日本人という病

テーマ:
ストックホルムには日本語の本を売っているお店があります。
そこで買った本。
$北欧からコンニチワ-河合隼雄河合隼雄

面白かったです。
もともと河合隼雄は好きなんですけど。

一般論ではないけれどと断って、西洋科学的なものの見方と日本的な(どちらかと言うと直感的な)物の見方の違いを書いています。

西洋科学で証明するのには誰がどこで実験しても同じ結果が生まれることをよしとする。
でも、臨床心理学では私と患者が向き合って切羽詰ったところで分析するので、本当に一本勝負。
生きていると言うのはだれでも同じ結果が現れないから価値がある、といったことをとても面白く、そーか、と思うように説明しています。
この混沌としたとこを、こんなに上手に説明できる人はやはり少ないですね。

それで思い出すのが私の音大での仕事。
私はドイツで呼吸、発声、リラクゼーションを3年間習って結婚によってスウェーデンに移りました。
スヴェンのおかげで音大で時間講師を務めました。
悪い教師じゃなかったと思います。
学生にも先生方にも信用されて、実際、楽器を無理な姿勢で弾きすぎた多くの学生を助けたりしました。
でも、どこか不安だった。見事に立ち直った学生を見ると、なぜうまくいったのかはっきり分からない。
ドイツの学校ではセオリーも習ったし、その学校の目指すものもある程度理解できたし、どちらかと言えば才能のある生徒でした。
でも、本当の所がわからない気持ちはいつもあって、自信がありませんでした。

後に日本語科の先生になって、救われたような気がしました。
日本語はなぜそうなのかうまく説明できなくても、間違いは間違い。日本人なら分かります。
そして、説明できないことは同僚と一緒に徹底的に勉強しました。
いろんな事が理論的に分かっていくのは面白かったです。
そういう意味では自信がもてました。

でも、今考えると、呼吸法などで理解できないと思っていたことも、理解の追求の仕方が間違っていたのかな、と気がつき始めました。日本語は安心して教えられるけれども、呼吸法などはかなり直観力と性向(才能?)みたいのが必要で、必ずしもだれでもできるわけじゃないんですね。
河合隼雄のいう曖昧模糊としたものを許容するという意味が分かってたら、もっと楽に続けられたかなあ、いや、やっぱり難しかったかなあ、なんて思いました。
AD

ミッセ、いたずらっ子

テーマ:
今朝、ミッセに会って「おはよう」と見ると、また煤だらけになっている。
ほんとに真っ黒。
地下室の暖炉の中を探検してきたな。

そして、シャワーをしようと思ったら、まー。
北欧からコンニチワ-いたずらっ子1

北欧からコンニチワ-いたずらっ子2
バスタブの底もこんな。
トイレの中にはトイレットペーパーがロール毎落っこっている。
トトロがすくい上げてバスタブに移してある。
乾かすんだって。まさかもう一度使うんじゃないでしょうね。

まったく二人とも(二匹とも)なにやってんだか。



AD

トトロ、お医者に行く

テーマ:
二日たっても背中が痛くて動けないので、お医者さんに行くことにしました。
スウェーデンのシステムでは先ず自分が登録してある治療センターにいきます。
町医者というのはありません。センターで診てもらって、必要なら専門医に紹介してもらいます。
朝連絡したら、夕方4時に予約が取れました。
診断は「直るまで時間がかかるけど、おとなしくしていなさい。痛み止めを処方してあげましょう」
ということでした。
処方便は直接コンピュータで薬屋さんに送られて、どこの薬屋に行っても買うことができます。
個人ナンバーとIDカードが役に立ちます。
夜はコンヴィヴィウムの練習だったけど、彼はお休み、自分たちだけで練習してもらうことにしました。
こんなこと初めて。
スヴェンがいなくても自主的に練習してみるのはいいことですね。

みなさん、ご心配かけました。
たぶん、もう大丈夫です。
AD

ねこぜんまい

テーマ:
ねこぜんまい

ねこを だきあげると
ねこぜんまいが
ゆゆーーん
ゆゆーーんと のびて
ねこ ぶらさがる

きりなくのびたら どうしよう!
   きゃッ
と はなせば
ねこ ゆかのうえ
   わーーご
もう かくれてみえない
ねこぜんまい

曲・木下牧子
詩・武鹿悦子

$北欧からコンニチワ-ミッセねじれ猫
ミッセは もちあげなくても ねこぜんまい

友だちの歌手が歌っています。
詩だけでも面白いでしょ。



トトロ、くたばる

テーマ:
トトロがくたばりました。
昨日、お買い物から帰って、いつものように荷物を持って階段を上がってもらおうと思って、地下から大声で呼んだんだけど、返事がない。
しばらくして、のそのそとやってきた。
どうしたの?
自分の部屋の本棚を整理していて、踏み台から足を滑らせて、落ちた。
背中を床に、頭をドアにぶつけて、しばらく起き上がれなかった。
それと舌を噛んで・・・
そこで思わず笑ってしまった。

起き上がれたんだから大丈夫と思っていたら、今日は大分調子が悪いらしいです。
朝ごはんも、いつも噛んでる側の舌を噛んだから、食べ物を反対側に落とすんだ、と言って首をかしげて噛んでるから、又笑ってしまった。
で、ご機嫌悪い。
$北欧からコンニチワ-スヴェン・アウト
さっき見たら、台所でこんな風になってくたばってた。
いつも牛の如く強いから、今日はちょっとかわいそう。心配です。