1月2日に新年会をうちでやるんだそうです。
仲間が決めました。
参加者リストを作ったら19人プラス子供5人。
持ち寄りです。

3日前に日本から帰ってきた友達がお餅を担いできました。
で、私は関東風お雑煮を作ります。

他にあと1~2品。
グラーヴラックス、鮭の塩・砂糖漬けを作ります。
前にも書いたことがある料理ですが、今回は作り方、詳しく書きます。

Gravlax1

生鮭(今回は2キロ)数日前に買って冷凍庫で凍らせてあったのを解凍。寄生虫がいる可能性があるので、生で食べるときは必ず凍らせる。ノルウェー産です。半身を買いました。
砂糖大匙4杯、塩大匙4杯。白胡椒小さじ2杯は荒く潰す。

Gravlax3

ディル一束。


Gravlax4

砂糖、塩、胡椒をよく混ぜて、始めに少々鮭にすり込む。
その後、全体に振掛ける(肉の厚いほうは大目に、薄いほうは少くなく)。

Gravlax5

ディルを切ってばら撒き、

Gravlax6

あとの半分を上に乗せて、ビニールの袋に入れて冷蔵庫に2日置く。
時々ひっくり返し、出てきた水分は捨てる(液体に漬けておくと辛くなりすぎる)。
2日目から1週間ぐらいもつ。
冷凍庫で保存も可。

冷蔵庫は今、いっぱいです。
でも家には冬場は巨大な冷蔵庫、ベランダがあるから大丈夫。
20人分の材料もこちらに置いておけばいいので、冬場は安心です。


鮭、毎回微妙に違います。うまくいくといいけど。


そして今、二人で家を片付けています。
なにしろ仲間たちはお子さんのいる家庭が増えています。
今回は4人。幼稚園児たち。
そこら中に置いてある楽器をどうするか。
トトロにとってはちょっと脅威。
なにしろ自分はとってもおとなしい子供だったらしく、想像がつかないようです。


で、いつもの蚤の市でこんな籠を見つけてきました。


籠

蓋があれば大丈夫だと思ってる。
危ないなー。 蓋があったら開けるよ。戸があったら開けて見るよ。ボタンがあったら押すよ。 子供ってそういうものなんだよ。 (私はやんちゃな兄が二人だったから分かるんです。当時はうちの時計は皆分解されてた)
隣の籠はどっかに隠すそうです。
まだ転がってる楽器がいっぱい。一生懸命隠し場所を見つけています。
どうなることか・・・
多分元旦もまだ掃除してると思う。


では皆様、どうぞよいお年を。









AD

残響レコード

テーマ:
残響レコードというCD製作会社があるそうですね。
今、38歳の男性が5年前に資本金10万円で始めて、あっという間に億まで売り上げのある会社に育てたという話。
「音楽ビジネス改革」河野章宏・Yamaha Music Corporartion

残響

このCDの売れない時代になんで、と思って読んでみました。
パンクやメタルが好きなんだそうです。
大学時代は遊びまわっていて、パイロットになりたくて、アメリカの学校で資格をとるも、日本で仕事が見つからなくて、10年以上もニート生活。自分のバンドの録音を10万円投資して製作。レーベルがあるほうが格好いいだろうと「残響」と言う名前を思いつく。

そこまではなんか好き勝手やってるみたいな話ですが、物の考え方が経営者に向いているのですね。自分の好きなことしかやらないけど、いよいよやるとなったら、徹底的にどうすればいいか考える。真面目。そしてブレない。ニート時代の経験から肝が据わっています。

いやあ、見習うべきですね。あちこちウロウロしている私のような経営者には、頭が下がります。

ソニー、グーグル

前後して、こちらの二冊も呼んでみました。
前刀禎明 「僕はだれの真似もしない」 (ジョブスに日本を託され、掟やぶりの方法でアップルを復活させた仕掛け人)
辻野晃一郎 「グーグルで必要なことは、みんなソニーがおしえてくれた」

つまんなくはなかったけど、面白くもなかった、かな。



AD

トトロ、夢中です。

テーマ:

近くに、安物を集めて売っているスーパーがあります。
食品からオモチャまで、どこで仕入れてくるのか、実に安い。
トトロ、しょっちゅう出かけます。

今日の収獲。
なんとピアノ曲集。ドイツ語とスウェーデン語で解説が・・・

ピアノ譜1

こんなので、4冊。全部で2000円。
グレーの本は1巻がアルベニスからグリークまで。2巻はヘンデルからチャイコフスキー。
プラスティックで包んであるので、中は見れない。
こりゃ一体なんじゃ、と言う気持ちで買ってきたらしいです。

それが一週間前。
中身を見て、あれ、これってシャリモ3重奏になるぞ。
以来、取り付かれたように編曲し始めました。

現在時点で40曲作りましたよ。

ピアノ譜2

ブルクミュラーのタランテラ。

ピアノ譜3

3本のシャリモにすると、こんな風。
これはまだ簡単なほうですが、シャリモの音域はウンデシマ(オクターブ+4度)だそうです
(クラリネットのようにオーバーブローできないから)。

調を選んで、音程に幅のあるときは各パートに分けたり、コーダを付けてみたり。
いろいろ楽しそうにやっています(合間にSFや007のテレビを見たりしながら)。

その内お披露目してくれそう。
いまのところ、出来上がるごとに聞きに来いといってうるさい。





AD

恐竜、今

テーマ:

恐竜は今も生きている、とTVの番組がありました。
七面鳥の解剖をして、大きさが違うだけでいかに似ているか、と言っていました。

デュノ

次の日、ふと外を見たら、鳥が二羽、お隣の木の上に寒そうに止まっていました。

あ、デュノサウロス(テュノサウロス)だ、と思ったら、なんだか新鮮な感覚で鳥さんを見ることが出来ました。



ハウス・コンサート

テーマ:
音大に行っている若い友達が 「うちでコンサートするから、来てください」 と言うので行きました。

レーナ1
実に寒い日で、雪が降っていました。
彼女の借りているお部屋はこの階段の上です。
本当のホワイトクリスマス。

レーナ2

ピアノ連弾や、

レーナ4

歌や、

レーナ3

ヴァイオリン演奏など。
歌手はオペラの合唱団の人。
ヴァイオリンはオペラのオーケストラの団員。
日本人、活躍しています。

レーナ5

兄弟で演奏。
いろいろあって、楽しかったです。

演奏の後、スープをご馳走になりました。
こんな風な、気取らないおもてなし、いいですね。