2010年08月19日(木)

飛行第五四戦隊/北千島派遣隊(2)

テーマ:陸軍飛行戦隊
昭和19年11月1日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
B-25爆撃機4機は泊岬の製罐場に直撃弾を記録、近くの建物を炎上させた。
対空砲火により被弾したB-25爆撃機2機のうち1機はソ連領に向い不時着した。
《損失》
B-25爆撃機1機(被弾、対空砲火により、ソ連領に不時着)
《損傷》
B-25爆撃機1機(被弾、対空砲火により)


昭和19年11月5日
「迎撃」
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米海軍沿岸航空隊記録》
《判明している喪失機番号》
ロッキード・ベガPV-1「ベンチュラ」双発爆撃機 (#49645) 幌筵島 戦闘機 全員戦死


昭和19年11月6日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
B-25爆撃機4機は、幌筵島擂鉢沖の掃蕩を海岸火災の為に中止。
B-25爆撃機4機は、占守島上空を武装偵察、鳥島の目標を超低空爆撃。迎撃にあたった戦闘機4機のうち1機を撃墜した。
B-24爆撃機4機は音禰古丹島、松輪島を爆撃。
B-24爆撃機3機は占守島片岡海軍基地を爆撃、火災を発生させた。戦闘機7機が迎撃、B-24爆撃機はそのうち1機を撃墜した。
【戦果】
不明
【被害】
不明


昭和19年11月7日
「北千島」
B-25爆撃機と交戦。
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
B-25爆撃4機は鳥島を爆撃、大型建物に直撃弾を与え、近くのハシケを沈め、もう1隻の船舶目標に命中を記録した。
約20機の戦闘機が迎撃、B-25爆撃機1機を喪失、B-25爆撃機は戦闘機3機を撃墜。
《喪失》
B-25爆撃機1機(被墜、戦闘機により)
【戦果】
不明
【被害】
不明
【戦死者】
成清 巌  軍曹 (少飛10期) B-25爆撃機に体当り


昭和19年11月16日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
《判明している喪失機番号》
B-25爆撃機 (#43-36153) 幌筵島鞍部崎 対空砲火 全員戦死


昭和19年11月18日
「迎撃」
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
B-24爆撃機4機は擂鉢飛行場を爆撃。
戦闘機2機の迎撃を受け、損傷した1機はカムチャッカに不時着。
《喪失》
B-24爆撃機1機(被弾、戦闘機により、ソ連領に不時着)


昭和20年1月24日
「迎撃」
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
B-24爆撃機1機は、温禰古丹島~松輪島東岸の偵察飛行。
B-24爆撃機4機は、加熊別の製罐工場、幌筵島の目標を攻撃。
8~10機の戦闘機が迎撃。B-24爆撃機は戦闘機2機を撃墜。
B-24爆撃機1機を喪失。
《喪失》
B-24爆撃機1機(被墜、対空砲火により)
《判明している喪失機番号》
B-24爆撃機 (#42-241152) 占守島 対空砲火 全員戦死
【戦果】
不明
【被害】
不明


昭和20年4月26日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
【判明している喪失機番号】
B-24爆撃機 (#42-152) 北千島


昭和20年5月11日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
航空軍は最大で、最も成功した合同攻撃任務を遂行した。
B-24爆撃機12機は片岡海軍基地の船舶を爆撃。帰途、西幌筵・東幌筵上空で写真偵察飛行。
アッツ島駐屯のB-25爆撃機16機が出撃。うち1機は引き返す。他は柏原~片岡間の船舶を攻撃。
激しい対空砲火と戦闘機による迎撃を受け、B-24爆撃機、B-25爆撃機各1機はソ連領に不時着。
《喪失》
B-24爆撃機1機(被弾、ソ連領不時着)、B-25爆撃機1機(被弾、ソ連領不時着)
《判明している喪失機番号》
B-25爆撃機 (#43-36149) 幌筵島 戦闘機


昭和20年5月20日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
B-25爆撃機8機は南岬レーダー施設、Naka R(筆者注:詳細不明)の製罐工場爆撃を試みた。唯一1機だけが目標を捕捉、銃爆撃した。
強烈な対空砲火と戦闘機に襲われ、B-25爆撃機1機が被撃墜、さらに1機が行方不明となり、もう1機がペトロパブロフスクに不時着陸した。
《喪失》
B-25爆撃機3機(被墜1機、行方不明1機、ソ連領不時着1機)
《判明している喪失機番号》
B-25爆撃機 (#42-35140) 幌筵島 3名捕虜、3名移動中海没
B-25爆撃機 (#43-36152) 占守島
【戦果】
不明
【被害】
不明


昭和20年6月10日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
千島の海軍水上艦艇、航空部隊とが共同し、B-24爆撃機6機とB-25爆撃機8機は気象観測装置を装備して、鞍部崎、大泊岬、Ichinowatashi、朝日川で対船舶掃蕩。
B-24爆撃機は成果無し。半分の機は爆弾を投棄した。B-25爆撃機はその後阿頼度島に陽動爆撃任務で飛行中、戦闘機8機による攻撃を受けた。
回避のため、B-25爆撃機はカムチャッカ半島上空を飛行、ソビエト軍の対空砲火により1機が撃墜され、クルーは死亡した。もう1機の被弾したB-25爆撃機は、ペトロパブロフスクに不時着。これは初めてソビエトの対空射撃に撃たれた米軍機である。
《判明している喪失機番号》
B-25爆撃機 (#44-29148) カムチャッカ


昭和20年6月13日
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
B-25爆撃機 4機は幌筵島荒畑崎附近沖の船舶を機銃掃射、輸送船4隻、ハシケ2隻を損傷させた。B-25爆撃機1機は撃墜された。
《喪失》
B-25爆撃機1機(被墜)


昭和20年6月24日
「占守島」
[筆者注:調査未完、詳細不明]
《米陸軍第11航空軍記録》
松輪島~幌筵島間船舶掃蕩のB-24爆撃機2機は輸送船1隻を沈め、2隻を損傷、捕鯨船1隻を攻撃した。戦闘機1機を破壊。さらに6機のB-24は片岡地区を爆撃した。
【戦死者】
福岡国次 軍曹 (少飛13期)


昭和20年7月末
北千島派遣隊は3機(池野准尉指揮)を残留し、主力は札幌に後退し、本隊と合流した。


昭和20年8月18日
ソ連軍が占守島に上陸を開始し、残留した3機は海軍の九七式艦上攻撃機2機と協同し、上陸点や艦船を攻撃。
【戦果】
撃沈:掃海艇T-152号(爆撃により)
撃破:護送艦「キロフ」(機銃掃射により)


昭和20年8月21日
停戦成立前に2機が脱出した。


昭和20年8月22日
「北千島」
[調査未完、詳細不明]
【戦死者】
入江 忍  軍曹 (少飛10期)


昭和19年秋~20年夏の防空戦果は、撃墜破:38機を記録した(吉崎 巌中尉記録)。


占守島の残存員45名は武装解除後にシベリアに抑留された。



*未完稿


【参考文献】

テーマ一覧「主要参考文献・資料」を参照下さい。

U.S. Army Air Forces in World War II
Combat Chronology 1941 – 1945
Library of Congress Catalog Card No. 75-600031



[筆者注:調査未完につき、今後大幅に加筆・改訂を予定しております] 




初稿  2005-11-05
第2稿 2010-08-20 加筆、(1)、(2)に分稿
いいね!した人  |  リブログ(0)

katsu1961またはロボットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。