えんちゃんママの日記

赤ちゃんの妊娠から、育児の毎日を記録したいと思います。


テーマ:
家庭で無理なく、6歳までにひらがな、カタカナ、常用漢字が読み書きできるようになると言い切る。


天才児を創る!―親だからできる幼児の脳活性化法/三石 由起子
¥1,404
Amazon.co.jp


天才児を創る! 3歳児でも漢字がスラスラ書ける魔法のメソード/三石 由起子
¥1,512
Amazon.co.jp

・絵本は、読みやすいよう漢字にして大きな文字で書きなおす。
・歌も歌詞カードにして、漢字と大きな文字で書き直す。
・反対ことばは、英単語カードの要領で、表に「大きい」裏に「小さい」と書いたカードをつくる。
・助詞を教えるために、名詞カードと助詞カードを作って、遊びの要領で教える。
・動詞を覚えるために、絵本に出てきた動詞を抜き出してカードを作る
・「手をこまねく」のような決まり文句は「手を」「こまねく」という形にわけてカードにして、かるたにする
・上下左右を教えるのに、窓に動物を書き込んだアパートの絵を使う。
・文字でジグソーパズルを作る
・乱文字パズルをつくる(れいぞうこを「れうぞこい」と順番をバラバラにしたパズル)
・連想ゲームカードを作る(魚・わさび・醤油から、刺身を連想させる)
・そして、三石メソッドの中核である「POI」カードです。POIとは、一つの単語を4つの文で説明したカードのことです。ある親御さんはPOIを8400枚もつくったそうです。
ほかに、日記を書かせたり、地図を書かせたり、手先を鍛える遊びや、いろいろなことをやらせています。



天才児を育てる魔法のカレンダー―家庭でできる英才教育の12ヵ月メニュー/三石 由起子
¥1,337
Amazon.co.jp

お受験のカリスマが、子供の能力を開発する12ヵ月の学習メニューを大公開。
著者の「天才字を創る」では、漢字カードが中心に早期教育が語られていましたが、今度は少し進んで、POIというカードを使った語彙の増やし方を中心に、家庭での英才教育の方法が書かれています。
著者は、早期教育のポイントはまず、語彙を増やすことからと考えられており、語彙を増やすことによって、読解力を高め、知識を増やし、自己表現力も高まるとしています。(と私は読みました。)
子供たちの言葉は待っていても増えない、それを与えるために、著者はP.I.Oをいう教材を使って学習を実践することを提唱しています。
(この本には、P.I.Oのサンプルがいくつも載せられていて、ここの部分だけ使用してもヨイと書いてあります!)



0歳から天才児に育てる魔法の遊び (天才児をつくるシリーズ)/児玉 光雄
¥1,080
Amazon.co.jp

詰め込まなくても天才児になる 0歳からの才能を伸ばす心がけ/スキンシップを楽しみながらできる 天才の芽を育てる親子の遊び/子供の心と脳がぐんぐん育つ! からだと五感を刺激する運動遊び/遊べば遊ぶほど効果が大きい 勉強が得意になる魔法の遊び


天才児を育てる魔法のあそび/著者不明
¥1,188
Amazon.co.jp

自宅でできる超簡単な”遊び”の中から子どもの脳や身体を鍛えるトレーニング本。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kaoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。