$北欧からコンニチワ-カレイドスコープ150

ウェブ・マガジンでMusicWebInternationalっていうのがあるんですけど、イギリスで作っていて、かなり大きいらしいんですね。そこでマリアのCD,「カレイドスコープ」が今月の録音に選ばれました。

記事はこちら

めちゃくちゃ褒めてます。気持ちが悪いぐらい。よっぽど気に入ってくれたんですね。
やっぱり褒められるのは嬉しいです。

すごく長い批評なので、かいつまんでご紹介します。

2005年より歌手として活躍を始めたマリア・フォシュストロームは巧妙な技術を持った本物のコントラルト。印象深い低音とダークな音色を持つ。声はよく均整が取れていて、おおらか。高音はどんなドラマティック・ソプラノも羨ましく思うような輝きがある。なによりも素晴らしい美しさを持つ声ーーなおかつ表現力を失わない美しさだ。別の言葉でいうと、並外れてよき才能の持ち主である。

アンドレアス・エドルンドのチェンバロもマッティ・ヒルボネンのピアノも褒めています。そして両楽器が日本製であることと日本語の解説が付いていることは何か関係があるのかも、とか勝手な想像をしています。

このCDを聞くことになった前の日にシューベルトの「鱒」をライブで聴いた。大変重厚でドラマティックに歌うバス/バリトンが歌った。それが耳に残っていてフォシュストロームを聞くと、ちょっと血が通っていなくて物足りなかった。しかし数日後にもう一度聞いて考えを変えた。バス/バリトンは非常に特別な感情を持って歌っていたが、フォシュストロームのシューベルトのほうが正当なのではないかと思った。CDのその他のドイツ歌曲も有名なものばかりだが、全て見事に歌われている。シューベルトのセレナードを聞くと、彼女がいかにニュアンスを持って歌っているかが分かる。この一曲のためだけでも、CDを購入する価値がある。

この後ももっと良いものが続く。ラフマニノフの2曲は真のスラブ的なフィーリングを持っている。そのフォルテはまるでビルギット・ニルソンの最高潮の時のようだ。いや、もっとスカンジナビア的な歌手との比較なら、キルステン・フラグスタードのようだ。ここでマッティ・ヒルボネンは、ピアノの持つ力強さでしっかりと支えている。他の曲でも言える事だが。

と、この調子で最後まで。
普通なら、どこかで少なくとも一箇所ぐらい悪口を言うのだけど、それが全くないんですね。
それとも私の英語力が足りないのかしら。
マリアが喜ぶでしょうね。










AD

年金が・・・

テーマ:
昨今のヨーロッパの景気の後退には目を覆うものがあります。
ギリシャを始めとした南の国々のキリギリスさんたちが夏を謳歌しているうちにいよいよヤバくなってきました。
キリギリスさんたちは冬のために備えようなんて考えてない(南方の国は冬も暖かいからなあ)。そればかりか、大体税金というものは払わないことに徹底しているらしいです。
ポルトガルの話だったか、旦那さんの月給が10万円ぐらい。そんなに安いの、と思ってたら残りの10万は闇で払ってもらうんだそうです。国家公務員でもそれが通用するらしいです。そりゃあ国が破産するわけだ。

ギリシャでも脱税が酷いので、税金は電気料金に加算して請求するようになったそうです。
電気はみんな必要だから、不払いと言うわけに行かない、というわけです。
キャー、そこまで行くか、と笑っていたんですが、どうも他人事でなくなったみたいです。

スウェーデンでは年金はフォンドの形で(つまり株です)いろんな金融機関が預かっているのですが、この不景気であっという間に価値が半減。将来、年金として支払いができるかどうか、怪しくなってきたそうです。
90年代に行われた年金制度の大改革が裏目に出たわけ。
こうなると、今貰っている年金もどうなるか、怪しい雰囲気になってきました。
私達年金生活者は収入ががた落ちなんてことになるかも・・・

CD沢山売って、食いつなげないと・・・(なんて、出来るわけがない)

EUだのユーロだのって、所詮は政治家が描いた餅に過ぎなかったのかもしれませんね。
AD

本の見本市

テーマ:
恒例の本の見本市、行ってきました。
スカンジナビアでは最大だそうです。
$北欧からコンニチワ-本の見本市
今年のテーマはドイツ語圏の文学だそうです。
トトロが好きそうなテーマです。
私はあんまりうろうろすると、疲れてしまうので、今日は別行動。
私のお目当てはi-bookです。
展示の少なさにびっくり。探しても2・3箇所しかないのです。
「日本で買ったほうがいいんじゃないの」って言われました。
確かに、日本語で読むほうが多いから、それは言えるか。

でも日本のマーケットは狭いと言うことを読みました。
携帯でマンガは非常に発達しているけど、i-book はまだまだだそうですね。
業を煮やした本好きが、自分の本をスキャンして(そういう機械が売られているとか)本箱を空にしていくそうですね。
私にとっては、字の大きさを自由に変えられること、重さが一定(厚い本をソファーやベッドでひっくり返って読むのはくたびれる)、旅行に持って歩ける、あたりが魅力です。





AD

名古屋のホテルで

テーマ:
名古屋のホテルはマリアと同じところにしてもらいました。
街の中心にある立派なホテルです。
マリアは2日前にすでに到着していて、隅々まで見学終了。
入り口にある結婚式の受付オフィスもばっちり検分してありました。
そこのカタログにある写真を指して、
「猫、ちょっと見てご覧。これ教会みたいだけど、どうみても向かいにあるラウンジだよ。でも十字架かけてあって、外人の牧師みたい。これなーに?」
北欧からコンニチワ-結婚式場2
ラウンジ。普段はゆったりとコーヒーなんかが注文できます。

北欧からコンニチワ-結婚式場1
そしてこのように化けます。

敬虔なクリスチャンのマリアにとっては心穏やかでない。
後でラウンジの前を通ると、結婚式になるらしくて、金髪碧眼が大きな十字架を首から下げて準備に参加してました。赤い表紙の聖書みたいのも持ってた。
マリア、立ち止まって口あんぐり。出目金みたいになって固まってしまった!
こうなると、ちょっとからかいたくなるのが私の悪い癖で、
「日本にはヤオヨロズノカミが住んでるんだよ。キリストっていう神様が一人ぐらい増えても別にどうってことないんだよ(言いながら実はちょっとみっともなかった)。イェーテボリの私の学生で日本に留学してた時、牧師さんのアルバイトしてた子がいたけど、あれってギャラがいいんだって」
マリア「あの人本当の牧師?私、行って聞いてみる」
猫、あわてて「それは彼がかわいそうだよ。やめときな」

彼女にとっては凄いカルチャーショックだったみたいです。





レイアウターと

テーマ:
金曜日はCDのレイアウター(こんな日本語あるのかな)と町中のカフェーで仕事しました。
北欧からコンニチワ-マグヌス
これがマグヌスさん。なかなかのイケメン。
仕事も速いです。
今日は日本語の校正をしました。
日本語できないマグヌスさんとで、始めはちょっとまごついていましたが、なんとかクリアー。
このカフェーはある教会の片隅にあります。
いつも落ち着いていて、仕事もはかどります。

今日のミッセ
北欧からコンニチワ-ミッセ110926
約束どおり邪魔しに来たぜ。