常識を作った男

テーマ:
お昼ご飯がてら、録画しておいた先週のタモリ倶楽部を鑑賞。

日本初のタンドール窯(ナンを焼く窯)を作った1人の男、高橋重雄氏の、情熱溢れる壮大な勘違いで、日本のインド料理にナンが普及してしまったという。

「インド人はそもそもナンを食べない」

「日本に来て初めてナンを食べたというインド人がたくさんいる」

という衝撃的な内容。

「ナンは家庭で作れないので高級ホテルなどで出るものだった」

「そもそも、南インドではナンを食べる習慣そのものがなかった」

とか。

そうとは知らず熱心にインド料理店に売り込みに行き、バブル到来に伴うエスニック料理店の普及とともに、高橋重雄のタンドール窯が日本のインド料理店で普及したのだという。

知らないが故に「日本でのみ通じる常識を作りあげてしまった」という点に、感銘を受けました。

(´∀ ` )

タモリ倶楽部でですが。
AD
えー、アメブロでお友達を作るという役割をほとんど終えているこのブログ、1年3ヶ月ぶりの更新となるわけですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。(´∀` )


私個人的には、マニアックな方向にズブズブとハマり、ブログタイトルどおり「マニアック起業」に邁進してます。



ご存じの方もいるかとは思いますが、ここ最近では「日本製便所サンダルの旗振り役」として頑張っておりまして、その筋ではやっとこ名前が知られてくるようになりました。

本当はタモリ倶楽部かマツコの知らない世界に目をつけられるくらいにはなりたいですが。


んで、つい一昨日からは「ギョサン倶楽部」という、ギョサン専門の通販サイトを始めました。

まだ品数はめっちゃ少ないです。


7年前に「ぎょさんネット」をやり始めたのに、なんでまたギョサンなのかと言いますと、ギョサンの「ブランド」に違いがあるからです。

ぎょさんネットで扱った「PEARL」はギョサンの定番といえるほど名を馳せましたが、主要3メーカーのウチ残りの2つは、街なかでもネットでもめったにお目にかかることが出来ません。



ということは、私がやるしか無いでしょう。



今回ギョサン倶楽部でメインに扱うのは森川ゴム工業所のギョサンなんですが、ここの製品、実は材料から製造にいたるまでALL国産。

生粋の MADE IN JAPAN なんです。


日本製フィッティングサンダルの復興を目指す私としては、やらない訳にはいかないわけで。



ということで、まだ品揃えもしょぼいですが、Health・マルリョウ(森川ゴム工業所)のギョサン専門通販『ギョサン倶楽部』の名前だけでも覚えていってくださいね。


katsuでした。
AD
毎回書くたびに「久しぶりのブログ更新」という枕詞がついてしまうわけですが、今回はさらに久しぶりなこの企画、



を実に1年10ヶ月ぶりに開催します!ヽ(´∀`*)ノ


宴会予約をしないプチバージョンはたまにやっていたのですが、宴会場を借りて募集をするのが1年10ヶ月ぶりなのです。w


普段は10名くらいの少人数で開催するんですが、今回は忘年会ということもあって、20名枠で募集しております!



・・・と言いたいところなんですが、Facebookで募集開始したら予想以上のスピードで枠がほぼ埋まってしまいまして。


ということで、先ほど「横浜みなとみらい万葉倶楽部」に電話して、宴会場を広いところに変えてもらいましたのでまだまだイケます。(笑)


おそらく後になって「行っておけばよかった~っ・・・」となる可能性が高い今回の温泉ディスカッション、内容はこっちに書いてありますのでブログには書きませーん


※追記:
22時間で20名枠が埋まってしまいました。
なので、宴会場を広くしてもらいました!あと【10名】追加募集です!


AD