タンポポ退治

テーマ:
北欧からコンニチワ-タンポポ
タンポポ、大分出てきたなあ。
芝刈りしなきゃ。
今はなんでも一番伸びる時期です。
1週間もたたないうちに芝生もボーボー伸びています。

北欧からコンニチワ-芝刈り
トトロの芝刈りはのんびりだから、ひと回りすると最初のところがもう伸びすぎています。
大きな庭じゃないのに。




AD

プリンセスの結婚式

テーマ:
$北欧からコンニチワ-ヴィクトリアの結婚式
王位継承者であるプリンセス・ヴィクトリアが人口3000にも満たない田舎で育った若者、ダニエル・ヴェストリングと6月19日に結婚するというニュースはもう世界中に拡がっている(興味があればご存知でしょう)と思います。

$北欧からコンニチワ-オッケルボー
(ダニエルが育った小さな町、オッケルボーの駅
お父さんはコミューンの福祉事務所のチーフ、お母さんは郵便局員)

婚約が発表されて以来、うるさがた達にいろいろ言われてきました。
こういう地位にある人は大変ですね。

最近、ワイワイ言っているのはフェミニスト達。
ヴィクトリアの希望でパパ(あそこの子ども達は、両親をパパ、ママと呼んでいます)の王様に連れられて教会に入りたいと言っているんだそうです。
フェミニスト達はそれは父性社会の名残だと大変おかんむりです。
その上、儀式を行う教会側も、スウェーデンの伝統に反する、とか言い出して。
結局は彼女の希望が聞き入れられて(どこのオーソリティーがOKを出したのか、うっかり聞き逃しました)、式では王様が彼女をダニエルに渡すことになったそうです。

スウェーデン人は毎日こんなことを、ウジャウジャいっています。
フェイスブックで「私はヴィクトリアの結婚費用をだしません」グループというのがあるそうです。
税金を使わないで欲しい、という意味らしいです。
国民一人に課せられる金額は約20円ぐらいだそうですが、リパブリカンは絶対に払いたくないでしょうね。
20円ぐらいでこれほど絶大な国のPRが出来るわけですから、安いもんだと思うんですけどね。
早速、「私は結婚式にお金を払います」グループというのもできているらしいです。

まあ、ダニエル君もよく頑張っています。
さすがに、田舎から出てきて、ストックホルムでジムを3軒も経営する企業家にのし上がった人物だから、ちっとやそっとのことでは潰れないでしょうね。

私は単純に二人の幸せを祈ります。






AD

徴兵制廃止

テーマ:
スウェーデンは国民皆兵制です。
男の子たちは高校卒業から大学にかけて、1年ぐらい訓練期間があります。
その後、何回か徴集がかかってきて、2週間から1ヶ月ぐらいずつ訓練に行きます。

$北欧からコンニチワ-徴兵

この制度が今年の6月1日から廃止になります。
最新兵器を使う戦争には兵隊さんはもうあまり必要じゃないんだそうです。
5000~7000ぐらいの職業軍人で、この人たちは非常に短い期間で出兵できる。
あともう少し時間がかかって出兵できる隊を作ることになるらしいです。

戦争はやっぱり男の子の楽しみだから、兵隊の代わりに最新兵器をいっぱい買って、玩具たくさん持ってるって自慢したいみたいで。どうせ私の国じゃないから、どうでもいいけど。

スヴェンも結婚当時は何回か徴兵されて、訓練に行きました。
その間は給料、ほとんど出なかったと思います。
かれはただの歩兵で、スキーや自転車(!)で森ん中走りまわされてたみたい。
塹壕を掘って、絶対に現れない敵を待って一日過ごしたり。
その時、交通標識に使うオレンジ色のプラスティック・チューブが折れて道に転がっていたのを拾って、塹壕の中で持参のナイフを使ってケーナフルートを作って吹いていました。
時間をかけて、のんびり作ったから、音程もよくて今でも使っています。

$北欧からコンニチワ-ケーナ
こんなのです。

やっぱり彼はトトロだ。
本当に戦争になって、敵と対面したら、先ず最初に死ぬね。



AD

お月様

テーマ:
サンルームができてから、まったりと過ごす時間が増えています。

$北欧からコンニチワ-お月様
白いお月様をぼんやり見ていたり。

前から気にかけいてたんだけど、ここで見るお月様のウサギは少し方向が違うみたい。
なんか横たわってるみたいに見えるんだけど。
満月になったらもう一度見直そう。