日本公演(1)

テーマ:
どうも、お久しぶりです。
日本に来て1週間です。
バタバタしていて、アップする時間がありませんでした。
それと、ラップトップを持ってきているのですが、写真がうまくアップできません。
そのうち調整できるといいんですが。

さて18日に広響と共演、20日は尾道でした。
昨日尾道を出て、今、秋田の大館にいます。
日食は尾道のホテルで見ましたよ。写真も撮りました。

今日は大館でコンサートです。

あ、もう朝食に行かなくちゃ。
又報告します。

よかったらフェイスブックでマリアとマッティの二人の写真を見てください。

Maria Forsström
Matti Hirvonen



=======================================================
日本公演について
5月24日の夜、公開レクチャーが開かれます。
場所は洗足学園音楽大学の講堂、18時30分からです。
聴講無料
=======================================================
マリア・フォシュストローム(アルト)+マッティ・ヒルボネン(ピアノ)
=======================================================
A)広島交響楽団第319回定期公演会、指揮者:ミカ・アイヒェンホルツ
5月18日(金) 18時45分、 広島交響楽団と共演、 HPはこちら

B)アルトとピアノによる4っつのコンサート
5月20日(日) 14時、 尾道、しまなみ交流館、HPはこちら
5月22日(火) 19時、大館市民文化会館、 HPはこちら
5月25日(金) 19時、川崎市、洗足学園音楽大学、HPはこちら
5月27日(日) 15時、名古屋、宗次ホール、 HPはこちら

C)公開レッスン
5月24日(木) 18時30分ー20時30分、川崎市、洗足学園音楽大学・講堂
=================================================================


AD

だれだ!花を食べるのは。

テーマ:

日本行きの前の日です。
庭を見るとタンポポが又咲き始めています。
これを3週間ほっておくと・・・
仕方がない。庭に下りてタンポポ狩りを始めました。
ふと目を上げると直ぐそばに若い鹿がたっていました。
目が合ってしまい、両方ともびっくり。鹿はすぐに森の中に逃げていきました。 思わず「お前だな」とつぶやきました。 というのは。

鹿・1

前庭にこういう花を植えたんですが、先ほど見たら一杯あった花が全部食べられている。

鹿・4

こんな風です。
こっそり来て、全部食べてしまったらしいです。信じられない。
でも春はどんどんやってきます。

鹿・3

ここまで来ました。

では行って参ります。


=======================================================
日本公演について
5月24日の夜、公開レクチャーが開かれます。
場所は洗足学園音楽大学の講堂、18時30分からです。
=======================================================
マリア・フォシュストローム(アルト)+マッティ・ヒルボネン(ピアノ)
=======================================================
A)広島交響楽団第319回定期公演会、指揮者:ミカ・アイヒェンホルツ
5月18日(金) 18時45分、 広島交響楽団と共演、 HPはこちら

B)アルトとピアノによる4っつのコンサート
5月20日(日) 14時、 尾道、しまなみ交流館、HPはこちら
5月22日(火) 19時、大館市民文化会館、 HPはこちら
5月25日(金) 19時、川崎市、洗足学園音楽大学、HPはこちら
5月27日(日) 15時、名古屋、宗次ホール、 HPはこちら

C)公開レッスン
5月24日(木) 夜、川崎市、洗足学園音楽大学、詳細は追々こちらに更新していきます。
=================================================================






AD

日本に行きます!

テーマ:
明日から3週間、日本に行きます。
マリア。フォシュストローム(アルト)とマッティ・ヒルボネン(ピアノ)による演奏会のお手伝いです。しばらく更新できないと思います。

昨日の夜、そろそろ寝ようと寝室にいたら、いきなり小鳥が羽ばたいて、本棚の上に飛び上がった。あ、そういえば朝ミッセがベッドの下でゴソゴソやってたぞ。この子と遊んでたのか。

鳥

こんな小鳥です。寝室からベランダに追い出し、昨日は一晩そこに泊まってもらいました。
今朝見たら藤の木に止まって、胸をドキドキさせていました。でも、私を見てもあまり驚かない。もしかすると飼われていたのかも知れませんね。
ガラス戸を一杯に開け放ったら、しばらく躊躇の後お隣の木のてっべんに飛んでいきました。
これからは猫に気をつけてね。
出発の前日。これはいい事の前兆でしょうか。


=======================================================
日本公演について
5月24日の夜、公開レクチャーが開かれます。
場所は洗足学園音楽大学の講堂、18時30分からです。
=======================================================
マリア・フォシュストローム(アルト)+マッティ・ヒルボネン(ピアノ)
=======================================================
A)広島交響楽団第319回定期公演会、指揮者:ミカ・アイヒェンホルツ
5月18日(金) 18時45分、 広島交響楽団と共演、 HPはこちら

B)アルトとピアノによる4っつのコンサート
5月20日(日) 14時、 尾道、しまなみ交流館、HPはこちら
5月22日(火) 19時、大館市民文化会館、 HPはこちら
5月25日(金) 19時、川崎市、洗足学園音楽大学、HPはこちら
5月27日(日) 15時、名古屋、宗次ホール、 HPはこちら

C)公開レッスン
5月24日(木) 夜、川崎市、洗足学園音楽大学、詳細は追々こちらに更新していきます。
=================================================================





AD

ディンディリンディン

テーマ:
5月5日、コンヴィーヴィウムのコンサートがありました。
「コロンブス時代の音楽」という題で、
音大のオルガンホールです。

以下、こちらに住んでいる日本人向けのメールの案内です。

ルネサンス時代のスペイン、コロンブスのアメリカ発見が1492年、そしてスペインは経済的にも、政治的にも世界の強国にのし上がって行きます。丁度その頃の音楽を集めた曲集がマドリードの王宮図書館に収められています。このコンサートではコロンブスも聞いたと思われる音楽を再現します。600年も眠っていた古臭い音楽と思わないでください。びっくりするような生き生きとした音に再生されています。

歌詞はメンバーの一人がスペイン語に強く、彼女の口頭での説明で、意味もバッチリ分かるようになっています。

今回は2人の日本人留学生(リュートとトロンボーン)もグループに参加、みなさん、彼らを応援してあげてください。

 お待ちしています。




=======================================================
日本公演について
5月24日の夜、公開レクチャーが開かれます。
追々、詳細を発表していきます。
=======================================================
マリア・フォシュストローム(アルト)+マッティ・ヒルボネン(ピアノ)
=======================================================
A)広島交響楽団第319回定期公演会、指揮者:ミカ・アイヒェンホルツ
5月18日(金) 18時45分、 広島交響楽団と共演、 HPはこちら

B)アルトとピアノによる4っつのコンサート
5月20日(日) 14時、 尾道、しまなみ交流館、HPはこちら
5月22日(火) 19時、大館市民文化会館、 HPはこちら
5月25日(金) 19時、川崎市、洗足学園音楽大学、HPはこちら
5月27日(日) 15時、名古屋、宗次ホール、 HPはこちら

C)公開レッスン
5月24日(木) 夜、川崎市、洗足学園音楽大学、詳細は追々こちらに更新していきます。
=================================================================




日本公演を控えて

テーマ:
日本行きが近づき、ちょっとごたごたしていました。 先週、ストックホルムに行って、マリア、マッティの練習を見てきました。

ミカ

これは指揮者のミカ・エイヒェンホルツさん。 広響との公演は彼が指揮をします。
今、マリアと打ち合わせを終えたところです。

この後マリア、マッティの練習を見ました。
マーラーが自ら作ったと言う「告別」のピアノ、凄かったです。
オーケストラの音を鍵盤楽器に移す、ということで苦労したこともありますが(Mahler SongsのCD作成)、これは丁度その逆になるわけですね。作曲者の考えをピアノに移す。大分違います。そこがなんか魅力的。コンサートを目指して磨いていくと、面白くなると思います。

しばらく更新が滞るかもしれません。ちょっと取り込んでまして・・・

=======================================================
日本公演について
5月24日の夜、公開レクチャーが開かれます。
追々、詳細を発表していきます。
=======================================================
マリア・フォシュストローム(アルト)+マッティ・ヒルボネン(ピアノ)
=======================================================
A)広島交響楽団第319回定期公演会、指揮者:ミカ・アイヒェンホルツ
5月18日(金) 18時45分、 広島交響楽団と共演、 HPはこちら

B)アルトとピアノによる4っつのコンサート
5月20日(日) 14時、 尾道、しまなみ交流館、HPはこちら
5月22日(火) 19時、大館市民文化会館、 HPはこちら
5月25日(金) 19時、川崎市、洗足学園音楽大学、HPはこちら
5月27日(日) 15時、名古屋、宗次ホール、 HPはこちら

C)公開レッスン
5月24日(木) 夜、川崎市、洗足学園音楽大学、詳細は追々こちらに更新していきます。
=================================================================