昨日の夜のあの現場は
まさに夢のようで
いや、夢とかっていうか
タモさんを囲むテレビの力っていうか
タモさんへの恩返しっていうか

先輩方がもつ
すんごい迫力とか
集結するとどえらい事になるんだからな!と
昨今の色々な事に細かく配慮してしまう傾向を
ドカっと無視してみた!みたいな
粋な流れに

何度も笑ったり泣きそうになったり
「なんで終わっちゃうんだろう?」と淋しくなったり
忙しい時間でした。


私は3年半という時間をアルタで過ごさせて頂きましたが
テレフォンゲストにしても
曜日レギュラーにしても
緊張しながらも
本当に楽しく学ばせて頂く事ばかりでした。





「最初のADの日が加藤さんの木曜日でした」と昨日
おっしゃってた清水さんは今ではすっかり出世なさっておりました(時間の経過を感じる)。

月曜日から木曜日、
曜日が代わると雰囲気が全然違うんだーと思ったのも確か。
一方で長年代わらずアルタにいらっしゃる本多芸能さんや音声さんや
カメラさん、作家さん、その方々がいるだけで
なんだかホっとしたのも確か。

あー、終わっちゃったんだなあ。
エイプリルフールの嘘!みたいなので
今日の午後、実は放送あったりして!なんてね。



「おう、おう、おう」と
やっぱり親戚のような立ち位置で接してくれるタモさん。
昨夜、吉永小百合さんから頂いてたバッグ、既に「俺の物」レベルで
相当似合ってましたよ。
どこかゆっくりお出掛け出来たらいいですね。
あ、また船に乗せて下さい!!

で、とはいえ、
終わってしまったのは仕方がないです。
お昼以外の番組で
タモさんをしっかり楽しみたいと思います。
てか、あんなメンバー、お昼の生放送で毎日観てられたのは
相当な贅沢だったんだなー。
凄い歴史だったんだなー。
(まだまだ未練たっぷり)


いいとも最後の日、
東京のあちこちには


桜が見事、こんな綺麗に咲き誇っていました。
32年の歴史ってやっぱり、こうして締めくくられなくちゃね。

さすが、タモさん。
本当に本当に
お疲れ様でした。




AD