かっさん70の手習い

70才(古希)になりましたので、新しいことに挑戦することにしました。応援してください。


テーマ:

かっさん”徒然を楽しむ” 2014. 7. 22.  火曜日


 =今日の雑感= 
 私がお世話になっている 介護付有料老人ホームKo荘でも認知症の方がいますが、一日中無気力な時間を過ごしている方、同じことを幾度も話をしている方などがいますが 皆さんとも話し相手を欲しがっているようですがTVのニュース番組などには興味を向けず ”水戸黄門”はよく視ているようです。


 認知症高齢者を活性化させる「赤ちゃん効果」の超不思議(参考情報 0)は貴重な研究だと思う! 


 夏場の熱中症対策として ”高齢者の「脱水予防」のヒント 水分補給とバランスの良い 栄養管理で入院を回避”の情報も貴重な情報だと思う!(参考情報 1)


 高齢化するほど低栄養にならないように 基礎的な栄養バランスが必要になる。


(参考情報 0): 認知症高齢者を活性化させる「赤ちゃん効果」の超不思議
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/131213/lif13121317220026-n1.html


認知症の高齢者が、赤ちゃんと一緒に「体育」「音楽」「図工」などの“授業”を受けると、表情が豊かになり、おしゃべりが増えた-。神戸市内のNPO法人が、そんな“赤ちゃん効果”を調査し、高齢者施設向けの介護プログラムとして事業化を目指すユニークな取り組みを続けている。赤ちゃんの人形やロボットによる高齢者への癒し効果は報告されているが、実際の赤ちゃんがもたらす効果に関する調査はほとんど例がなく、注目が集まっている。(横山由紀子)


 ■赤ちゃんと一緒に“授業”・・・・・


(参考情報 1): 高齢者の「脱水予防」のヒント 水分と栄養管理で入院を回避   産経新聞 7月21日(月)8時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140717-00000571-san-hlth


高齢者の「脱水予防」のヒント 水分と栄養管理で入院を回避


訪問先で認知症の高齢者の食事の様子を見る米山さん =東京都目黒区(写真:産経新聞)


 夏の水分補給は大事だと分かってはいても、高齢者は「食べたがらない」「飲みたがらない」「むせてしまう」などで家族も困難を感じている。水分ばかりが注目されるが、高齢者は食が細った時点で黄信号。高齢者向け脱水予防のヒントをお届けする。(佐藤好美)


 6月末、管理栄養士の米山久美子さんが、東京都目黒区の小島祥子さん(88)=仮名=宅を訪れた。小島さんは立ち上がりが困難で、食事や排泄(はいせつ)に介助が要る。要介護4の1人暮らしを、近隣に住む息子の誠さん(53)=同=と朝夕の訪問ヘルパーが支えている。


 祥子さんはこの日、デイサービスから帰ると、夕食のオムライスを一さじ一さじ、口に運んだ。認知症の祥子さんが自分で食べるのは良い兆候。それを見て、米山さんは聴診器で飲み込みの音を確認。「食事、進みますね。ごろごろも聞こえないし」と安堵(あんど)した。日頃の食事内容や量、進み具合を聞き取って摂取カロリーを計算。体重を確認して、誠さんに「カロリーがやや少ないけれど、体重が横ばいだから安心していいと思います」と声を掛けた。


 そのうえで、カロリーアップに朝の水分摂取時、高カロリードリンクを試すよう提案した。「暑くなるので、脱水にならないよう早めに対応したい。可能なら日中、ヘルパーさんに短時間入ってもらって水分補給ができるといいんですが…」


 米山さんが祥子さんのケアマネジャーから「食事をしない利用者さんがいる」と相談を受けたのは3年前の夏。訪問した米山さんは、食事場所を変えて祥子さんの気分を引き立て、少量でカロリーが取れる栄養ゼリーを導入した。少し食が進むと、祥子さんの覚醒状態が良くなり、自分で食べるように。腎臓病や高血圧もあるため、塩分、タンパク質摂取に気をつけつつ、低栄養にならないよう心掛ける。


 米山さんは「訪問すると、実際の食事や味を見て具体的なアドバイスができる。触れれば、むくみやかさつきも分かる。水分と栄養コントロールで入院を回避していきたい」と話している。


 ■食の細さも原因 自然に取る工夫を

 脱水は水分の問題と思われがちだが、食が細るのも大きな原因。食事に含まれる水分は多いからだ。高齢者は慢性的に軽い脱水や低栄養の人が多く、ちょっとしたことが救急搬送につながりかねない。


 だが、ペットボトルを置いておけば水を飲むというものではない。栄養・嚥下(えんげ)補助食品のメーカー「ニュートリー」が行った「高齢者の水分補給に関するアンケート」によると、「水分不足が不安」と考える介護専門職は95%に上るが、「難しい」の回答も93%。理由には、(1)本人が飲まない(30.1%)(2)飲ませようとしても拒否する(21.9%)(3)むせる(17.2%)-だった。


 国立国際医療研究センター病院・リハビリテーション科の藤谷順子医長は、(1)食事に含まれる水分を軽視しない(2)自然に液体を取る工夫-を挙げる。「夏はそうめんやお茶漬けで済ませる人が多いが、ご飯とおかず、みそ汁の食事に比べると水分もカロリーも少ない。温泉卵を落とすとか、冷ややっこを足すとか、汁物を加えるなどの工夫をしてほしい」


 食事と食事の間には水分摂取を勧めるだけでなく、一緒にお茶の時間を持ったり、お茶請けを用意するなど自然に飲める工夫がほしい。牛乳、乳酸菌飲料、野菜ジュースなど目先の変化も重要。スープやココアならカロリーも取れる。市販の経口補水液やゼリー飲料がおいしく飲めるときもある。


 「むせ」が怖いときは、ネクターのようなトロリとした飲料が飲みやすい。また、ペットボトルのような底の深い容器はあごを上げないと飲めず、むせやすい。アサガオ型の浅めの湯のみがお勧めだ。


 脱水で特に注意が必要なのは、(1)利尿剤を飲んでいる(2)認知症がある(3)下剤を飲んでいる(4)嚥下障害がある(5)糖尿病がある-などの人。夏と冬では必要な水分量も違う。心臓病や腎臓病で水分制限を受けている人はどの程度までは水分を取っていいのか、主治医に再確認したい。


 水分以外で注意したいのは運動量の激減。藤谷医長は「夏場に外出を控えていると体力が落ちる。朝夕の涼しいときに歩くとか、屋内でテレビコマーシャルの数分間に椅子から立ったり座ったりするだけでも筋肉は鍛えられる。元気に秋を迎えてほしい」と話している。


 ■管理栄養士の訪問指導の利用も


 管理栄養士の訪問指導は介護保険サービスの一つ。高齢者の栄養評価を行い、(1)栄養状態の改善(2)食事の形状や調理方法(3)食べる姿勢-などをアドバイスする。


 日本在宅栄養管理学会(訪栄研)の前田佳予子理事長は「例えば、飲み込みが悪い場合、小さく切るだけでは逆に食べにくい。咀嚼(そしゃく)や嚥下の状態に合わせて食品をミキサーにかけて固めるのか、刻んでとろみをつけるのか、適した形状をアドバイスします」。


 低栄養だと床ずれになりやすく、入院の可能性も高まる。食事指導に工夫が必要なのは、食べたり飲んだりするとむせる▽食べたり飲んだりしたがらない▽脱水や肺炎で入退院を繰り返す▽むくみがひどい▽下痢、便秘がひどい▽床ずれがある-などの人。


 管理栄養士の訪問指導は浸透しておらず、地域も限定されるが、受けたい場合は主治医やケアマネジャーに相談する。都道府県の栄養ケアステーションに相談したり、訪栄研のホームページ(http://www.houeiken.jp/kensaku.html)で訪問栄養士を探す方法もある。



=今日のKo荘での生活=


 午前九時には F病院へ通院し 血液透析を受けました。体重は 58.1 kg (ドライウエイト 55.0 kg) 必要除水量は 3,300ml だが今日は 3,200mlを除水する。血圧 H 156 / L 72 で、9:10 から 750ml /1時間のペースで 四時間三十分かけて除水しました。途中の血圧は H 100 / L 60 と血圧低下があり”生理食塩液の注入と酸素吸入”をして、最後の血圧は H 109 / L 57 まで回復していました。 左脚の”こむら返り(足がつること)は1回起きそうになったので ”足首の腱”を延して貰いました。


 午後二時過ぎの遅い昼食を済ませ、おやつにはにまたもや”原宿ドッグ”が出ていました。



 =掲載ニュースの目次=


△スマートシニア全員集合!! (fb新老人の会 本部)・・・今日の言葉の色紙もあります。 (今日の言葉あり)


△中国企業の食肉安全問題、米スタバや日本マクドナルドに拡大 (関連記事あり)


△<安保理改革>常任理事国拡大 4カ国主導で再提案へ (関連記事あり)


△瀬戸内寂聴さん、徳島市の法話の庵を閉鎖へ 体調不良のため (関連記事あり)


△<ベネッセ流出>容疑者スマホに顧客情報2260万件 (関連記事あり)

△<大山>1700メートル級山頂周辺ヒメボタル1000匹超 (関連記事あり)


▲スマートシニア全員集合!! (fb新老人の会 本部)・・・今日の言葉の色紙もあります。https://www.facebook.com/shinrojin  


7/ 22. の言葉
おはようございます。日野原重明です。


「身体のどこかに不具合があっても朝目が覚めた時に感じる爽やかさはそれが健康のしるしです」


☆健康の度合いは心で決まる☆


健康の度合いは、年齢や検査結果ではありません。年老いても、病気があっても元気に前向きに生きている人もいれば、若くて病気がなくてもやる気が出ない人もいます。朝目覚めたときに「今日もがんばろう」という気持ちになれるかどうかです。


どうぞ良い一日をお過ごしください。


▲中国企業の食肉安全問題、米スタバや日本マクドナルドに拡大
ロイター 7月22日(火)14時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000094-reut-bus_all


中国企業の食肉安全問題、米スタバや日本マクドナルドに拡大

7月22日、米食品卸売会社OSIグループの中国法人である上海福喜食品をめぐる食品安全問題が、日本マクドナルドなどにも影響。写真は20日、上海当局が閉鎖する前の同社の生産ラインの様子(2014年 ロイター)


[東京 22日 ロイター] - 米食品卸売会社OSIグループの中国法人である上海福喜食品をめぐる食品安全問題が広がりをみせている。米スターバックス<SBUX.O>や、米バーガーキング・ワールドワイド<BKW.N>などに加え、日本マクドナルドにも影響が及んでいる。


上海福喜をめぐっては、従業員が工場の床から食肉を拾っている姿や、期限切れの食肉を混ぜている姿がテレビで報じられた。


同社から食肉を仕入れていた米マクドナルド<MCD.N>と、ケンタッキーフライドチキン(KFC)を運営する米ヤム・ブランズ<YUM.N>は21日、相次いで中国の消費者に謝罪。スターバックスは22日、中国の一部店舗で販売した商品に、上海福喜から仕入れた鶏肉が含まれていたと発表した。


上海市当局は報道を受けて、20日に上海福喜の工場を閉鎖した。


日本マクドナルドは上海福喜から2割程度のチキンナゲット向け鶏肉の供給を受けていたと発表。問題の商品販売を21日に停止したことを明らかにした。タイや中国の別の業者からの調達に切り替えたという。


バーガーキングと、頂新国際集団が運営する中国のファストフードチェーン店「徳克士(ディコス)」は、上海福喜から仕入れた食肉を使用した商品は販売しないと表明した。


ピザチェーンの米パパ・ジョンズ・インターナショナル<PZZA.O>はミニブログ上で、上海福喜から仕入れた食肉を使用した製品全てを撤去し、同社との取引関係を打ち切ったと明らかにした。


スターバックスは中国語のミニブログで、上海福喜とは直接のビジネス関係はないとしつつ、上海福喜と取引のある別の業者から鶏肉を仕入れたと明らかにした。鶏肉は商品「チキン・アップルソース・パニーニ」で使われ、13省・市の店舗で販売されたという。同商品は全て、現在は販売していないとした。

また、食品も提供しているスウェーデンの家具大手イケア[IKEA.UL]はミニブログで、昨年9月以降、上海福喜から製品を仕入れていないと明らかにした。米宅配ピザチェーン大手ドミノ・ピザ<DPZ.N>と、米ドクターズ・アソシエーツ傘下のサンドイッチチェーンであるサブウェイは、ネット上で上海福喜と取引があると名指しされたものの、中国の店舗で同社の食肉は使用していないと明らかにした。


このほか、中国で牛丼チェーン「吉野家」を展開する香港上場の合興集団<0047.HK>と、ファミリーマート<8028.T>は、上海福喜から仕入れた製品は現在使用していないと明らかにした。


▲<安保理改革>常任理事国拡大 4カ国主導で再提案へ
毎日新聞 7月22日(火)7時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000009-mai-int


<安保理改革>常任理事国拡大 4カ国主導で再提案へ

国連安保理改革を巡る各国の立場


 安倍晋三首相が中南米訪問中の8月1日に行う日ブラジル首脳会談で、国連創設70周年となる2015年に、国連安全保障理事会の常任理事国を拡大する安保理改革の提案に向け連携する方針を、同国のルセフ大統領とともに表明することが分かった。両国は、ともに常任理事国入りを狙うドイツ、インドを加えた「4カ国グループ」(G4)の主導で常任理事国を11カ国に拡大する安保理改革案を来年中に国連に提出し、同年秋の国連総会での実現を図る構えだ。4カ国主導での改革案提出は05年以来。


【今さら聞けない】国連安保理って何をするところか、漫画で解説


 原案では、米英仏露中の5カ国の常任理事国に、アジア2、アフリカ2、中南米1、西欧その他1の計6議席を追加。さらに任期2年の非常任理事国10カ国(アジア2、アフリカ3、中南米2、東欧1、西欧その他2)についても、アジア、アフリカ、中南米、東欧を1議席ずつ増やし、計14カ国に拡大する。G4は20日に東京都内で国連大使レベルの会合を開催するなど、改革案提出に向けた協議を進めている。


 改革案の成立には、加盟国(193カ国)の3分の2以上(129カ国以上)の賛成が必要。G4が05年に同様の案を提出した際には、非常任理事国枠のさらなる拡大を求めるアフリカ連合(AU、53カ国・1地域)との一本化が不調に終わり、廃案となった。今回はAUに加え、島しょ国への非常任理事国の拡大を主張するカリブ共同体(カリコム、14カ国・1地域)と改革案を一本化させ、賛同国を募る戦略を描く。


 そのため首相は中南米訪問中の今月28日、トリニダード・トバゴでカリコム14カ国・1地域首脳との会合を開き、協力を要請。ブラジルのルセフ大統領とは15年の国連総会に向け、国連安保理改革の機運を高める方針を確認する。それに先立ち、政府は22日に東京都内で、G4に加えて南アフリカやインドネシア、オランダなど計16カ国の国連大使級を招いた「安保理改革セミナー」を開催。改革実現の必要性をアピールする。


 常任理事国入りを巡っては、政府は昨年6月のアフリカ開発会議で安保理改革に向け連携する方針を確認。安倍首相も同年9月の国連総会で「わが国は常任理事国となる意欲にいささかも変わるところがない」と表明し、G4を中心に事務レベルの協議を続けてきた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▲瀬戸内寂聴さん、徳島市の法話の庵を閉鎖へ 体調不良のため
産経新聞 7月22日(火)9時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000511-san-ent


瀬戸内寂聴さん、徳島市の法話の庵を閉鎖へ 体調不良のため

瀬戸内寂聴さん(写真:産経新聞)


 作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(92)が、出身地の徳島県で定期的に法話を続けてきた拠点「曼陀羅山(まんだらさん)寂庵 ナルト・サンガ」(鳴門市)を体調不良のため閉鎖すると、自身のホームページで発表した。


 京都の寂庵(京都市左京区)によると、寂聴さんは5月末に腰の圧迫骨折で入院。現在は退院して療養中だが、今後、定期的に鳴門へ通うのは体力的に不可能と判断、閉鎖を決めたという。寂聴さんは「熱心な方々が通って下さったことには感謝申し上げます」とコメント。京都での写経・法話の会は今後、体調をみながら再開する予定。


▲<ベネッセ流出>容疑者スマホに顧客情報2260万件
毎日新聞 7月22日(火)1時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000003-mai-soci


<ベネッセ流出>容疑者スマホに顧客情報2260万件

捜査員に連れられ自宅を出る松崎正臣容疑者=東京都府中市で2014年7月17日、西本勝撮影


 通信教育大手ベネッセホールディングス(岡山市)の顧客情報漏えい事件で、同社は21日、不正競争防止法違反容疑で逮捕された松崎正臣容疑者(39)のスマートフォンに残されていた顧客情報が少なくとも約2260万件に上ると発表した。流出した情報には、同社が運営する通信販売や妊娠・育児などに関する女性向けの情報交換サイトの利用者らの住所▽電話番号▽出産予定日--なども含まれていたことも明らかにした。


【ベネッセ重い補償金、最終益相当を計上 退会申し出3000件】


 同社によると、新たに流出が確認されたのは、「ベネッセライフスマイルショップ」「ベネッセウィメンズパーク」の一部の利用者の情報。これまで通信教育サービスなどの情報流出が確認されたのと同じ顧客情報データベースに登録されていたという。


 さらに、同社は顧客情報の流出件数について、少なくとも約760万件としていたのを重複分などを省いた結果、620万件だったと訂正した。【高橋慶浩】


▲<大山>1700メートル級山頂周辺ヒメボタル1000匹超
毎日新聞 7月21日(月)19時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140721-00000037-mai-soci


<大山>1700メートル級山頂周辺ヒメボタル1000匹超


大山山頂付近で生息が確認されたヒメボタル=鳥取県の大山で

 鳥取県の中国地方最高峰、大山(1729メートル)山頂周辺にヒメボタル約1000~2000匹が生息していることが、市民グループなどの現地調査で分かった。大場蛍研究所(神奈川県横須賀市)の大場信義所長によると、神奈川県・丹沢の最高峰、蛭ケ岳(ひるがたけ・1673メートル)山頂周辺で群れが確認されたことはあるが、1700メートル級の山頂周辺では初めて。生態の多様性に迫る手がかりになるという。


【風前のともしび…京のホタル、3年で半減以下】


 ヒメボタルは体長5~10ミリ程度で、水辺以外に生息し、本州、四国、九州に広く分布。「鳥取県ホタルネットワーク」が環境省などから許可を得て20日夜、主峰の一つ、弥山(1709メートル)山頂のイネ科の植物、ヒゲノガリヤスの群生から、体長7~9ミリ程度の雄10匹を採集した。


 調査に同行した草桶秀夫・福井工業大教授(環境科学)は「ふもとに生息するヒメボタルと遺伝子を比較し、違いの有無を明らかにしたい」とし、約1年かけて詳細に調べる。大場所長は「注目すべきは標高ではなく、餌は何かなど生態や環境だ。大山の自然の特徴を示す新たな材料になる」と話している。【高嶋将之】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。