1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:ブログ
2016-12-07 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板


【期待】

メルマガ「100人の1歩」より

~~~


私たちの周囲には、「起こりそうもないこと」を期待しながら一生を過ごす人がいる。


実現するはずのないことを、いつまでも待っているのだ。


「いつの日か誰かが突然現われて、

私の望みを全てかなえてくれる」


などと思っているのだが、世の中はそんなに甘くない。


それどころか、

いつもそんなことばかり期待していると、敵にスキを見せることになる。


そして、期待を「餌」にされ、

見事に相手の罠にはまってしまうのだ。

 

他の人に何かを求めてばかりだと、

自分では何一つできなくなってしまう。


無気力になってしまうのだ。


そして、他人に求めてばかりいると、

もしその人から「もう何もやってあげない」

と言われたらお手上げだ。

 

自分の理想をかなえるには、

つまり人生で勝利を収めるには、

自分で何か行動を起こさなければならない。


~~~

出典

[人に振りまわされずに生きる13の法則]

ヨーゼフ キルシュナー 著

主婦の友社より


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-12-06 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板


【日頃どういうものを発信しているのか】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

本田健氏の心に響く言葉より…


あなたは日常的に、どういうものを発信しているでしょうか。

発信とは、フェイスブックやブログなどのメディアに書き込むことから、ふだん日常的に友だちに話すことまでを含みます。


人生全体でどういうことを世界に表現しているのか、考えたことはありますか?

それは、「人生は素晴らしい!」ということでしょうか。

それとも、「人生は苦痛でいっぱいで、大変だ」ということでしょうか。

あなたは、友情を大切にする人だとまわりに知られているでしょうか。

それとも、あなたはいい加減な人だと思われているでしょうか。


あなたが発信するものが、将来あなたが受け取るものを決めます。

なぜなら、あなたが出しているものを受信した人が、引き寄せられるからです。

笑顔で挨拶をしたら、向こうも笑顔で返してくれるのは、誰でもイメージできるでしょう。


ここに、宿命と運命のラインをどう引くかがかかっています。

あなたが幸せや楽しさや友情、喜びを発信し続けていると、しばらっくして時間差で同じようなものが返ってくるでしょう。

逆に、あなたがイライラや憎しみや怒りを表現していると、同じように世界は、それに呼応(こおう)して、憎しみや怒りを、あなたに返してきます。


ふだんの発信をより楽しいもの、ワクワクすることに変えてみましょう。

すると、それと同じぶんだけ、あなたが実現するものが少しずつ変わってきます。


これには、想像以上の時差があります。

途中、「あれ、全然変わらないや」と思ってあきらめずに、ぜひ続けてください。

あなたがどういうものを得たいのかを考えて、そういう世界を発信してみてください。


愛を得たければ、愛を。

そして、友情を得たければ、友情を発信していくのです。


『人生の目的』大和書房

 


産婦人科医の池川明氏は、胎内の記憶や、前世を記憶する子どもたちは多くいるという。

その子どもたちに、この世に生まれてきた目的を聞くと、「お母さんを助けるために、お母さんを選んで生まれてきた」、「人の役に立つために生まれてきた」と異口同音に言うそうだ。


我々は、身近な人を喜ばせるために生まれてきたし、人の役に立つことを望んで生まれてきたにも関わらず、年を重ねるとそのことをすっかり忘れている。

日頃、身近な人に、どんな言葉を発信しているか。

「ありがとう」や「感謝の言葉」、明るい言葉を発しているのか、反対に、グチや文句や悪口、人の非難や泣き言ばかり言っていないか。


身近な人だけでなく、会社や友人や会合で、どんな言葉を発しているのか。

あるいは、ブログやネットでどんなことを発信しているのか。


人を喜ばせているのか、がっかりさせているのか。

人に勇気をあげているのか、勇気を奪っているのか。

人の気分を良くしているのか、人の気分を悪くし、不機嫌をまき散らしているのか。


「我々は、まわりを喜ばせ、人の役に立つために生まれてきた」

日頃発する言葉が、自分の将来を決める。


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2016-12-05 11:56:00

◇ ちょっといい話の回覧板


【誰かを知っている人を知っていること】

メルマガ「人の心に灯をともす」より

マックス・ギュンター氏の心に響く言葉より…


私たち人間は運を味方につけなければうまく生きられない。

運がなければ、何事も思うようにはいかない。

「成功」の定義がどのようなものでも、運は成功するための欠かせない要素なのだ。


あなたが人生で得たいものは何だろう。

金持ちになること、有名になること、プロとして尊敬されること、幸せな結婚、愛されること…。

それが何であれ、すでに手に入れているだろうか。


ほとんどの人が「いいえ」と答えるに違いない。

まだ目標を達成していないのだ。

なぜだろうか。

自分の人生を振り返ってみてほしい。

ゴールへたどりつくのを邪魔しているものは何か。


能力が足りないのだろうか。

あるいは単に運が悪かったのか。


「運が悪かった」という答えは、間違いなく当たっている。

何か目標に向かって努力している人たちは…例外はあるにせよ…たいてい「正しい」。

目標にたどりつけないのは、往々にして運がなかったからだ。

それを証明する事例は数えきれないほどある。


先日、地元のアマチュア劇団の芝居を見に行ったときにもそのことを痛感した。

多くの劇団員はプロになることが夢だと語ってくれたが、なかなかチャンスがめぐってこないようで、半ばあきらめているようだった。

なぜチャンスがやってこないのか。

才能がないのだろうか。


そうではない。

彼らはテレビや映画でいつも目にするスターと同じくらいに演技が上手だった。

では、その違いは何か。

一握りのスターが頂点に登りつめる一方で、それほど能力が変わらない数多くの俳優や女優が地元の小さな劇団でしか役をもらえないのはなぜだろうか。


答えは一つしかない。

「運」だ。

運をつかむには、適切なときに適切な場所にいること、そして誰かを知っている人を知っていることが必要なのだ。

「正しい」だけでは十分ではない。


『運とつきあう』日経BP社

 

 

安岡正篤師が紹介した言葉がある。

「縁尋機妙(えんじんきみょう) 多逢聖因(たほうしょういん)」 (宝苑珠林より)


『縁尋機妙』とは、良い縁は次から次へと良い縁を結んでくれる。

縁とは誠に不思議なものであり、計らざるもの、思いがけないもの。


『多逢聖因』とは、結果には必ず原因がある。

《よき友との出逢い》、《よき書物との出会い》、《よき師との出会い》、《よき環境との出会い》…。

それら全てのよき因が、よき結果を創り出す。


すべてが、ご縁から生まれる。

だからこそ、やってきたご縁を大切にしない人は「運」をつかむことはできない。


縁を大事にすれば、「適切なときに適切な場所にいることができる」。

縁を大事にすれば、「誰かを知っている人との縁ができる」。


■朝早く送られてくる、友人のにしやんからのちょっといい話を回覧板にしてしまいました。次の人に回覧してあげてくださいね。

 

 

ホームページ はこちら

 

Facebook のファンページ もよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。