日本から戻りました。

テーマ:
そしてもう1週間たちました。
今振り返ると、今回は相当な強行軍で、22回のミーティングで人に40人に会いました。
一日3回も会合してたりして・・・

19日の夕方帰ってきたのですが、さすがに疲れて、20日は24時間眠っていました。
そんな訳で、ブログは放っぽり返していました。
日本での話はそのうちします。

日本から帰る飛行機の中で読んだ本が印象的でした。

倍音

中村明一「倍音」という本です。
凄く面白かったです。
音というものを倍音の世界から執拗に追求しています。
今までぼんやりと考えていたことが、とても分かりやすく説明されています。

「整数次倍音」と「非整数次倍音」。
人の声で、前者が強い場合、カリスマ性にあふれるが、後者が強くなると、人情味にあふれた声になる。黒柳徹子は前者、森進一は後者の代表。
美空ひばりは基本的には「整数次倍音」を多く持っている。だからこそカリスマ性を発揮して、多くの熱狂的支持を集めた。しかし、それだけでなく、とても高いレベルで両方の倍音を使い分けた。1曲の中でも、自由自在に使い分けた。
そして「川の流れのように」を例にとって細かく分析しています。
この他、都はるみは「アンコ椿は恋の花」で一つのフレーズのなかで3点を自由に行き来している。「あんこ~♪」の部分を見てみると「あ」で整数次倍音をだし、「ん」と唸るぶぶんでは非整数次倍音が強く、最後の「こ~」というところは倍音の少ない裏声に抜けていく。大歌手たるゆえんでしょう。
YouTubeで聞いてみました。まさにその通り。
そして、私は録音するとき無意識にこういうことを考えながら、アーティストを選び、周りの環境を整えていたのだと、納得し、同時にびっくりしました。少し自信も付きました。

本はこの後、西洋と日本の発声法、息の使い方、などから日本文化云々まで続きます。
この辺になると、大分??になってきました。
それは西洋音楽の扱い方。
この類の本はえてして西洋音楽をクラシック音楽と置き換えている。でもその音楽はたかがここ2-300年ぐらいの話です。その前に延々と伝わっていた中世・ルネサンス(・バロック)の音楽はどこに行ってしまったのか。その時代の発声法は?楽器の音は。西洋の「辺境(アイルランドから始まってスペイン、ポルトガル、バルカン、スカンジナビアまで)」の音楽は? 
うーん。言いたいこといっぱい。

著者は尺八奏者。毎日倍音と隣りあわせで暮らしているのですね。
YouTubeでこの著者の演奏を聞いてみました。

あんまり好きじゃなかった。
でも本は一読に値します。

今日はこの辺で・・・




AD

日本に行きます。

テーマ:
10月4日から日本に行きます。
おみやげはこんなの。

BAG

日本人が見たらびっくりするような荒い作りです。
出来上がったのを見て、ちょっとがっかり。
ま、しょうがないか。ヨーロッパだもんね。

というわけで、ブログはしばらくお休みです。
買ったばかりのPC、持って行きますが、更新する時間がないかも。
2週間で戻ります。
では、では。



AD

毎日のトレーニング

テーマ:
テレビでやってました。
トレーニングは最大に運動する時間20秒X3回X週3回=3分/週で十分なんだそうです。
例えばSpinning(これ日本語でなんていうんですか)。
20秒思いっきり漕ぐX3回が一度の量。それを週3回。それで十分。
HIT (High Intensive Training) というんだそうです。

spinning

こんな、ニコニコしてるのはダメです。
周りから掛け声を掛けられて必死に漕ぎます。
運動量が集中しているので、先ずは医者の許可を受けること。

ただし、これで効果のある人は始めから遺伝子に組み込まれている人だけだそうです。
DNAを調べると分かるんだそうです。

もう一つ面白かったのは、こういう集中的な運動だけより、これに合わせて、毎日の生活の中でこまごまと体を動かすように気をつけるのも大事だそうです。
座ってばかりいる人は1時間に一度は立って歩き回るほうが、座り続けた後、ジムでトレーニングするより効果があるんだそうです。

週3分、集中練習するほかに、万歩計の数字を増やすということらしいです。
トトロにできるかな。










AD

イケアの失敗

テーマ:

イケアが味噌を付けています。
サウジアラビアのイケアのカタログから全ての女性の姿が消えていました。

Ikea-Saudi

こんな写真だったら、お母さんの姿がありません。他は全部同じなのに。
今日、女性軽視だとニュースのトップになっていました。

でも考えてみたら、女性は皆頬被りして長いスカートはいてなくちゃいけない国のカタログにパジャマ姿のお母さんを出すわけにいかないのでしょうね。

イケアを近代スウェーデンの誇りのように思ってる人がいっぱいいるから、ことは面倒です。

メディアで散々叩かれて、謝っていました。
さーて、来年のサウジのカタログはどうなるでしょう。
みんな楽しみに待っています。



ラップトップ

テーマ:
10月4日から日本に行きます。
それなのに、予定がまだ全然立っていません。
旅先のホテルでは夜中に書き物をします。
それでラップトップを買いに行きました。

比較的大きな専門店。驚いたことに、日本製が1台もないんです。
ちょっと前まではソニー、パナソニック、東芝なんかがずらりと並んでいたのに。
ほとんど全て韓国製!
今のところ、韓国製、あんまり買いたくない。何か他にないの?
ありました!ところが台湾製。うーん。それもやだな。

ラップトップ

しょうがない。台湾製。こんなのになりました。
日本、ここまで来たか・・・
悲しいですね。