2013-02-16

コパン、お星様になる

テーマ:保護犬

すでにご存じの人も多いと思いますが、

CATNAP時代、東京都動物愛護相談センターから引き出して
里親募集中だったコパン が亡くなりました。


本日11時に荼毘に付します。
仕事で行けないので、追悼の意味を込めて・・・・


ここ1年半、たくさんの可哀想な状態で
引き出して来た子がいたけれど、


コパンほど可哀想な状態だった子はいなかったな、
と思っていました。


(引き取り時の様子はこちら )
http://ameblo.jp/kate2007/entry-11064334063.html


ケイトログ「夢が叶うまで」

2012年5月のコパン


現在、毎日でもお会いできるくらいに
元気になられた代表ですが


コパンの収容当時、本当に体調がよくなく、
メールでしか連絡が取れなかった時期がありました。


その中で、想像を絶するほど状態が悪かったコパンは
預かりさんも見つけられなく・・・・


「東京にもあんなに酷い状態の子がいるんだね」
誰かとそんな話をしたことが何回もありました。


当時の東京責任者はたまびんごさんと私で

二人の間で、他にも検討犬がいる中で、あの子の引き出しは
無理だろうと暗黙の了解のようなムードでした。


一応、気にして毎週、センターに残っている子として
ヒアリング報告はあるもの、なかなか引き出しができなく、

3週間ぐらい時間が経っていきました。

ケイトログ「夢が叶うまで」


東京都の収容犬がたまってきて、
オファーのない子が何頭もいる中で


この子のお世話は半端じゃなく大変だろうと・・・・


少なくとも自分では即答で「無理」でした。


当時は特に、本当に状態が悪い子を引き出す時には
そこまでの責任をスタッフが判断できなく、


最終的にはどの子も
「私の所に置くから引き出してちょうだい」という


代表の言葉を、どのセンターの責任者も
待っていたのかもしれません。


そんな時に代表が、
「あのシーズーを預かれる人は東京にはいないのよ・・」と
誰かに話していたのを聞き


「預かりさんさえいれば、代表は引き出すつもりなんだ」と思いました。


いや、東京には預かれる人がいないんじゃなく、
あまりにも状態がひどいから誰にも聞くことができなかったんです。

ケイトログ「夢が叶うまで」


たまびんごさんは、自分にもできないことを

他の人にお願いできないと言っておりました。


長く考えましたが・・・・


すでに信頼関係を築いてきた(と私は思っている)

らりっちょさん、あーささん

このお二人しかいないとダメもとで相談しました。


それが私のCATNAP(現アルマ)での役目だから


もし誰かが「自分にもできないことを他の人に
押し付けるなんて」って言ったとしても


それで命が救えるのなら、自分は何を言われても気にならない。

そう言い聞かせて。


ケイトログ「夢が叶うまで」
お蔵入りだった卒オフの写真

そしてお二人とも

「他に誰もいなかったら」と快くOKしてくださったのでした。

本当に嬉しかったです。

情報では酷い悪臭(アカラスの為)とのこと。


らりっちょさんはトリミングの
営業しながらのお預かりだから支障があると
申し訳ないからと、あーささんに白羽の矢がたったのです。


(実際に初めてコパンに会った時には絶句、だったそうですが・・・)


それからは、思った通りに状態が悪かったコパン、


年中、病院通いと毎日のお世話、気の遠くなるほど
お世話をかけっぱなしで、


どれだけお礼を言っても頭が上がらないくらいでした。


でも、コパンの預かりに手を挙げてくださった
らりっちょさんも同じく、こんなに皮膚の状態が悪い子は


本来ならばいつでもシャンプーできる環境にある自分が
預かってあげたかったという思いが内心、
あったのかな、と思いました。


それとこのお二人、あーささんが迎えたつぼみちゃんの
元預かりさんと里親さんという
親戚みたいな関係ということもあり


双方のコーディネーターをやってどちらとも
かなり親しい間柄になっていた私を通り越して


強い絆が結ばれて、本当によき理解者、相談相手
そして皮膚のケアのお手伝いをしてくださっていましたね。

ケイトログ「夢が叶うまで」


2012年1月のコパン


あーささんからは、2週に1回、コパンの通院報告を
聞いていました。


皆がコパンの死を「びっくり」「信じられない」というけど
私はコパンが相当悪い、かなり状態が悪い、

危ないんじゃないかとずっと思っていました。


でもそれでも今までは、不死鳥のようによくなって・・・
を繰り返していたので、「死んじゃう」なんて
1度も思わなかったのです。


多分、あーささんの明るくて面白いブログからは、

コパンがずっと元気だよ、
コパンが死ぬはずがない、と
皆に思ってもらえていたと思います。


でも、そんなコパンの状態も次の奇跡は
起きなかったようです。


ケイトログ「夢が叶うまで」

あーささんより一部写真を拝借


「今までとは違う呼吸なんです」


あーささんから電話が。


こんな日に限って1年半も通ってきた協力病院がお休み。


それでも先生の携帯電話に繋がることもあるので
しつこく電話をかけました。


あーささんには他の病院どこでもいいからと
当たってもらいながら、


無駄だとわかっていてもいつもの病院に何度も何度も電話をかけました。
前に、先生が出てくれたのに・・・と思いながら。


あんなに長いことお世話になったのに、最後の最後、

肝心なところでコパンのお世話が出来ないなんて、

先生も看護師さんもがっかりするだろうな・・・・と
頭にちらっと思って。


やっと、らりっちょさんサロンの近くの
つぼみちゃんが通っている別の協力病院に連絡が取れたと

代表からの連絡が。


とりあえず行っていただいたけど
すでに肺水腫を起こしていて・・・・・・
あっという間のことでした。


ケイトログ「夢が叶うまで」


最期は、駆けつけたらりっちょさんとあーささん、
オットチャン(ブログに出てくるご主人)に
見守られて旅立ちました。

たくさんの人がコパンの死を悲しんでくださっていて
ご縁は見つけられなかったけど、でも幸せでよかった。


ご支援もたくさんの人が送ってくださったから、
本当にありがたかった。

たくさんの方が応援してくださっていたので、

私はコパンに関しては表面では見守っていただけでした。


あまりブログで応援しなくて冷たいと思われたかも
しれないけど、その代わりアピール少ない子を
応援しなくてはと思っていたので。


一生懸命コパンを紹介してくださったあーささんと

応援していただいた皆さんに心よりお礼を申し上げます。


コパンを預かってくださったのが、あーささんでよかった。

あーささんがいなかったら、助けられなかった命でした。


ケイトログ「夢が叶うまで」



**********************************************


昨日、あーささんからメールが入っていました。



お疲れ様です。

おとといはありがとうございました。

コパンですが、明日の11時に荼毘に付します。

コパンは、我が子として送らせて下さい。

コパンと会えて本当に良かったです。

コパンを助けて頂き、ありがとうございました。

最高の一年四ヶ月でした。


あーさ


ケイトログ「夢が叶うまで」
引き取り時のコパン


あーささん、メールをありがとう


あーささんは覚えているかな。

ロッタのトライアルともみちゃんのトライアルが終わった後、

「私、ケイトさんからずっと離れませんから」って言ってくれたこと。

すごく嬉しかったです。


あんな時もあったけど、今は十分一人立ちできていたよね。


あーささんは、コパンのお世話が大変だったとは

1度も言わなかったね。


それどころか、この前亡くなったコパンを抱いて

「コパンとの1年4カ月、面白かったな~

明日からどうしよう」と。


本当に、面白かったのは、本心なんだろうね。


コパンのご冥福をお祈りします。

あーささん、お疲れ様、ありがとうございました。



「最後の砦」を有言実行できたコパンの話を

たくさんの人に伝えたいポチをお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ  にほんブログ村 犬ブログへ




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ケイトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:無題

>あーささん

汗、汗でした。
たえさん、ごめんね~

決して、唯ちゃんとコパンの顔の見分けがつかないわけではなく、
昨日も下書きは終わっていたものの、仕事から帰って里親会行くまでの30分編集して、
過去ブログから写真をピックアップするのに
よく見もせず白黒だけでバシバシ写真を使ったんですよ。
そう。私ってこういうやつですよ。やっぱ天然かな~

でも救いは先にコメント入れてくれたpeachさんも気付かなかったこと。
お蔭で、お蔵入りしていた卒オフ写真から
コパンを探し出しました。
もしかしたらコパンがこのお蔵入りの写真を出せ~って、しむけたのかも。

お蔭さまで他にもたまっていたコメント返しまでできちゃったのでありがとうです(笑)

3 ■Re:無題

>peachさん

いつもご訪問ありがとうございます。
コパン、好きだったという人多いですね。

2 ■無題

ケイトさん、コパンの記事ありがとうございます!
引き出しの日が、もう、5年くらい前みたい。
それだけ濃厚な日々でした。
楽しかった!!!
最初は、大変で大変で。いつ死んじゃうかと心配で夜も眠れないほどの状態で。
あたしには役不足じゃないか?と思った時もありました。
でも、ケイトさんが信頼して任せて下さったから、コパンは助かったし、結果、私も幸せな日々を送れました。
そうそう!唯君の写真が2枚映ってるけど、まさか、、コパンと勘違いしたかしら(笑)???
そういうケイトさんの天然なところが、ケイトさんのチャームポイントですよ~。
本当にありがとうございました。

1 ■無題

コパン大好きでした

コメント投稿