾いてる。

動画は →こちら

小さい時、なんとかしてたくさん覚えてみよう、なんて思ったものですよね。このメロディーを覚えれば、円周率もずっと先まで思い出せる、というわけです。










若い猫、リーサ

テーマ:
玄関先にリーサが座って警備に当たっています。

未だ一歳ちょっと。若い若い。
背中の黒も胸の白もピカピカしています。

リーサ141127

ミッセとはまだ仲良くしてもらえません。
お兄ちゃんミッセにいつも「うるせーっ!」って怒鳴られてます。
でも本人はなーんとも思ってないみたい。
身を低くして飛びかかろうとします。

全く傑作な連中です。