選挙(2)

テーマ:
総選挙まであと3週間を切りました。
今年は与党・野党の接戦でどちらが勝つか、見当がつかないそうです。
それでテレビやラジオも何かと言うと報道に取り組んでいます。
日曜日の夜8時、ゴールデンアワーになんとこんな番組してました。 
北欧からコンニチワ-選挙・あ
先ず夜8時から1時間。
このところ1日おきぐらいに各政党の党首(7人)にインタビューするんだそうです。

北欧からコンニチワ-選挙・い
今回は国民党の党首。この人は内閣で教育大臣をしています。
1時間二人のジャーナリストにありとあらゆる質問が出されます。
それもライブ。
教育問題はもちろん、今まで問題になった発言、経済、福祉、国防に関するまで。
答える時の顔の大写し。よどみなく、丁寧に、皆に分かるように説明できないと、後で他のプログラムで批判されてしまいます。

北欧からコンニチワ-選挙・う
可愛い顔した女性インタビューアー。
この人はアナウンサーかと思っていたら、最近めきめきと頭角をあらわし、普段はアゲンダという政治問題を取り上げる番組をもう一人の女性ジャーナリストと持っています。
ふっくらした柔らかい顔だけど、鋭い。

北欧からコンニチワ-選挙・え
こちらがもう一人のインタビューアー。
この人は普段は政治問題の解説者。

北欧からコンニチワ-選挙・お
少し離れた所ではメールで一般人が意見を書いてきます。
交通整理する男性ジャーナリスト。
瞬間、瞬間に入ってくる意見をうまくまとめて、合間に入れていきます。
厳しい批判もあって、それにも応答しなければならない。

1時間の放送が終わっても勘弁してもらえません。
番組の直ぐ後に視聴者とチャットさせられる。
さあ、どの党首が一番うまく答えられるでしょう。

北欧からコンニチワ-選挙・か
9時に番組が終わりました。
そうしたら隣の局で「アゲンダ」という番組が始まりました。
こちらも有名な政治ジャーナリスト(中央)が二大政党の外相を招いて、アフガニスタン出兵の是非、いつ撤退するのか、などを論議させました。

北欧からコンニチワ-選挙・き
社会党の元外相。

北欧からコンニチワ-選挙・く
穏健党の現外相。

日本でもこういう番組、ありますか。
AD

中世音楽

テーマ:
昨日、変わり者達3人が結婚式の演奏を頼まれて、練習に集まりました。
中世音楽が好きな花嫁と花婿だそうで、アンドレアス、ヨナス、スヴェンは俄か作りの音楽師に化けるつもりのようです。
北欧からコンニチワ-AJS・1
フィーデル、ハープ、ハーディーガーディー、ポンマー、リコーダーなどゴチャゴチャ持ち出して、はじめはムチャクチャに弾いていました。
実験的なことをやっているから音はひどい。
でも間もなく整ってきました。

北欧からコンニチワ-AJS・2
フィーデルをガンバの構えで弾きながら歌うヨナス。
ヨナスはファルセットでやさしく歌うことも出来ます。
3人が野太い声で、大声を張り上げると、ピタッと音程が合って恐いような響きになります。
衣装も屋根裏で適当に探していました。
昔は衣装もいっぱい作ったなあ。

XXXX
いまさっき、演奏から帰ってきました。
4時間ぐらいほとんど休まずに演奏していたそうです。
その間、同じ曲を繰り返したのは2曲ぐらい。
えっ、昨日4時間ぐらいしか練習してなかったのに、どうしてそんなこと出来たの?
うん、楽譜は一杯持って行ったからね。
ただ、言葉はフランス語だのイタリア語だの、めちゃくちゃだったなあ。
いかにもちゃんと歌ってるみたいな顔してね、あっはっは。
お客さん、みんな喜んでたよ。
それでお金貰ったの?詐欺みたい。

この3人の演奏。聞きたかったなあ。
結婚式の招かれていなかったのが、残念です。



AD

きのこ

テーマ:
秋です。キノコです。
今、売りに出ているカンタレラという種類です。

$北欧からコンニチワ-きのこ
いろんな食べ方があるけど、私はなんといってもシンプルにバタ炒め。塩・胡椒を少々。でおしまい。
こちらの主婦に聞いた丸秘の調理法を紹介します。

先ずキノコは洗いません。
刷毛で汚れをシュッシュッと払い落とし、フライパンに入れて空焼きの要領で弱火でじっくりと暖めます。
次第に水分が出てくる。それをフライパンを揺らしながら煮詰めて、水分が蒸発したらバターを落とし、塩・胡椒で味を整えます。

キノコの味だけで楽しむ料理です。

このキノコを見ると、私は大江健三郎さんを思い出します。
ノーベル賞を貰う2年前、イェーテボリのブックフェアーに彼が現れました。
大学で講演してくださり、その後晩御飯というスケジュールでした。
レストランより個人的にゆっくりと、ということで、当時の大学、日本語科のチーフのところに集まりました。
「大江さんと同席できるのなら、私が料理作ってあげる」という友達がいて、季節が9月、秋だったので、一品はこのキノコ、後は海の幸でエビや魚の西海岸料理をご馳走しました。
丁度時を同じくして日本の国会議員かなんかがストックホルムを訪問を訪問していて、VIPの大江さんは一人で電車に乗せられてイェーテボリにやってきました。
これが彼にとってはとってもよかったみたいです。堅苦しいことなしで、のんびりと楽しんでいただきました。
本当に面白かったです。
スウェーデンのように小さな国だからできたことでしょうね。




AD

ダイエット、4週間目

テーマ:
4日前にGIダイエット4週間目になりました。
成果は3キロ減です。
この本は4週間のダイエット、毎日の献立ですから、いよいよ最後の週に入ったところです。
GI値の低い炭水化物も食べてよくて、ただしこれからのは体重を維持するのが目的です。
もっと減らしたいのなら、今まで通り炭水化物をなくします。

今までの献立でおいしかったものを紹介します。

豚腰肉、リンゴと干し葡萄焼き。スマッシュド・カリフラワー(4人分)
$北欧からコンニチワ-豚肉とソース
肉は英語でloinという部分。腰肉というより、背中の部分。脂肪が縦横に走っているところです。
ステーキの厚さに切ったのを売っています。各自1枚。
この肉を塩・胡椒で焼いておきます。
その後フライパンにすった生姜大匙1杯とリンゴ2個を適当な厚さに切っていため、干し葡萄(オリジナルは黄色い大粒の葡萄)大匙2杯を入れて数分いためます。
これを肉の上にかけます。

さて、スマッシュド・カリフラワー。
ポテトが食べられないので、ちょっと代用品みたい。
カリフラワーは房に分けて、柔らかめにゆでます。
茹で水を捨てて、生クリーム(こちらには料理用というのがあります)1dlを加え、数分間煮ます。
これを(機械で)スマッシュします。
塩・胡椒で味付け。グリーンサラダを添えます。
砂糖を使わなくても、リンゴと干し葡萄の甘みでおいしかったです。

次は茄子のグラタン(4人分)
$北欧からコンニチワ-茄子のグラタン
オ-ブンを200℃にセットしておきます。
大き目の茄子2個を半分に割って肉の部分にナイフで縦横に切り目をいれ、オリーブオイル、塩・胡椒を少々振りかけておきます。オーブンで20分焼きます。
玉葱1個、ニンニク2つぶを細かく切って、色が付くまでいためます。
ひき肉500グラムも入れていため、黒いオリーブ15個、トマト缶1個、バジルまたはオレガノで味付け、15分煮ます。
茄子の肉の部分を取り出し(私はひき肉と一緒に炒めてしまいました)、ひき肉をつめて上にチーズをふりかけオーブンで15分。できあがり。
サラダを添えます。

もっといろいろあるのですが、いつも食べ終わってから、あら、写真忘れた!ということで・・・

このダイエットはスヴェンに合っているみたいです。
私の料理でも、体重、ちょっと減り気味です。
パンなんかを一緒に食べているし、おやつに菓子パンたべたりしてるのに。



石灰を撒く

テーマ:
明日から2-3日雨が続くと言うので、あわてて庭に石灰を撒きました。
このへんは酸性雨が降ります。
綺麗に見える湖も、それにやられて、魚がまったくいなくなったり・・・
原因は東欧の方の火力発電や、石炭暖房などです。
$北欧からコンニチワ-石灰を撒く
2週間ぐらい後で、肥料をまきます。
そうするとワッと伸びるから、芝刈り係りのスヴェンはなげきます。