冬時間

テーマ:
今日の午前3時から冬時間が始まります。
北欧だけでやっていた時は1ヶ月前に変わったんですが、EUになってからは南の国々と歩調を合わせて10月終わりになりました。すっかり暗くなってからの変更です。
さーて、これから時計の針を進めるのか戻すのか。
毎年あるのに、難しい問題です。
$北欧からコンニチワ-庭の家具
絶対に間違えない方法は、
夏になったら庭の家具を外に出す(前進させる)。冬時間は家具を後退させる。
ということです。

これからまだ2ヶ月ぐらいどんどん暗くなります。
この辺は雪があまり降らないから、暗いと、本当に暗い。
みんなが鬱になるきもちが分かりますね。
1月になると、少しずつ明るくなったいきます。
待ち遠しいですね。




AD

ミッセ・庭・藤

テーマ:
ミッセの右目のまわりが炎症を起こしました。
北欧からコンニチワ-ミッセ
こういう感じで左目は肌が黒いので、パッチリ大きく見えます(アイライン使用と同じ効果)。
右目は肌がピンク色なので小さく見えます。
それで始めはあまり気がつかなかったのですが、とうとう右目はウィンクしたままになってしまい、お医者さんに連れて行きました。10日間抗生物資を飲ませて、目の周りに薬を塗って。
今日は10日目です。

グルッセと比べると、ミッセはのんびりさんです。
グルッセは厭な状態、恐い状態になった前後を徹底的に覚えてます。
例えば一定の時間に薬を上げたり、手当てをしなければならない時、家に帰ってきたのを確認、猫穴に通じるドアを閉めておきます。直ぐにこのドアが閉まったらヤバイ、と原因と結果をつなげてしまいます(時には笑っちゃう因果を考え出すんですけどね)。
ミッセはいたってのんびりです。
目に薬をぬって、その後口に注射器で抗生物資を注ぎ込むんですけど、薬を塗るまでは黙っています。
そして毎回、机の上に乗せたとたんに「いやー、いやー」と鳴き始めます。
猫によって色々ですね。
今は無理やりに口を開けさせられて、頭に来てどっかに消えてしまいました。

北欧からコンニチワ-庭
さて、庭に花も何にもないのが寂しくて、牡丹を植えてもらいました。
来春には赤、しろ、ピンクの花を咲かせてくれると思います。
やっぱりアジア系の花のほうが好きですね。
写真を撮りに行ったら、新しい土の上に猫の足跡がいっぱい。
トイレにしてるのかしら。

北欧からコンニチワ-藤
しばらくお見せしなかった藤です。
やっぱり冬が近づいたら葉を落とし始めました。
春になったら剪定ですね。Rokuzaさん、よろしくね。





AD

先生を訪問

テーマ:
私が尊敬して「先生」とお呼びしている方がいます。
週末に友だちとこの先生にお呼ばれしました。

北欧からコンニチワ-千恵子先生1
お宅の近くに新しく出来た高級食品を売る店が出来ました。
そこでお菓子をお土産に買いました。

お嬢さんが張り切って焼肉をしてくださったのですが、食べるのに夢中で写真撮るの忘れました。

北欧からコンニチワ-千恵子先生2
今日集まった仲間達。
一番右が先生。最近、私のCDの日本語訳をしてくださいます。
私のブログを見て、今度始められるかも。
カラッとしたユーモアのある方なので、面白いブログになるでしょう。
私の向こうを張って「あの世からコンニチワ」っていうのにするわ、ですって!
チビちゃんはお孫さんのミミちゃん。1/4日本人です。物凄くかわいい。

皆で盛大におしゃべりしてきました。



AD
今、CDの完成が遅れている「スウェーデン室内合唱団」がEBU(The European Broadcasting Union)が主催する合唱コンクールの成人アマチュアの部門、"Let the peoples sing" で優勝しました。10月中旬です(インフォーム遅れてすみません)。このコンテストは隔年に行われます。

$北欧からコンニチワ-SKK

その上に、このコンテストの最高の賞である「銀の薔薇の杯」というのも勝ち取りました。最終コンサートで各部門の全部を比べて、一番良かったグループに与えられます。コンテストはイギリスのマンチェスターであったのですが、この合唱団は現場に行かれず、スウェーデンからラジオを通しての参加でした。実際に参加しなかったグループが「銀の薔薇」を貰ったのは開闢(1961年)以来だそうです。

グループは去年、フランスで別のコンテストでも優勝しています。
その時の舞台がYouTubeに載っていました。こちらです。
この曲は今回のCDにも入れました。北の住民、サーメの歌、ヨイクに影響を受けた作品です。

30日のリリースには沢山のお客さんが来てくださると思うのですが、肝心のCDが出来上がらず、くやしくて歯軋りしています。うーん、ギリギリ。
それに2日からはスペインのコンテストにも参加、この時もCDを持って行けない。うーん、益々ギリギリギリ。





ショック

テーマ:
$北欧からコンニチワ-NewFavourites

必死になって作っってたこのCD。
工場からの連絡で25日には出来てくるとありました。
10月30日がリリース・コンサート。ホッと安心してたところ、先週になってSACDのプレスの機械が壊れたかなんかで、2週間遅れだそうです。
ショック。リリース・コンサートどうしよう。