テーマ:ブログ
2017-02-11 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板




【信用を取り戻すのは】


メルマガ「魂が震える話」より


_______


もともと、物々交換では効率が悪いからと、イスラム圏のユダヤ人が10~15世紀ぐらいにかけて、現在の流通貨幣の概念を生み出した。


カネは物を交換する信用手形の機能を持った、人類の発明品だったわけだ。


中国では、貝が貨幣として使われていた。カネに関する漢字に、貝偏が使われているのは、その時代の名残だ。


なぜ貝だったのか。


内陸地の広い中国では、金銀と同様、貝は希少性が高かったのだ。


希少だからこそ、モノとしての信用が高かった。


そして現代では、カネはモノではなく、デジタルデータでも代用できるようになった。


私のように、日常の買い物手段はクレジットカードのみで、ほとんど現金を使わない人もいるだろう。


カードがなくても、カネのやり取りをオンライン上で済ますこともできる。


紙幣・貨幣そのものには何の価値もないことの証明だ。


すなわちカネとは、信用だ。


モノを手に入れる、人に貸す、ビジネスを進めるなど、必要な求めに応じてくれる信用を、国家が数値で保証している。


モノとしての実体なんて、別になくても構わない。


信用、それ自体が本質なのだ。


だから「カネがなくて困っている」というのは、「信用がなくて困っている」という意味と同じだ。


一時的に借金をすれば、解消できるわけではない。


信用をいかにして取り戻すかという考え方をしていかないと、カネで困る人生は、いつまでも続く。


_______


ウシジマくんVS.ホリエモン 人生はカネじゃない!

堀江貴文 著

小学館より




_______


ディズニー創業者“ウォルト・ディズニー”はこう言い残しました。


「お客様に対しては、いつも少しでも付加価値を与えてあげるんだ。


投資の価値はあるよ。


もし人が来なくなってしまったら、


また来てもらうには十倍の費用がかかってしまうのだから」


芸能人でも会社でも友人関係でも家族でも、「信用」を失ってしまったら、たちまちやっていけなくなります。


逆に、相手の想像よりもちょっと良いことをしたり、良いものを心がけていくと、少しずつですが「信用の貯金」が貯まっていきます♪


良い商品作るのも、技術を磨くのも、接客を学ぶのも、人間力を向上させるのも、すべ「信用」を得ることにつながります。


「信用」がある人は結果的に、お金持ちといわれる人になっていくでしょう。


「一度無くした信用を取り戻すのは、最初に信用作るより大変なんだ」(「闇金ウシジマくん」の名言より)


お金の価値は、時代が変われば変わってしまう恐れもありますが、「信用」は自分でコントロールできるものでもあります。


信用を失うようなことをせず、信用されることを“行動”していけば、自ずと結果は付いてきますね(^^♪


__________
 
■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

ホームページ はこちら

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浪花のコーチング税理士[中小企業のホームドクター]さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。