メニューは見ずに

テーマ:

私が銀座で

バーテンダーをしていた時、

そのお店には

メニューはありませんでした。

 

グラス一杯がいくらかなんて

気にするお客さんは来ないお店で、

座って幾らというシステム。

 

私も要望を出された

カクテルを作ったり、

好みを聞いてオススメしたり。

 

 

現在、客として通うあるバー。

 

メニューは

見たことがありませんので、

値段は知りません。

 

ただ、不思議な事に

まるで同じメニューを頼んでも、

値段が毎回微妙に違います(笑)

 

対応してくれた

バーテンさんによって

値段が変わりますので、

人によっては常連価格にでも

してくれてるんですかね~。

 

そこで、前回の領収書を見せて、

値段の根拠を聞くのは、

本来は正しい事なのでしょうけど、

同時に

夜の世界で遊ぶなら

無粋とも言えます。

 

これが、明朗会計な

居酒屋などなら別ですが、

バーや寿司屋など

値段があって無いような世界で

遊びたいなら、

聞くだけ野暮ってもんですし、

知りたいなら明朗会計なお店で

遊べば良いだけの事。

 

自分が心地良く遊べる

フィールドを見付け、選ぶことも、

遊びのイロハですからね。

 

 

と、そんなメニューを見ない私、

友人女性が

「今日はご馳走するよ」

と言ってくれましたので、

何度も行っていながら

メニューは見たことが無い

お店をチョイスします。

 

そこは美味しいですからね~。

 

折角のデートですし、

彼女にも美味しい物を

楽しんでもらいたいですし、

美味しいお店を紹介がてら

お店を選びます。

 

 

そしてお会計、

値段を見るのは無粋ですので、

サッと席を立ち外で待っていると、

何となく言葉少なげな友人。

 

それ以来、

 

「今日はご馳走するよ・・・

AとBどこが良い?」

 

とご馳走してくれる場合の、

店が指定されました(笑)

 

AD