2006-04-02 12:45:28

男もうなずく、「女の子」ゴコロ。

テーマ:
【永遠の出口(本)】 

●著者 :森 絵都
●出版社:集英社文庫(2006.2 発行)
●価格 :¥580


はじめて読んだけど、この著者はもともと児童文学
でデビューし、その分野ではすでに多くの傑作を
書いている人で、入試問題に作品が
使われたことも何度もあったとか。
その著者がはじめて書いた、大人向けの小説が本作だ。
もっとも最近は小説のジャンルレス化は進んでいて
児童文学でいえば、あさつあつこの「バッテリー」
が大ヒットしたことも記憶に新しい。
やはり、いいものに大人も子供も関係ないのだ。

本作は、ひとりの少女の小学校3年から高校卒業
までの歩みを、連作短編の形でつづった物語だ。
一読した感想は「わかるわかる」だ。
主人公は女の子(しかも若い!)だけど、おっさん
である自分にも、その感覚や行動に共感できるのだ。
もしかしたら、子供の時は、
男でも女でもなく、あくまで同じ
「子供」であるからなのかもしれないけど、
主人公が中学、高校と成長していっても
この「わかる」というのは消えないのだ。

これはひとえに、綿密にして繊細な
主人公の心理描写によるものだろう。
主人公の両親や姉への目線、友達や恋人への微妙な
思いなど、誰もが「ああ、これってあるよなあ」と
思わずにはいられないリアリティがあるのだ。
それ故に、時にグサッ!とつき刺さるような鋭さで、
主人公の痛みが伝わってきて、それほどドラマチック
な場面でもないのに、何度かジーンときてしまった。

加えて個人的には、作者が同世代ということもあり、
出てくる流行アイテムがなつかしさをくすぐり、
共感度アップにつながっている部分もある。
でも、さすがに新沼けんじのファンの女の子は
当時いなかったけどなあ…。
それって、一世代前の気がするんだけど。(笑)

文章や構成も思わず「座布団三枚!」と
言いたくなるほどうまい。
これは、他の作品も要チャックだ。


■個人的ハマリ度  ★★★★(★5つが最高)
森 絵都
永遠の出口


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

katsuzi-junkieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■セックスフレンド

気軽にセックスを楽しめる!ご近所同士のスキンシップやセックスしたい純粋な願望を満たしてみませんか?写メもあって直接メール送信OK

6 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

5 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

4 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

3 ■お勧めですよ☆

森さんの作品はどれも、評判が良いので、全て読もうと思っています。Blogへの、コメント有難う御座いました(*^o^*)

2 ■>dandelionさん

コメントどうも!
ほんとに、鋭い感性を持った作家さんだと
思います。
カラフルも、評価高いですね。
今度読んでみようと思います。

1 ■森絵都さん

素晴らしい作家さんですよね☆
今さっき、『カラフル』を読んで、本当に良い作家さんだと感じました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。