グルッセ、再診断

テーマ:
グルッセを懸かりつけのお医者さんに連れて行きました。
前住んでいたところなので、街中から20キロ離れています。
いつもは道中オイオイ泣くのに、今日はキャリーバッグの中で音一つたてません。
$北欧からコンニチワ-グルッセ100629
(帰ってきて恨めしそうに見つめる)

診察は5分もかからずに、「あ、これは膝がやられてますね(猫って膝なんかないのかと思ってました)。膝の関節を繋ぐ筋が切れたか、ゆるんだかです。
手術は複雑で失敗することが多いし、15歳というのは相当の年だから、このままにしときましょう。その内直ります。もっとも直ってもびっこにはなるかもしれない」そうです。

猫は猫らしく生きた方がいいって、なんか納得するけど、人間は人間らしく生きましょう、なんて言われたら、戸惑うわ~。
ま、猫らしく生きましょう。でもびっこではネズミは捕れなくなるかな。

緊急病院で2万円も取って、結局何だかはっきり分からなかったのが、
さすが経験を積んだ町医者です。

$北欧からコンニチワ-グルッセ1006・2
(足、痛いのかな。ちょっと悲しそうです)

今日の獣医さん、なんか疲れた顔で診察室に入ってきました。
予約した時間から40分近く待たされて。
そして一瞬とっても悲しそうに窓から外を見やって、「今、安楽死させたんです。こういうのはとっても辛い。持ち主を慰める時間も必要だし」

思わず、バッグのなかにあったMahler SongsのCDを差し上げてきました。
マリアの声に癒されて欲しいと思います。
マーラーって、昔は気がつかなかったけど、意外に希望のある音楽なんですね。

$北欧からコンニチワ-クレッセ

外出のお許しが出たので、車からすぐに外に出しました。
少しすると、ピンポ~ン。お向かいのおじさんです。
「今、グルッセがびっこひいて外歩いてたよ。いいの?」
ね、いいでしょう。ちゃんと見張ってくれているんです。

さっき帰ってきたけど、全身、雨でびしょぬれ。
いつもは「拭いて、拭いて!」とまとわりついてくるのに、今日は用心してちょっと離れて様子を伺っていました。
私達は心配してるのに、本人は何事もなかったように振舞っています。
さすが、猫!


AD

街頭劇場

テーマ:
$北欧からコンニチワ-お向かいさん

お向かいの家族。
前方、乳母車を押しているのはファールック。モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)人です。
スヴェンと同い年。ずっと市の建築部門に勤めていて、67歳で退職。
それまでは毎日10キロの道のりを職場まで走るか自転車で通っていました。
余暇にフットボールのレフェリーも勤めて、今は後輩の教育に当たっています。
格好いいおじさんですが、声もなかなかのバリトンで、ギターの弾き語りをやります。
お嬢さんが3人いて、みんな幸せに結婚しています。

後ろ左から奥さんのウッラ。
次の二人は一番下の娘夫婦。娘さんはお医者さん。今、大きなお腹です。
赤いシャツの女の子は2番目の夫婦の子ども。
右端二人は二番目夫婦。
一番上の娘さんは今日は来ていません。

やっぱり半分ユーゴースラビア人の家族。
お天気がいいと、このように皆で前庭に出てきて、朝のコーヒーを飲んだり、道行く近所の人と話したり。
お休みになると娘夫婦たちが訪ねてきて、賑やかになります。

街の建物についてだったらファールックに聞けば何でも知っています。
区画整理とか、新しい建物とか。
勿論、近所の動向も。

こういうのが本当の家族なんだなあ、と妙なところで感心しています。

AD

ミッドサマー

テーマ:
$北欧からコンニチワ-夏至の食事

なんだか侘しい風景ですけど、ミッドサマーの食べ物です。
新ジャガとニシンをつけたもの、ヨーグルトより柔らかい味のフィール、そしてディル。
日本から帰ったばかりだったから、全然おいしくなかった。
イワシはドイツにいたときのほうが盛大なる漬けかたをしていたように思います。
サワークリームやりんご、玉葱も入っていたかな。豪華盤でした。
スウェーデンはどうも食べ物が貧しい。
AD

グルッセ、痛い痛い

テーマ:
日本から帰ってきたら、スヴェンがちょっと心配そうに、グルッセがびっこ曳いて歩いてる、と言っています。
左の後ろ足が痛いみたい。
でも、今はミッドサマー。スウェーデン中がお休みです。
動物の緊急病院が近くにあるので、電話してみました。
腫れてなかったら明日まで待って、それでも快方に向かわなかったら連れてらっしゃい、とのこと。
今日は獣医さんのところに行ってきました。
$北欧からコンニチワ-グルッセ痛い
痛がるグルッセをさんざん触診して、折れている気配なし、背骨もしっぽも正常、お腹も痛くないらしい、とのことです。月曜日まで待って、まだ全然よくならなかったら、いつものお医者さんに連れて行って、診て貰いなさい、原因は分かりません。
でも休日診察料として2万円も取った(診察料=1464クローナ、消費税25%=366クローナ、計1830クローナ)。
まあ、足が折れてたとか、重傷じゃないことが分かっただけでもいいか、って思いました。

ちなみにグルッセは保険、かけてません。
どうしようかって話し合った時、もし重い病気になってお金が必要だったら貯金を下ろす。延命行為はしない、ということで納得(グルッセも?)しています。

あれ、さっきお向かいの白猫が来てた。
あいつにやられたのかなあ。
グルッセ、大人しいからなあ。

帰ってきました

テーマ:
10日間、日本に行ってきました。
里帰り旅行のはずだったのが、色々な方にお会いする旅となり、朝から晩まで人と会い、移動するというかなり過激なものになりました。
帰ってきて14時間、まず、数時間ぐっすり眠って、さっきゴソゴソと起き出し、お礼のメールを書いたり、ブログの更新をしたり、フットボールのデンマークVS日本の結果を調べたりしています。

北欧からコンニチワ-Mr.M
名古屋でMr.Mさんと。
Mさんのブログ ←こちら
とっても楽しかったです。

今回の旅はいろんな意味で大きな成果が上がりました。でも、しばらくお待ちください。
その内書きます。

北欧からコンニチワ-Tomato-red
トマトのお水の上げ方、トトロによーく指南しておいたので、枯れないですみました。
あと4つ赤く熟していたのですが、あんまり嬉しく、て写真を撮る前に二人で早速食べてしまいました。

北欧からコンニチワ-Tomato-yellow
明日はこちら、黄色いトマトを食べます。

それでは今日はこの辺で。