投資『サギ』鑑定士のブログ

Harvest世界ランカー2位(暫定日本1位)悟半愛のマフリャーを身に纏う精神年齢899歳のヨーダが、語ることにより浮世に憂ひを無さしめんとするインターネットの善用実験、野良教授な爽やかキモヲタ粘着系の真髄、投資詐欺鑑定士のブログ。


テーマ:
「法律があるからとは言っても、それはグレーゾーンですから」
 
 
「今、貴方はご自分の会社が違法状態にあるという事を認めました。それに対して色彩表現をされても何と言いますか、困ります。違法状態は正常に戻して下さい。」
 
 
会社法440条
株式会社は株主総会が終わり次第遅滞なく決算書(損益計算書、資産貸借対照表)を公告する義務を負う
 
の法律に基づいて表題のSOFT-EX社の日本橋の事務所で社員の方に決算書を見せて下さいと言ったら、曰く
 
「開示義務はない」 
「担当社員が年始休暇でいない」 
「決算書はない」 
「非上場会社なので株主総会は開催していない」
 
どの一文取っても珠玉の迷言集です
 
殊に株主総会を行っていないは完全にアウツ!
こちらは会社法296条によって事業年度毎の定時株主総会が義務付けられています
 
挙句が冒頭のグレーゾーン発言ですよ
社員が自社について言っちゃダメでしょカナヘイ!?
 
 
 
 
返金師☆カトウ
「それならせめて直近の経営状態は黒字か赤字か教えて下さい」
 
社員の回答
「ベンチャー企業にありがちな感じですかね、南越谷のジアミスト倉庫の設備投資などで費用嵩んでまして」と口を濁す
 
社員も自分の会社が黒字か赤字か分かっていないようです
 
本当に株主総会を開いていないとしたら、想像し難い状況想定ですが創業五期目で派手に事業資金集めているソフトEX社は社長以下誰も会社の事業損益の実際の数字について把握していないということなのでしょうか?
 
自転車操業ならぬ暴走列車操業ですね
 
「親方ぁ~、ウチの列車の行き先どこですかぉ~?」
 
「んなもん知るか!つべこべ言わんと黙って石炭くべとけ!!」
 
レールが続いているとイイんですけどね
 
 
投資サギ★悪徳商法の返金交渉、ヨロズ相談承り升あんぐりうさぎ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

話題である(^-^)

 

国会議員の蓮舫氏が台湾と日本の二重国籍で議員になる資格がそもそも云々という言論がネットで持ちきりであります。

 

しかし、この件について本質があまり論じられていないようなので私なりに要約すると

 

この一悶着で蓮舫氏は大日本帝国の健在を示す生き証人となりました(・∀・)ニヤニヤ

 

 

「え!? 大日本帝国は1945年に終焉を迎えたのでは?」

 

と思う人の意見もわかります。

確かにそういう言論もあります。

 

では実際の日本社会の言論から検証してみましょう( ´∀`)σσ

 

 

論点その一

そもそもこれは蓮舫氏の国籍問題なのか?

 

マスコミ、ネット新聞には勇ましく「蓮舫議員が二重国籍!」との文字が乱れ飛んでおりますが、記事本文を読むと必ず「台湾籍離脱」と「日本国籍選択」と表記されています。

 

「台湾国籍」と表記しているメディアはありません。

 

台湾と日本は諸事情あって政府間の外交関係は1972年に断交となっています。(日台関係史WIKI

その経緯があって「台湾国籍」ではなく「台湾籍」との表記でメディア各社申し合わせているのでしょう。

 

ひょっとしたら政府当局からこの表記について配慮する要請があったのかもしれません。

 

 

ネットを検索すると10月20日現在の政府対応は

 

法務省の指導により日本国籍の選択宣言をした

 

台湾の籍を抜けた証明書は不受理とされました。~云々

 

とあるので、行政の判断としては蓮舫氏は既に日本人であることは明らかであり、今回の件は強く宣言を行えば十分という見解のようです。

 

産経ニュースから引用

蓮舫氏は記者団に「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、強く(日本国籍の)選択の宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べた。

 

 

我が国は法治国家の筈なので、蓮舫氏が戸籍法に違反しているなら当然に国会議員に立候補できないので、議員資格は当選日か立候補日に遡って無効もしくは国会の決議で除名となるべきと考えられます。

 

しかしながら、実際の行政指導は「強く宣言するように」です。

行政府が蓮舫さんの現状を認めています。

 

政府の意見としては違法性はないということらしいです。

 

ところがどっこい、「蓮舫氏は9月23日に台湾当局から台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出。

 

とあるので、蓮舫氏には最近まで台湾籍もあったようです。

 

 

この事を以て二重国籍と騒ぎ立てる向きもあるのですが、大日本帝国の立場からするとなんら問題はないのです┏( ^o^)┛

 

なぜなら、大日本帝国の領土である台湾島の出身者である日本国臣民の蓮舫氏が都に上って民衆の信任を受けて参議員、帝国議会で言うところの貴族院の代議士となっているわけですから不可解な点は一つもありません。

 

寧ろ台湾籍を保持していたことを理由に議員たる資格なしと断じたら、そちらの方が問題であり明らかに憲法に反しているでしょう。

つまり国籍の問題ではなく、住民票の転出転入届けの不備という程の問題と考えるのが適当という話です。

 

 

ここで論点その2

大日本帝国は今も現存しているのか?

 

帝国憲法の有効論は実に興味深いです。

 

GHQの占領期間中に行われた憲法改正は適法なるや否や

帝国憲法の第75条の「憲法及皇室典範ハ摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス」

 

GHQは摂政ではないので文字通り読めば75条には抵触していないとも言えますが・・・

 

 

歴史の経緯からしますと嘗て台湾人は帝国臣民であった時代がありまして、日米合戦の結果、旧軍やや劣勢のまま米国と講和しポツダム宣言の通り帝国領土の施政管理権を放棄するに至った次第であります。

 

国際法に照らすと領土所有権は日本国にあるという言論があります。

 

不動産を所有者が管理を業者に任せている状態ということです。

 

 

 

以上の事柄を踏まえて蓮舫氏の振る舞いを考えてみると日台中の架け橋となる貴重な人物となっているようです。

 

ネット言論の一方から見ると、外国籍を持ったまま偽装日本人として国会にまで潜入してきた北京発の外患スパイで目的は日本国の解体、売国奴(ネットにはこういう極論まであります)

 

しかし同時に、大日本帝国領土の台湾から正規の手続きで参議院議員となり、また野党第一党の党首にまで出世した純然たる日本人とも捉えることができます。

台湾の人口は2,300万人とのことなので公明党より大きく、自民党に次ぐ規模は適正と言えるでしょう。)

 

そして日本政府の法務省は「強く(日本国籍を)宣言するように」と行政指導したのみですから、改めて日本国籍を取得する必要はないと言っているわけです。

 

 

すると、これは先年にあった尖閣諸島のイザコザの意趣返しというところでしょうか?

 

人民解放軍が尖閣諸島を実効支配を宣言するなら

 

我が方は台湾との歴史的、経済的(シャープの件)、政治的結びつきを蓮舫氏の在り方を介して国内外に強く再確認させて頂くという儀式。

 

 

いや、だって仮にですよ?もし安倍総理が

「台湾は大日本帝国の領土であり、法的には中華民国政府に統治を委任している状況にあり、将来的には千島、樺太と共に領土主権の回復を目指します!」

 

とか言いだしたらすごい問題になりそうじゃないですかヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

なので我が国の政治的主張というのはこのような国会プロレスを通じて言外に察して頂くという形で表されるわけであります。

 

実に奥ゆかしく、巧妙で、老獪なやり口です。

 

清水博士が幽界から念を送って世論操作しているのかもしれません(≧▽≦)

(清水博士は最後の枢密院議長)

 

蓮舫さん本人の思惑は何であれ、蓮舫さんが日本人として国政の中心に政治家として在るという事実は必然として東亜の共栄に繋がってゆくと思いますので、蓮舫さんの今後のより一層のご活躍を祈念して結びとさせて頂きます。(°∀°)b

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちわ

最近はイシカワ・ボーマ・パズごっこをして 楽しんでいます(°∀°)b

公安9課をリスペクトするあまり、犯罪の芽を探して摘んじゃいそうですo(^▽^)o



株式会社 MFG
http://mfg.on.omisenomikata.jp/

こちらの取引先に FXBEST の名前
FXベストの新HP


MFG1

平成25年11月11日移転
東京都中央区日本橋箱崎町16-1



もう一つの取引先の建国ファンド

建国1

平成26年3月28日移転
東京都中央区日本橋箱崎町16-1



同一の住所です。
取引先であり、関係会社、おそらくグループ会社なのでしょう。



ただ入居しているこの、日本橋箱崎町16-1トーマスビルが曰く付きでヤバイビルです。


参考サイト
http://tcc2.seesaa.net/article/438775274.html



下部の方の会社は軒並み関東財務局から処分受けています。


(6F 株式会社MFG)
http://kazokuinoti.sblo.jp/article/90031749.html
株式会社MFGは問題があると書いたのは金融庁がそう言ってるから。
適格機関投資家等特例業者の業者一覧から削除されている。
にもかかわらずホームページには堂堂と記載している。


(6F 株式会社建国ファンド)
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/tokurei/00.pdf
このリストに掲載されている届出者は、監督当局から連絡を取ることができず、その営業所又は事務所を確知できない状況となっております。


(2F サンハーベスト株式会社)
http://www.fsa.go.jp/news/24/syouken/20121012-3.html
平成24年10月12日
金融庁
サンハーベスト株式会社に対する行政処分について



(株式会社新日本経済投資顧問)
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2012/2012/20121012-3.htm

平成24年10月12日
証券取引等監視委員会
株式会社新日本経済投資顧問に対する検査結果に基づく勧告について


貞子x伽耶子の呪いでもかかっているのでしょうか?

でなければショッカーの秘密基地のような悪の枢軸が入居しているのかもしれません。





株式会社MFGの分析
FX情報商材を売っていたようです。


こちらのブログに証言があります。
http://kazokuinoti.sblo.jp/article/82015471.html
FXBEST

FX孔明が作った業者。
後述しますが、トレコピというコピートレードを家族命が提供する際に使った業者。
手始めに行われたのが、以前書いたXシグナル。


トレード結果を配信するシステムは持っていたようです。
とするとMT4でのトレード結果を捏造する能力については?


画像データから FX孔明=松田代表 のようです。


MFGのHPは抹消
http://www.mfg-jpn.com/

完全な空白になっています。
ネットに残してはマズイものだったのでしょうか?


MFGは箱崎町のトーマスビル6F
 と その前は霞ヶ関の銀行協会ビル15Fに入居してました。



コレコ?=MFG

為替鬼コピートレード~鬼式~ 株式会社MFG


今は
デジタルカレンシーという会社で仮想通貨を販売しているようです。
エターナルコイン、サークルコインとの直接の関係はまだ不明です。

しかし、このデジタルカレンシー(^▽^;)

IMG_1234デジタルカレンシー


会社法人は三つ登記されていて、代表者は全て松田智
閉鎖された事項が4つあります。

どういうことなんでしょうか?




このMFG

FXBESTの代理店のロザリオシステムズ

非常に近しい、或いは実質一体の会社だったようです。

ネット上の履歴を辿り証拠を提示します。



詐欺の可能性があるあるいはリスクの高い投資全般その6
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n380336

にURLありますが、

ROSARIO SYSTEMS (ロザリオシステムズ www.rosariosystems.com)

「www.rosariosystems.com のサーバーの DNS アドレスが見つかりませんでした。」

ロザリオシステムズのHPも抹消

よほど調べられたくないようですね。


Whois検索でドメイン情報を見てみましょう。

ロザリオシステムドメイン

抜粋
Domain Name: rosariosystems.com
Registrar: GMO INTERNET, INC.
Registrant Name: Kenichi Okano

Registrant Organization: rosariosystems
Registrant Street: 1-12-5-8F bakuro-cho
Registrant City: Chuo
Registrant State/Province: Tokyo
Registrant Postal Code: 103-0002
Registrant Country: JP

Admin Name: Teppei Yasuhisa
Admin Organization: M.S.I CO
Admin Street: 5-33-8shinbashi shinbashi-ss.Bldg 5F
Admin City: Minato
Admin State/Province: Tokyo
Admin Postal Code: 105-0004
Admin Country: JP
Admin Phone: +81.345704165
Admin Phone Ext:
Admin Fax: +81.364356212

岡野健一さんが、馬喰町1-12-5-8Fでロザリオシステムズをやっていたそうです。

ヤスヒサテッペイ氏がアドミン電話 +813-4570-4165 で登録しています。


続きまして
建国ファンドのドメイン管理者を見てみましょう。

建国ファンドドメイン

Domain Name: kenkokufund.net
Registrar: GMO INTERNET, INC.
Registrant Name: Kenichi Okano

Registrant Organization: Kenkoku Fund Co
Registrant Street: 15F, 1-3-1, Marunouchi Tokyo-Bank-Association.Bldg
Registrant City: Chiyoda
Registrant State/Province: Tokyo
Registrant Postal Code: 100-0005
Registrant Country: JP

Registrant Phone: +81.345704165
Registrant Phone Ext:
Registrant Fax: +81.364356212

岡野健一さんが、丸の内1-3-1、銀行協会ビルの15Fで株式会社建国ファンドをやっていたそうです。

こちらは岡野健一さんが、Registrant、Admin、Techともに +813-4570-4165 で登録しています。

この電話番号は
ロザリオのヤスヒサテッペイ氏のアドミン電話 +81.3-4570-4165 と完全に一致しています。


そして
銀行協会ビルの15Fは言わずと知れた 株式会社MFGの住所


つまり、
この岡野健一氏はFXBESTを作った松田智(FX孔明)氏の㈱MFGが銀行協会ビル15Fに居た頃から関わっており、
MFGの取引先と表記ある FXBEST の営業代理店ロザリオシステムズの代表であり、

現在は株式会社建国ファンドの代表になっていて、
建国とロザリオのドメイン登録電話番号は完全に一致。


MFGと建国ファンドは箱崎町16-1東益ビルに同時期(平成25年11月~26年4月)に移転登記しています。


つまり
松田智、岡野健一の両氏に訊けば FXBEST の正体が大分わかるだろうということです。




検索お疲れ様でした、私(。-人-。)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ネット上の痕跡を辿っています


ヤフー知恵袋から
海外FX業者の検証 (詐欺と思われる海外FX業者のリスト) その3
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n363512


サーバー情報を見るとサーバーの所在地はアメリカのアリゾナ州、フェニックスになっていますがWho Is情報を見ると

>Registrar URL: http://www.onamae.com


ドメインネームは日本の「お名前.COM」という業者から取得しており。

>Registrar: GMO INTERNET, INC.


やはり日本のGMOインターネットと契約していて

>Registrant Name: FX BEST
>Registrant Organization: FXBEST
>Registrant Email: fxbest_com@yahoo.co.jp


連絡先のメールアドレスは日本のYahoo JAPANのフリーメール、郵便番号は123456789です。

これは海外の業者とは思えません。
日本国内の詐欺グループによる幽霊会社であることは確実と考えます。


GMOインターネットグループ お客様総合窓口
https://secure.gmo.jp/contact/

こちらから照会をかけて誰が契約者なのか、ドメイン取得費用を支払ったのか調べてみましょう。


FXBEST ドメイン





FXBESTの取引先会社

株式会社 MFG
http://mfg.on.omisenomikata.jp/

MFG


<取引先等>
●FX BEST 
●イニシア・スター証券株式会社
●株式会社アテナアセットアドバイザーズ
●FOREX.com UK
コレココーポレーション株式会社 
ユニバーサル投資事業有限責任組合 KENKOKU FUND 株式会社建国ファンド





株式会社 建国ファンド? (*´?`*)。o○

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n380336
ちなみに建国ファンドのサイトのWho Is情報を見ると以下の連絡先が記されています。


>Registrant Street: 15F, 1-3-1, Marunouchi Tokyo-Bank-Association.Bldg

千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビル15F

これは株式会社 MFG
http://mfg.on.omisenomikata.jp/ と一致


建国ファンドには住所が二つあり

東京都中央区日本橋箱崎町16-1-6F

東京都中央区日本橋馬喰町1-12-5 8F

後者の住所が正しいならばロザリオシステムズと建国ファンドは26.35㎡のワンルームマンションで同居していることになります。
別個の会社とは到底思われません。






ロザリオシステムズはFXBESTの日本国内の営業代理店の一つ



纏めると
FXBESTの代理店のロザリオシステム と同一住所の建国ファンド(株)があり代表者は岡野健一


FXBESTを取引先と表記している株式会社MFGの住所と建国ファンドのサイトのWho Is情報の住所は一致し、Name: Kenichi Okano


東京都中央区日本橋箱崎町16-1-2F では 出資募集してFX運用している業者がいます。

果たして関係はあるのか?


IFIL


(-_☆) 続く
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
顧客の資金を増やす

これは最も尊い仕事です



思うところありまして、自己トレードを再開しようかと考え中です

本当に運用している投資案件を提供すれば、投資サギの被害は減るでしょう

オプショントレード、昔のようにできるだろうか・・・




オプションには主に四つのリスクパラメータがありまして

デルタ、ガンマ、ベガ、シータ

これらは原資産価格、予想変動率、時間、金利の微分方程式で表現されます

どこでリスクを取り、どの様なリターンを目指すか

それが問題だ(。-人-。)



P = S×N(d1) - K×N(d2)÷e^(r×t)

有名なブラックショールズ式
この式によりオプションの理論値は算出されるが

開発したノーベル経済学受賞者2名を擁するヘッジファンドLTCMは46億USドルの損失を出した

https://ja.wikipedia.org/wiki/ロングタームキャピタルマネジメント(英語:Long-Term Capital Management、略称:LTCM)


【オプション取引の歴史】

1995年にデリバティブ取引の失敗で致命的打撃を蒙りベアリングス銀行は破産

233年の歴史に幕を閉じた

最終的な損失は銀行の自己資本750億円を遥かに超過する8.6億ポンド(1,380億円)に達した

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベアリングス銀行




【オプショントレードの歴史】

3.11の大震災による株式市場の大暴落でオプション取引していた投資家が大損

この損失を払えない投資家の身代わりになるのが証券会社

ひまわり証券はこれが原因で証券事業から撤退し80億円の損失を計上

従業員の6割にあたる80人の希望退職を募集した



46億USドルの損失を出したLTCM

ネットを叩いてみると取引金額は1兆💲超えだったとか

とすると建玉代金に対する損失率は0.5%未満の計算

千分の5失敗してマイナス五千億円

オプション取引に比べたら株式現物、信用、先物、FXのレバレッジはまだまだ低い安全圏のものです⭐︎




このように、233年の歴史ある銀行やノーベル賞の受賞者が運用するヘッジファンドや日本で最初にFXを組成した証券会社などが80億円とか1360億円、46億USドルの損失を出して廃業、倒産に追い込まれるのが

【オプショントレード】

こんなのを扱って長生きできるわけはないのです・・・が



ですが、この度そんな危なっかしい【オプション取引】を再びやってみようという気持ちになったワケです

投資銀行や証券会社を根こそぎ吹き飛ばす潜在的リスクを孕む金融派生商品

これを扱ってそれでも自分は儲けきれると思っている奴は

正真正銘のアホ

ひょっとしたら

ホンモノの天才





8月1日から【オプション取引】を再開しています

上記で解説した通りオプションはまともな証券会社、投資銀行、ヘッジファンドが80〜5,000億円位の損失を出す金融派生商品なので

9月に私が早速−1億円とかなってても

「ドンマイ!オプションならよくあることさ!」

と励まして下さい(・∀・)/ドンマーイ




【オプション取引再開】に至った心境の変化

大体2011年頃から私募ファンド業を目論んで活動してきました

その間に同業者らしき自称投資のプロの話を多数耳にしましたが、ほぼ全てサギ師とその手下のブローカーばかりでした

例外は唯1人のみ

本当に運用している点で橘商事は珍しい部類です



達成できるか如何かは現時点では不明ですが、真正のトレードでサギ業者が謳う夢見たいな収益率を目指してみようじゃありませんか。

本物が一つあれば一般の個人投資家もワザワザ詐欺話に資金を出す必要は無くなるワケですから!☆-( ^-゚)v
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
返したら無罪なら詐欺罪は存在しないことになる


借りた金だったら最後元金返せばそれで終わりです。



でも騙して盗んだ金を、後で返したから無罪放免っていうのはどうなんでしょうか?

詐欺で盗んだ事実がバレなかったらそのままその金自分のものにして使っちゃってたワケですよね。


何らかのアクシデントで悪事が露見したから、渋々盗んだ金の元金分だけ返したとして

まだバレてない分、泣き寝入りして返金請求してこない被害者の分はビタ一文返さないワケです。



バレなかったら詐取した金は自分のもの

バレたら金返して無罪


そんな状況を許してたら悪党は躊躇わずサギ実行しますね。

詐欺師の側はノーリスクなので


とりあえずサギして、詐欺だ何だと騒ぐ被害者にだけ、元金分のみを返せばあと残ってる金は自動的に自分のものにしてよいという話になります(!)Σ(・ω・ノ)ノ!




だから日本の法律では詐欺は刑罰の対象であり、最高で10年の懲役刑があります。

AIJ、2000億円の社長は組織犯罪処罰法で15年、円天800億円は18年喰らい込みましたo(^-^)o





FXBESTは何年になるのかなo(^▽^)o
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人生の一発逆転コース(成功保証無し!)

東京には色々な業者がいるものでして、組み合わせによってはあり得なさそうな資金調達も可能になります


あの地方案件と全国案件と都内の案件二つ、計四つの資金調達案件を組み合わせると
信用ブラックでも数千万円~3億円位まで事業資金の調達ができる可能性に気づきました!

各案件は専門業者がそれぞれ窓口やっていますが、小さい案件から大きな案件まで一纏めにすると以下のような条件で理論上は資金調達できそうです(・∀・)




ハイブリッド資金調達案件

主な条件
調達可能金額、2千万円~3億円位迄(それ以上は要相談)

着手金 0~100万円(成功報酬に反比例)
成功報酬 20~50%(目標とする金額によります)


申し込み希望者の条件
1、会社法人の代表者であること(新設の会社、個人事業主の場合は要相談)
謄本をデータで送って下さい

2、収益性のある事業アイデアがあること(成功報酬を支払った上で完済できる事業計画が必要)
企画段階のざっくりした話でもとりあえず大丈夫です

以上になります

CIC、信用情報は収益性が高い事業であれば不要です

詳細は面談にて



メフィストフェレスの取引のような雰囲気しますが、何所詮は金の話ですからきちんとやれば失敗しても命までは取られません(°∀°)b





次回セミナー告知
7/10 池袋 お昼

FX-BESTにやられた資金を取り返す会!!
http://kokucheese.com/event/index/393129/


7/21 池袋 夜
マンション買って二年経ちました(^-^)/
http://kokucheese.com/event/index/408920/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。