引くより押そうホトトギス

テーマ:

最近、

幸せを

「引き寄せ」るという

レトリックが流行っています。


これも草食系の

時代所以ですかね~。


かつての流行歌では無いですが、

幸せは歩いては来ませんので、

歩いてこっちから行きましょう(笑)



出会い、金運、幸せなど、

来るのを待つよりは、

こちらから出向く方が早いですし、

確実です。


美味しい寿司も蕎麦も、

家で出前を待っていても

食べられないですからね~。


自分で美味しい店に

出向くのが吉です♪


それに、

幸せに出会えるか否かは、

単に考え方1つですからね。



例えば、多くの人が

美味しいと思う寿司でも、

「美味しい♪」

と食べる人も居れば、

同じものを食べても、

しかめっ面で

「これは国産天然物か??」

「このシャリは酢がキツイな!!」など

100点で無い部分の文句や

難癖ばかり付けていては、

絶対に美味しく感じません。



私は大学時代に入院した時、

手術後の

味の無いおかずと

白湯のようなお粥の病院食も


「美味しい、美味しい♪」


と食べてニコニコしていました。


銀座の寿司屋と比べて

美味しいはずはありません。


レベルが違う以前に、

目的も異なりますので。


しかし、

何と比べるのか、ということ。


100点を望み、

99点に難癖を付ける人は

銀座の一流寿司も不味く感じ、

手術も終わり

食べることに喜びを見出せば

10点も笑顔の対象になります。



それは、

100点の異性が

笑顔であちらから来る、

100点の契約相手が

あちらから頭を下げて来る、

なんて夢物語でも同様です。



「幸せ」の多くは相対値。


基準点の

設定の仕方で変わりますし、

黙って座っていて

100点がやってくる

なんてことはありません。


幸せを探しにこちらから出向き、

プラスになった点数全てに

笑顔になれば良いだけ、

簡単な事なんですけどね~。


誰かと俗世的価値の

大きさを比べたり、

100点を求めたりすれば

「不幸のはじまり」。


幸せを引いて待つ

草食系にならずに、


幸せは

引くより押そう

ホトトギス!!


肉食で行きましょう(笑)

AD