テーマ:ブログ
2017-04-14 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板


【人生の後半で受けとるもの】

メルマガ「魂が震える話」より

_______


若い時はわからないかもしれませんが、四十代、五十代の人生後半になり、人生の前半でなしたことのお返しをたくさん受け取るようになると、つくづくわかってきます。


良きことも悪しきことも人生の後半で受けとることになります。


「私たちはこの生で『人になしたこと』をすべて自分が受け取る」ように仕組まれています。


今ある境遇も今の状況も人間関係も、人に対する好意や嫌悪も、人から受ける好意も悪意も、そして自分の今の健康も、すべて自分が他の人々になした同じものを受け取っていきます。


だからこのことを知って早い時期から人々に「良きことをするクセをつけよ」。きっと人生の後半で報われるのです。


だから『お人好しになって、ひたすら良きことをなせ』。ひたすらの意味は「効果を求めず」です。


善意で生きた者が、人生の後半で大きな成果の果実を受け取るのは当たり前です。


怒りから発する言葉がなぜ悪いのか。


グチと文句がなぜいけないのか・・・別にいけなくはないですが・・・後でそれがもとで必ずトラブルが生じるからです。


なぜならグチと文句と不平、不満、怒り、この五つは「運の河のゴミ」だからです。


天が好きなものは、好意と善意と感謝です。


一流の人にならなくてもいいのですが、まず「怒りとグチと文句」の三つを克服しさえすれば、いつの間にか一流の人間になっているでしょう。


_______


繁栄の法則その二

北川八郎 著

致知出版

_______


稲盛和夫さんの言葉を思い出しました。


「因果応報の法則は、結果が出るまでには時間がかかることがあります。


原因に対して結果がすぐ出ることもあるにはありますが、多くの場合にはなかなか結果が出てこないのです。


しかし、20年、30年といった長いスパンで見ると、必ず因果応報の法則通りの結果になっています。


悪いことをした人が繁栄していることはまずありません。


よいことをしてきた人が不遇のままでいるということもありません。


人生を長いスパンで見ると、大体つじつまが合っています」


昔の人は誰も見ていなくても「お天道様が見ている」と言って自分を律してきました。


ある修行僧が、お寺の修行の中で一番つらいのは?と聞かれてこう答えています。


「私たち修行僧には掃除の担当が決められていて、ある人はこの廊下、ある人はこのお堂というように、割り当てられています。


しかし、その掃除を見に来る人、チェックしに来る人はいないんです。


その廊下は丸1日使われないこともあるし、誰が見てもきれいで、今日掃除をしなくても、誰にもわからない。


つまり、さぼっても手を抜いてもよいわけです。


掃除していないことが上司や先輩にわかったとしても、誰も何も言いません。


怠けてもかまわない。


そういうときの“怠け心”と戦うことが、私にとっては一番つらいことです」


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。