Logbook 諸事情によりお休みがちになります

誤字脱字と写真のピンぼけ等が多い個人的主観で書いているブログです 様々な要因で飲食店等相違が発生する場合があります ご意見のある方は返信先を明記の上ご連絡下さいね


テーマ:



鳴子の湯に浸かりに行く途中
岩出山のいろは食堂に立ち寄る
土曜日という事と時間がよかったのだろう
20人程度の待ち
すぐに入店できた



北島ファミリーカレンダーも2106年版が張られている
やはりこの店内と北島三郎さんのポスターは相性がいい
雰囲気にどっしりとしたものがあって落ち着くのかもしれない



まだ早い時間だけど丼をかっ込んでる人が二人
ここは一つ勝負に出て「らあめん一つとカツ丼一つ」
さらりと言ってのけた
お姉さんも復唱したところを見るとオーダーが通ったようだ
その証拠に「一日限定5食 カツ丼」の看板がいつの間にか消えていた



しばらく待ってようやくカツ丼が届いた
漂う湯気がどことなく香ばしい
特製ラーメンに使うパーコーを作る油でカツを揚げたからだろう
油から移るのだろうちょっぴり表面の茶色が強い

お肉はロース脂もしっかりついている
厚めのスライスは僕好みだ
たまねぎと溶き玉子で包まれているが玉子はウエルダンの仕上がり
早速一口頬張ってみる

味も見事に僕好みだった
通常カツ丼は
蕎麦屋系の甘めの丼汁と使う店と
中華食堂系の辛目の丼汁を使う店がありいろは食堂は完全に後者
からっとした丼汁で仕上げられている

ご飯も地元産のものだろう
米の粒は普通であまり大きさは変わらないがパリッと炊かれている
それに丼汁が程よく染みていて汁だくではない
そこがまた気に入った

そこだまりする汁はせっかくのご飯の持つ弾力性や味のバランスを崩してしまう
過ぎたるは及ばざるが如し
一朝一夕に出来るものでは無いと言う事を無言で語りかけてくれたみたいな気がした

セットされるスープはラーメンのスープそのままだが
面が入らない分しょうゆが持つ酸味が強調されていて
これがまた丼物としっくりのコンビネーションだ



いまどきのレアーなとき玉子や汁だくなんてサービスはないけれど
どちらかというと食堂系で個性的ともいえるいろはのカツ丼
チャンスがあったら遠慮なくオーダーしてみてほしい
かなり満足指数が高いと思える一杯だから





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



麻婆豆腐もいろいろなスタイルがあるけど・・・
やっぱり刺激的な四川の麻婆豆腐がおいしいと思う

ただし
真っ赤なラー油の中に豆腐が浮いている本場のものは別格で
日本人には油がきつすぎる
だから四川風にアレンジした麻婆豆腐が良い

卸町にあるこのお店
かなり本格的で評判になっていた
ようやく念願かなって麻婆豆腐を食べる事が出来た

トウチーにオイスターソースのような旨みがあるソース
そこに花椒等が入ったラー油等とミックスされている
柔らかいけれど豆腐の水切りもよくソースが水っぽくなることも無い

苦手な人にはつらいかもしれないけれど
やはり麻婆豆腐はこのくらい辛いものが美味しいと思う

ちょっとご飯が欲しくなる塩分だがここは我慢
麻婆豆腐を食べ進めた



黒酢の酢豚

スライスした豚肉に衣を着けて一度揚げたものを使っている
野菜などはさっと炒めマイルドな黒酢の餡に絡まれて登場

豚のふわふわな衣と黒酢餡がうまく絡まって馴染んでいる
マイルドな酸で食べやすく実にオーソドックスで辛いものが苦手な人はこれがお勧めかもしれない

スーラータン(酸辣湯)はさっぱりとした酸味のスープを造り
それに麻婆豆腐などに用いられるラー油を掛けて完成となっている

四川スタイルのスーラータンながらも麻婆豆腐の油を上手にいなしてくれるスープ
スーラータンメンを次回食べてみたい

かなり庶民的な店舗だけれど
メニューには結構ギャップがあって味付けも工夫されている
リピーターになりやすい癖になる味付けが印象的なお店だった

P,S, こちらのお店駐車場がありませんから地下鉄など公共機関を使ってくださいね



中国四川料理 天府仙臺四川料理 / 卸町駅


パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト ブルーレイ版 [Blu-ray]/ユーロピクチャーズ

¥5,184
Amazon.co.jp

パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト [DVD]/ユーロピクチャーズ

¥4,104
Amazon.co.jp

マルコ・パンターニ―海賊(ピラータ)の生と死/未知谷

¥2,700
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


いつもラーメンランチではつまらない
そう考えた僕らは異国料理
それも「微笑みの国」タイ料理に舌鼓を打つことにした

僕がチョイスしたのはトムヤムクン・ヌードル
麺は小麦じゃなく米粉(ミーフン)
平打ちの米麺でビーフンというよりフォーの麺に近い



レモングラスの爽やかさにパクチーのエキゾチックな香りが花をくすぐる
具ざしは海老に生のもやしと香草ベトナムのフォーと構成が似ていた

スープを口にして「???」
ベースの甘味と酸味は強いが辛さが弱い
日本向けのアレンジだろうか
現地の人が納得する辛さには程遠い気がした

タイの小さい唐辛子がつけてあるニョクマムと唐辛子スパイスを添加して味見する
ようやく納得する辛さに変化させて「爽やかさ」の演出をした



彼女はガッパオ・ガイ
ホーリーバジルとチキンの炒め物
屋台の定番メニューだそうだ
彼女に大盛を注文してもらいぼくも3分の一ほど食べてみた

これは独特の味というか香りがする
けど全然嫌じゃない
目玉焼きのマイルドさもあってすこぶる食べやすい

あれっ?
これって辛く無いメニューなんだろうか
そう思うくらい辛くありません

辛いもの好きな僕はちょっとご不満だったから唐辛子調味料を使いましたが
彼女はデフォルトで満足だったようです

日本人向けにアレンジしてこの価格帯に抑えているところは優秀
ただもっと本格的な辛味を所望する場合は物足りない味だ

けど・・・
考えてみるとチェンマイで5年働いていた友人がよく食べに行くのだから
辛さ以外は現地の味に近いのかも
その辺は旅した人の意見を参考にしてみるといいかもしれない

コストパフォーマンスに優れたお店である事は間違いないと思う




サバイ・サバイタイ料理 / 北四番丁駅北仙台駅勾当台公園駅



パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト ブルーレイ版 [Blu-ray]/ユーロピクチャーズ

¥5,184
Amazon.co.jp

パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト [DVD]/ユーロピクチャーズ

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


人気店FLAT WHITE COFFEE FACTORYが街中に進出しました
泉に行ってからしばらく経ってますが
またコーヒーを飲んでみたくなってお邪魔しました

スタッフというよりオーナーの方でしょうか
詳しい豆の品種など説明してくれますがかっこいいオヤジです
さすがはニューウェイブコーヒーのお店専門知識も豊富で店内もおしゃれ



暑い日だったこともあり彼女はアイスコーヒー
僕は大好きなエチオピアイルガチェフをケメックスで淹れてもらいます
(ナチュラルかウオッシュか聞くの忘れました(汗))

入り口で注文するスタイルだからiPadいらない気もするけど
注文が明確になる点ではいいのでしょうね

「誰かとって行かないのか?」ということが気になります
僕って貧乏性なんですね(笑)



乾燥した暑い日に似合いのからっとして幾分酸のあるアイスコーヒー
一口だけ御馳走になりました

当たり前の事ですが
ここのお水とっても美味しいです
思わず2~3杯飲んじゃって大人気なかったかな?(汗)



フルーティーな香りが芳ばしさとともに運ばれてきます
やっぱり僕はエチオピアが好きなんですよ

一口すすって軽やかな風味があるから今考えるとナチュラルかな?

ほっと一息ついて周りを見るとおしゃれな若い人たちばかり
ちょっと僕には若すぎるお店かもしれない(笑)

藤崎の近くで美味しいコーヒーを飲ませる禁煙のお店
泉店より身近な感じがして店の評価が上がりました





フラット ホワイト コーヒー ファクトリー ダウンタウン店コーヒー専門店 / 青葉通一番町駅広瀬通駅あおば通駅


**CHEMEX/ケメックス マシンメイド コーヒーメーカー(CM-1C)<3カップ用>/CHEMEX (ケメックス)

¥6,480
Amazon.co.jp

パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト ブルーレイ版 [Blu-ray]/ユーロピクチャーズ

¥5,184
Amazon.co.jp

パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト [DVD]/ユーロピクチャーズ

¥4,104
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


あれ??
この辺りのはずなのに見つからない・・・
と思ったら綺麗にお店が改装されていました(笑)

ここは西門駅からすぐそばにあるガチョウ料理屋さん
鴨肉扁(ヤーロゥピェン)

  

ガチョウとアヒルの違いですが
アヒルはカモからつくられました
ガチョウはガンからつくられました
ですから肉のつき方も微妙に違います

それを理解している人は少ないと思いますけど
美味しければいいですよね(笑)

お店に入って座るとスタッフが注文をとりに着たので
隣の卓の一任雨セットを堂々と指差しながら
「ちんげーうぉ ちぇが いーくぅ (これ一個下さい)」
と話したら離れていったので
「一個」と言っても分かってもらえたのでしょう
だって「セット」なんて中国語わからないんだもん(笑)



正直言ってお肉の量は少なくおやつ感覚
また肉付きのいい部位とはいえない
肉質は鴨に近いけどやはり脂乗りや肉質のしまりが違いちょっと固め
美味しいけど珍重するのはフォアグラで十分なきもした

ビーフンのスープは旨みもあってぷりぷりビーフンとの相性もばっちり
もやしがちゃきちゃきでまた歯ごたえが楽しい
それにお肉を入れて脂をスープ煮写して食べると味が変化して楽しめた

立派になってちょっとイメージは変ったけど相変わらずの人気店
日本の食通ドラマにも登場しただけの事はある

近所に行ったら立ち寄ってほしい
そして旅の思い出をもう一つ重ねて欲しいものだ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


最近塩味が気になっているkatka(かてぃか)です
山形市で話題になったお店に行く事にしました
それが今回のお店「幸来」です

早速「白菜ラーメン」を注文
メニュー票にもこだわりの書き込みがあるし
店内にも評語のようにこだわりが貼ってあります



届いたラーメンはワイルドな盛り付け
大振りのきくらげが食欲をそそります!!

薄くにごったスープをまずは一口・・・
う~ん
最初に来たのはごま油の風味
出汁はアサリやホタテなどが入っているということですが
スープからは鳥肉とアサリそして白菜とごま油の味が強めに感じました

確かにとっても相性のいい脂ですが脂の味が強過ぎる気がします
グレープシードオイルなど軽くて風味の少ないオイルならもっと感じる事ができそうですね
同時に白菜が持つ強い味も微妙な塩の味を伝わりにくくしているのかもしれません
白菜という食材を使うことの限界かな

よく「かどが取れた」「まろやかな」と言う表現がありますけど
塩そのものの選択と同時にタレの調理過程におけるなじみ具合で味の決まると思います

お店の主張はとってもよくわかるのですが
にがりを添加した塩を数種類ブレンドしたスープで味の違いが不明瞭でした
僕は違いがわからない大人ですね(汗)



具材を炒め過ぎない火の入れ方でした
白菜のしゃきしゃき
きくらげのこりこり
「歯ごたえ」を大切にしていると思います

黄色い細麺は軽く縮れています
すすり心地がよくスープの味とマッチしていると思います
最後まで美味しくいただく事ができました

素材の味を大切にすると言う事は「白菜」の持ち味を強調する事にも繋がってしまい
味付けの方向性を難しくしている印象でした

どうしてもこだわりを強調されると難しく考えてしまいますね(笑)
上品な味がして美味しいタンメンだと思います

野菜が好きな方にはお勧めの一杯
皆様はどのよう感じるのでしょう???





幸来ラーメン / 山形駅


リラックマ クッション(L・もーちもちタイプ) MP-80001/San-X

¥3,996
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


食事も終わりいよいよ一人行動スタート
まずは台北版SuicaともいえるEASYCARDをコンビニで購入同時に100台湾ドルをチャージしました

いちいち切符を買う必要もなくチャージ式
使用後デポジットの返却もあるしカードを使用すると割引制度もあって便利です



初めての地下鉄は西門まで一駅です(笑)
開札口から地上へ出ると早速ランドマークとなる西門紅楼が見えてきました



「西門紅楼(シーメンホンロウ)」
ここは台湾最古の公設市場として産声を上げました

その後劇場や映画館となり流転して行くわけですが
歴史的建造物として認められた事などをきっかけに
リノベーションして現在の姿に復活しました



複数のショップが入っていてどちらかというとオリジナルデザインのお店が多そうです
夜ということもあって閑散としていましたがウインドウショッピングも楽しいです

emmaApartyと言うブランドの動物達はシニカルなイラストで僕の気を引きました
このウサギさんのTシャツは「出勤したくない肉包兔」といって
出社したくない気持ちを回りに伝える事をコンセプトに作ったそうです

面白いキャラクターだったのでお土産に一枚購入しました



西門はどちらかというと若者の街
台湾ならではのおしゃれを探してみるのもまた楽しいでしょうね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


イギリスなどストロボ不使用なら撮影許可するところも増えてきたけど台湾はまだ違う
展示品撮影はスマホでもダメな事で担当官が来て写真をデリートさせられた

国立故宮博物院では十分注意してほしい



台湾で日本語が通じやすいというけれど
僕の知っている範囲で通じたところはなかった

それから若い人でなければ英語もかなり通じない
やはり筆談が一番意思疎通に適しているようだ



ツアーで食べるご飯は無難だけれど感動も少ない
日本人向けの料理ではなく日本人が好む味付けのメニュー構成だった

商店などシステムは日本ととても似ているので戸惑うことは少ないと思うが
食堂では伝票のメニューをチェックして数量を記載して注文をとるやり方が一般的
廻りを良く観察してみるといい

いずれにしても旅先では
郷に入っては郷に従え
これが鉄則だと思っている

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


街のランドマークとしてすっかり定着した台北101

中に入ると高級ブランドブティックがずらり
これが一昔前だったら・・・
ロロピアーナのコートがほしいとか
パネライやIWCの時計がたまらないなどといっていたことだろう(笑)

今ではすっかりその辺の物欲が薄れた
随時加齢中の私である(笑)



最初の驚きはエレベーターのスピードと静粛性だった
一気に展望台へ

このときは土地勘がなくぐるりと一周してみた
山に囲まれた盆地である事を実感する

強化ガラスの色で強い日差しが遮られている
空調と相まって景色もまた涼しげだ



地震用でもあるが一番は台風の風圧対策となるチューンドマスダンパ
振り子の錘で振動を吸収するシステム

ここまで一発で吊り上げるのは難しいからばらして吊り上げたのだろうけどすごい質量
この高さのビルというのがまずすごいけど
こういった工夫があってこその101だろう



屋外の展望デッキにも出れるのだが生憎と一区間のみの開放
ぐるりと一周する事は出来なかった

さんご礁の展示など家族皆が楽しめそうなフロアもあり
友人はテレサテンコーナーの実物大パネルと記念撮影していた(笑)

観光めぐりでは必ず立ち寄る場所
高所恐怖症の人も遠慮しないで見に行ってほしい


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



お店の前が順番待ちの客で大混乱
そんな中をすり抜けて入店

温さん(ガイドさん)が会釈すると店員は皆笑顔で応対する
62歳だがなかなか業界では顔が聞くらしい

僕らがテーブルにつくと早速ドリンクオーダーをスタッフが取りに着てくれた
台湾生ビール(と言う名の瓶ビール)等を注文
食べ物のほうはすっかり固定で決まっていた

先ずは小菜が運ばれてきた
干し豆腐の炒め煮
豆もやしの炒め物
ニンニク入り青菜の炒め物

日本の味に良く似ていて食べやすくビールのつまみにもってこいだ

そして真打登場!!

鼎泰豐の小籠包
いまや世界のディンタイフォンだ

刻みしょうがに黒酢と醤油かけた刻み新生姜を乗せてから
そっと小籠包をつまみレンゲに置く
それを箸で割りスープを一口
すっきりとした味で脂分は少なめ

次は丸ごと餡ごとレンゲを口の中に放り込み噛み締める
どちらも黒酢を使って食べたけれど
上海豫園の名店「南翔饅頭店」の皮はふわりとして饅頭の皮に近く脂も濃い
鼎泰豐の皮は麺に近くコシがありあっさりとした仕上がり
あくまで好みだが僕は洗練された印象の鼎泰豐に軍配を上げたい

一人6個なんてあっという間に平らげてしまい
野菜入り蒸し餃子も魚肉入り蒸し餃子すごい勢いで食べ終えた
最後の海老と豚肉入りが蒸し餃子は小籠包並みのスープがあり海老味でこれまた美味しい

そうして仕上げはスイーツ
餡子入り小籠包だった
台湾スイーツに共通するさらりとした甘さで暖かくこれは女子受けする事請け合いだ
是非とも食べてみてほしい

パッケージのいい店として予約管理がしっかりと行き届いている
つまらないと取るか並ばなくて良いと取るかはその人しだいだろう

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。