1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:ブログ
2016-09-27 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板


【度量の広さを持つためには】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

内藤誼人氏の心に響く言葉より…


いつでも相手の上に立っていないと、気がすまない人がいる。

いつでも自分が一番でないと許せないようなタイプだ。

こういう性格の人は、概して、嫌われる。


人を愛するというのは、結局のところ、相手を理想化してあげることであり、相手を自分よりも上位に立たせてあげる行為。

したがって、自分が上に立とうとしていたら、うまく愛せるわけがないのである。


「お前と、つきあって“やる”」

「あなたを、彼氏に“してあげる”」

という態度を見せていたら、相手を不愉快にさせるだけであろう。


愛するというのは、相手を自分よりも上位に置き、「私のような人間と、あなたのように素敵な人が釣り合わないことは重々承知しております。それでも、私と一緒にいてくださらないでしょうか?どうか、どうか、お願いします」という低い態度をとってみせるからこそ、相手だって、皆さんの愛にほだされるのではないか。


何事につけ、張り合おうとする人間ではダメである。

私たちは、張り合おうとしたり、自分ばかり優位に立とうとする人のことなど、好きにはなれはしない。

むしろ、そいういう人とは、できるだけ距離をとって、関わらないように気をつけるのである。


「負けるが勝ち」という言葉がある。

人を愛するときには、まさにこの「精神」が重要である。

相手のためなら、自分はいくら負けてもよい、いやむしろ、喜んで負けてあげる、という気持ちがなければならない。


部下に好かれる上司は、部下と張り合おうとしたり、優位に立とうとはしない。

いつでも自分が優位に立とうとするような上司は、部下から「なんだよ、あいつは“上司ヅラ”しやがって、偉そうに」と陰口をたたかれているものである。

好かれる上司は、部下とお酒を飲むときも、「奢(おご)ってやっている」という意識ではなく、むしろ、「部下にわざわざつきあってもらっている」という意識でいるであろう。


そういうことを口に出さなくとも、部下はちゃんとわかっている。

だから、「奢ってやっている」という顔をする上司からの誘いは、できるだけ断ろうとするのである。

喜んで下手(したで)に出られるということは、人間としての“器が大きい”ことを示す。

人を愛するとは、そういう度量の広さを持つことでもあるのだ。


『アドラー心理学 あなたが愛される5つの理由』ぱる出版

 

 

人の話をだまって聞く、ということも「下出に出る」行為だ。

「下出に出る」とは、相手にへりくだった態度をとることであり、控えめにして謙虚でいること。

「オレが、オレが」の人は、我(が)が強く、人の話を聞くことができない。


森信三先生は「下座行」についてこう語る。

「そもそも一人の人間が、その人の真価より、はるかに低い地位に置かれていながらそれに対して毫(ごう)も不満の意を表さず、忠実にその任を果たすというのが、この『下座行』の真の起源と思われる」

自分の高慢な心を戒めるのに一番いい方法が、下座に生きること。


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-09-26 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板


【すぐにやり方を変える】

メルマガ「魂が震える話」より

_______


「継続は力なり」とよくいわれます。


パナソニックの創業者、松下幸之助氏も「成功の秘訣とは、成功するまで続けること」という名言を残し、失敗のほとんどは、成功する前にあきらめてしまったことが原因であると語っていました。


確かに、夢や願望を叶えるためには、途中であきらめず、やり続けることが大切です。


ただし、この「継続は力なり」という法則を「最初にはじめた方法を、最後まで続けなければならない」ととらえてしまうのは、誤解です。


継続することは重要ですし、初志もゴールも変えるべきではありません。


でも、その「方法」は、途中で変えてもいいのです。


夢や希望を達成できない人は、同じやり方にしがみつき、それでも「いつかは成功できる!」と信じて、同じ過ちを繰り返し続ける傾向があります。


でも、そのままではうまくいかないときには、フレキシブルに方法を変える発想や勇気も必要です。


実際、アメリカで行われたある調査では、成功した人の実に7割が「このやり方ではダメだ」と思ったら、すぐにやり方を変えていました。


_______


「本当はすごい成功法則」

トニー野中 著

三笠書房より


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-09-25 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板


【今】

メルマガ「100人の1歩」より

~~~


次々と何かを追い求めているあいだは、

人は「今」を充実して生きることができない。

 

不確かな「もっと素晴らしい将来」のためばかりに生き続けているのである。

 

だが、人に与えられているのは今このとき、

この一瞬だけなのだ。


将来のことに気を取られ、

今というこの一瞬にきちんと目を向けずに通り過ぎてしまえば、

今でなければ味わえない大切なことを犠牲にすることになる。


~~~

出典

[小さなことから自分が変わる]

シェリー カーター‐スコット 著

三笠書房より


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。