さようなら

テーマ:
マリアにレッスンを受けるため、冬休みを利用して訪れたMさん、またパリに戻っていきました。
北欧からコンニチワ-桃子さん
真ん中の男性はロシアから来ている大学生。
日本語がしゃべりたくて、日本人についてまわっています。
今日は荷物運びでお手伝い。
Mさん、又会いましょう。元気でね。

今年ももう残りわずか。
グルッセが逝って、ミッセが来ました。
日本に2回も出かけました。
ヴェランダも作りました。
マリアのCDも好評です。


以下の写真は、カメラを忘れていった日に撮っていた人に頼んでおいたら、送ってくれました。
北欧からコンニチワ-マリアの生徒ー1
生徒の発表会で先生ぶるマリア。

北欧からコンニチワ-マリアの生徒ー2
この1年でびっくりするような進歩を遂げたAさん。
1月に日本に帰ります。
日本でよい先生に出会えるといいけど。

では、皆様、よいお年を!
AD

パーティー再び

テーマ:
Aさん姉妹とMさんをもう一度呼んで、スヴェンお母さん風パンケーキを伝授してあげよう、という寄り合いを開くつもりでした。
でも、日本語学科で実習もしているAさんの周りには学生がうようよしています。
$北欧からコンニチワ-パーティー101228
で、3人のはずのお客さんがなんと7人に。
クリスマスの残り物を平らげてもらうことになりました。
左端の子はハンガリア、右中央はロシアの両親です。
日本語が実に達者。
特に左端は日本語科の学生。
去年、高知大に一年留学してきました。
今、文部科学省の奨学金を狙っています。

若者はいいですね。
みんな学生。音楽、日本語、IT,心理学関係で博士課程など、それぞれの方向に向ってまっしぐらに勉強しています。

あんまり大人数だったので、パンケーキ教室は延期になりました。

音譜
今日のミッセ/Misse idag
お休みです。
お客さんが大勢で、びっくりしたんでしょう。
どこかに隠れてしまいました。
AD

鳥の足跡

テーマ:
今朝、郵便物を取りに外に出たら、新しく積もった雪の上を鳥の足跡。
北欧からコンニチワ-鳥の足跡
玄関に上がる階段の上をずっと歩いてきたらしい。
昔の人は鳥の足跡を見て、感じを発明したという伝説がありますね。
これは何という字になったのかしら。

音譜
今日のミッセ/Misse idag 
$北欧からコンニチワ-ミッセX28
お前はなかなかのハンサムだ、鼻の横のポチッがなかったら・・・
耳が片方欠けてるみたいだけど、今、本人を調べたらちゃんとありました。
AD

マリアのレッスン

テーマ:
声楽でパリに留学しているMさん。
マリアのレッスンを受けにイェーテボリに来ました。
今日はAさんと二人でレッスンを受けました。
マリアはクリスマス休暇返上で教えています。

北欧からコンニチワ-マリアのレッスンー1
背中、腰の力を感じさせるために、椅子に馬乗りさせられて歌うAさん。
喉はゆったりと力を抜いて、とマリア。
うまくいくと凄い声量で自然な声が出ます。

北欧からコンニチワ-マリアのレッスンー2
マリアはパリの先生と同じことを言ってる、とMさん。

二人ともちょっと日本人とは思えない本格的な声が出始めています。
今後が楽しみ。

音譜
今日のミッセ/Misse idag
$北欧からコンニチワ-ミッセX193
何の夢見てるの。
尻尾の位置に注目!



クリスマスの来客

テーマ:
スウェーデンでは12月26日までがクリスマスの祝日です。
やっと大騒ぎのお祭も過ぎて、日常生活が戻ってきました。
今日はクリスマスの食べ物について。

最近は皆さん豪勢な料理が流行ってるみたいですが、うちはスヴェンの故郷の(自宅の)お母さんが作っていた料理です。
今年は、日本からの留学生を呼びましたので、伝統的、貧乏百姓のクリスマスです。

北欧からコンニチワ-Xmas10-7
まずは歓迎の飲み物、グロッグ。
辞書を引くと(主としてクリスマスに暖めて飲む)薬味入りのぶどう酒とあります。
薬味の中にはニッキやジンジャー、カデムンマ、マンデル、オレンジの皮、それに砂糖などがあります。
私が選んだのはリンゴがベースのノンアルコール飲料。
北欧からコンニチワ-Xmas10-1
外は零下13度。寒い中を白い息を吐きながらたどり着いたお客さんに出すのには最適。
暖めて、コップに入れ、干し葡萄などを適当に入れて、フーフー吹いて冷ましながらいただきます。

体も暖まり、一応の挨拶も済んだところで、お食事です。
北欧からコンニチワ-Xmas-8
ニシンの漬けたの各種。
一番左の大きいビンは伝統的なニシンの漬物。
スヴェンのお母さんがいつも自分で作っていた物です。
私も昔は自分で作ったけど、今年は全部スーパーで買ってしまいました。
後はディルやカヴィア(スウェーデンでは魚の卵はみんなカヴィアです)が入っています。
赤カブの酢漬けと一緒に食べます。

北欧からコンニチワ-Xmas10-2 
こちらはハム。右側は豚肉を固めたもの(スルタ)。
赤キャベツの酢漬けを添えて。

これ等が言ってみれば前菜。ジャガイモやパンと一緒に。

北欧からコンニチワ-Xmas10-6
飲み物はこれ。クリスマス専用。ユール(クリスマス)ムストといいます。
コカコーラみたいな味です。

北欧からコンニチワ-Xmas10-リュートフィスク
暖かい食べ物は魚のソーダ漬け。これは昔、ブログで書きました。
それとミートボール。

デザートは甘いお粥です。
ミルクで煮て、砂糖で味付け、干し葡萄が入っています。
スヴェンにとってはクリスマスで一番大事なのはこれ。
他のものは全部割愛してもこれだけはほしい。でも太る!

これでもうお腹一杯。
でも、どう見ても貧乏百姓のごちそうですね。

北欧からコンニチワ-Xmas10-4
この怪獣室内履きはお客さんがみんな履きたがります。
Aさんも大喜び。あったかーい!

音譜
今日のミッセ/Misse idag

北欧からコンニチワ-Xmas-9
このあわれな鉢植えを見てください。
ミッセのしわざ。
なぜかこれを噛むのが大好きです。
猫草を買ってこなくちゃ。

北欧からコンニチワ-Xmas-10
「ダメ、噛んじゃ!」
私に怒られて、ちょっと反省してるところ