久しぶりに踊ってみたの動画を投稿しました!!

 

 

 

 

足太ぺんたちゃんという女の子の踊り手さんの振り付けなんですが、一見簡単そうに見える振り付けだったのが実際に踊ってみると予想より遥かに難しく、動画をアップロードするまでにかなり時間がかかってしまいました・・・(;'∀')

 

もし、良かったらニコニコのマイリス登録してくれたり、YouTubeのコミュニティー参加してもらったりすると凄く嬉しいです✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼

 

で、まあ今回はたまーに書くことのあるダンスネタです・・・まあ、たまには政治とか哲学以外にも色々と語らないとねw

 

最近は、動画でダンスの振り付け解説動画をアップしたり、社会人のダンスサークルの練習会に参加してたまに教えたりしているのですが、少し思ってきているのが、振り付けの動きを教えるというのはあくまで表面上の身体の動かし方であって体内に感じている内的感覚やグルーヴ感といったものはなかなか言葉では伝えづらいんだよなーということです。

 

いわゆる科学哲学者のマイケル ポランニーなどが言うところの暗黙知というヤツなのでしょうが、振り付けにおける実際の手足の動かし方が形式知だとするなら、特定の振り付けにおいて対内的に感じている身体感覚といったものは言語化したり実際にお手本を見せて視覚化させるといった方法で明示することが難しい暗黙知の領域に属していしまうワケです。

 

で、まあ最近までダンスの振り付けを解説していただけなのに何故いきなりこんなことを言い出したのかというと、例えば踊ってみたのような特定の決まった振り付けで身体を動かす場合、仮に体型などが同じであるなら、表面上はおおよそ似た動きになってしまい(何しろ同じ振り付けですから)中々他者と差をつけにくくなってしまう。

 

では、手足の動かし方などの外形的な動きが同じである場合に、「一体どのようにして上手い下手の差が出るのか?」となった場合に、おそらく「どれだけ体内に音やリズムのグルーヴ感を感じながらそれを表現していけるか?」や「どれだけ内的なフィーリングを作り出していけるか?」という違いが重要になるのだ考えるからです。

 

こんなことを考えていた時に、以前ダンススクールの先生から、「ココのタイミングでカッと気合を入れるんだ!!」とか「ココのリズムのところで8ビートのカウントで動くのではなく、音楽のリズムをそのまま感じ取るんだ!!」みたいなことを言われたことを思い出しました。

 

そういう話を聞いていた当時は「???」と思ったり、あるいは「うーん、こんな感じだろうか?」と分かるような分からないようななんとも言えない気分になっていたのですが、今思うと、なるほど具体的な振り付けの身体の動かし方と同等か、あるいはそれ以上にそのような微妙なフィーリングこそが重要なのかもしれないと感じたりもします。

 

また、同時に思うのは、このようなフィーリングや内的感覚は主観的な経験なので、果たして自分の感じているグルーヴ感と先生などが感じているグルーヴ感は同じかは分からない。もしかするなら、私が10のグルーヴ感を感じて「こんな感じで良いだろう」と思っていたとしても、先生は100のグルーヴ感を感じているかもしれない。また私がAというタイプのグルーヴを感じているが、先生はBというタイプのグルーヴを感じ、かつその感覚こそが重要なのだと思っているかもしれない。

 

なんか、こう言うと、哲学などの分野における主観的感覚の理解や共有といった認識論の問題に入ってくるので、中々面白いと思ってみたりw

 

ところで、先日ニコ生をやっている時に、「ダンスの分野では、ダンスを哲学などの思想的見地から解説していくような評論は存在しないの?」みたいなコメントがあったのですが、先のようなことを突き詰めていくと中々ダンスを通じて深い哲学的な問いに通じていくこともできるかもしれません(笑)

 

もしかしたら、今後も動画紹介と共にちょいちょいこういったダンスネタを挟んでいくかもしれませんw

 

 

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★



↓Asreadさんに記事を寄稿しました!!
「成立なしで五輪開けない」って本当?!~共謀罪の危険性について改めて考える~

AD

脳科学と人工知能 前編

テーマ:

先日、ニコ生で脳科学についての話を少ししたんで、今回は脳科学について少し書いてみようかなと思います。

 

なんとなく、苫米地英人氏やら茂木健一郎氏などの影響で脳科学という言葉が凄く胡散臭い印象になってしまっている感はあるのですが、当然ながら実際に脳の機能や仕組みについて研究しているの人々の多くは至極真面目な研究者の方々です。

 

まあ、苫米地氏などがやっているのは、純粋な脳の機能の研究ではなく既存の自己啓発を脳科学の用語と脳科学者の権威を用いてコーティングしたインチキ科学のようなモノなんですね・・・( ̄▽ ̄;)

 

ですので、苫米地氏などは、脳科学者としての権威を用いて、あたかも「この世の中の森羅万象を脳科学の見地から説明できる」かのような言動をしているのですが、現実には実は脳の機能については最も基本的かつ重要な問題について全く分かっていないというのが現実なのです。

 

では、その脳に関する最も重要な問題とは何か?私が思うに、今後も脳科学者が挑戦し続けるであろう最も重要な問題は二つあって、一つは、「如何にして物質である脳が非物理現象である意識現象を発生させるのか?」という問題であり、もう一つは、「果たして、脳の化学物質の反応は人間の心や思考と同一のものなのか?」という問題です。

 

近年では、様々な機器が開発され、脳の働きの様子を実際に観察するための装置も色々と開発されているため、脳の働きについて急激に様々なことが解明されていっています。なので、一つ目の問題に関しても答えに近づいてはいるようですが、やはり決定的な解答は出されていない。

 

また、意識現象は本人にしか観察することの出来ない主観的な現象ですので、客観的に観察可能な脳の活動の観察を積み上げることでどこまでその主観的な意識現象の本質について迫っていけるのか?という点もこの問いに決定的な解答を与えることを困難にしている要因の一つでしょう。

 

また、後者の問いに関しても様々な思考や心の働きと、脳の活動との関係性について色々なことが解明されてはいるのですが、それでも心と脳の働きは完全に1対1の現象として対応しているのか?と問われるとやはり多くの科学者が「その通りだ!!」と断言するには至っていません。

 

つまり、脳にAという現象が起これば、必ずA’という心の現象が発生し、逆にA’という心の状態になった時には、必ずAという現象が脳では起こっていると断言できるまでに脳と心が1対1の完全な対応関係にあるとは未だに断言できないというのが現状です。しかし、そうなればでは「脳の働きだけでは説明しきれない心に特有の特徴とは何なのか?」「そのような心の性質や特徴は、脳などの物質に基礎づけられていないとするなら、一体どこからそのような働きが生まれてくるのか?」という問題が当然出てくるのですが、案外このような根本的な問題には未だに完全な解答は得られていません。

 

一方で、病人を死後に解剖したり、最新の脳の働きを観察するような機器の発達などによって、例えば特定の心や思考能力に異常をきたした人物を研究観察すうことで、「どのような心や思考能力の異常には脳のどの部分が関わっているのか?」といった問いや、あるいは脳がどのようなことを考えている時に主に脳のどの部分が活性化しているのか?などを観察することで、脳と心や思考の関係については様々なことが分かってきているようです。つまり、現在の状況は根本的な問題の周りにある様々な周辺部の問題を埋めていくことで最も根本的かつ本質的な問題に迫っていっている状況であると言えるでしょう。

 

このような問題を考えた時に、例えば、「脳の仕組みの根本的な問題が理解されていないなら、では今流行しているAIの研究などはどうなるのだろうか?やはり人間のように様々なことを意識として主体的に感じとったり考えたりするAIは実現不可能なのだろうか?」という疑問が出てくるかもしれません。

 

もちろん、これについても現時点で決定的な結論を確定させることは出来ないのですが、次回以降でこのような問題について少し言及してみたいと思います。

 

 

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★



↓Asreadさんに記事を寄稿しました!!
流行語大賞「保育園落ちた日本死ね」トップテン入りから考える大衆社会論

AD

腐敗の横行とファシズム・・・

テーマ:

現在加計学園の獣医学部の新設に関して、官邸が文科省に圧力を掛けたことが示されている文章が問題になっています。

 

内閣府要求、日時も記録 「官邸の最高レベルが言っている」 加計学園、18年の新学部設置

 

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、内閣府が文科省に「官邸の最高レベルが言っている」などと対応を求めたとする文言が、日時や出席者が特定された文書に記されていることがわかった。文科省側が「『できない』という選択肢はない」と言われたことも書かれていた。

 

「確認中」繰り返す

 菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、朝日新聞が報じた文書について「どういう文書か。作成日時だとか、作成部局だとか明確になってないんじゃないか。通常、役所の文書はそういう文書じゃないと思う」などと述べた。

 朝日新聞が入手した文書は、「○○内閣府審議官との打合せ概要(獣医学部新設)」=○○部分は実名=という題名で、文科省関係者によると、同省職員が作成した。「平成28(2016)年9月26日(月)18:30~18:55」と具体的な日時が入り、「対応者」として内閣府の審議官と参事官、文科省の課長と課長補佐の計4人の実名が書かれている。

 文書には、内閣府の出席者が「平成30(2018)年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」「これは官邸の最高レベルが言っていること」と語ったと記されている。

 また、内閣府側が「『できない』という選択肢はなく、事務的にやることを早くやらないと責任を取ることになる。早く政治トップの判断に持って行く必要あり」と述べ、18年4月の開学へ向けた対応を促したことも記載されている。

 

甘利元大臣の口利き問題、森友学園問題、そして今回の加計学園問題ということでスリーアウトチェンジで良いと思うんですけど、これでも政権の支持率は下がらないんですかね?

 

以前書いた、『安倍政権とファシズムの初期症候』という記事で、ファシズムの兆候の一つとして身びいきの横行と腐敗というものを挙げていたのですが・・・

 

 

まあ、現在面白いくらいにこの傾向があからさまに現れているワケなんですね。

 

ちなみに、以前森友学園の件が問題になっていた時に、もったいな学会という学会の発表会で講演者が、「アッキーに頼んだらあっという間に8000万円の予算が付いた!!」などと話していることから、おそらくこのような腐敗や身びいきは常習化していると考えてよいのではないでしょうか?

 

【驚き】もったいない学会&第38回縮小社会研究会「昭恵さんに頼んだら、翌日には安倍首相から話があり、アッという間に8千万の予算がついた」

 

ケニアにトイレを作る事業の予算 → 渋る外務省 → 昭恵夫人に頼んだらあっという間に8000万(動画終盤)
つまり、そういうこと。あとはみんなで考えて。

 

実のところ、政治家の口利きなどこのようなモノだろうなとは思うのですが、問題だと思うのはむしろ世論の方で、腐敗が存在することと、腐敗が発覚しても国民が無関心であることとは全く意味が違います。

 

例えるなら、殺人事件が存在する社会と、殺人事件が起きても人々も警察も気にしないような社会の違いであって、殺人事件が存在する社会であってもそれ自体で社会が不健全であるとは言えませんが、殺人事件がまともに取り締まられないような社会には未来はありません。

 

そういえば、事件が取り締まられない社会といえば、安倍ちゃんのお抱えのジャーナリストの準強姦罪が逮捕取りやめになったとか・・・

 

握り潰された「安倍総理」お抱えジャーナリストの準強姦逮捕状 被害女性の告白

 

安倍政権の闇は深い・・・?( ̄▽ ̄;)

 

 

↓応援よろしくお願いします(σ≧∀≦)σイェァ・・・・・----☆★



↓Asreadさんに記事を寄稿しました!!
流行語大賞「保育園落ちた日本死ね」トップテン入りから考える大衆社会論

AD