2008-05-17

5/15搬送。少しでも多くの人に知っていただくため、ここからも発信します。

テーマ:保護犬

5/15.

この日、他のスタッフが東京都動物愛護センターから引き取った子を、

トリマーさんであるカコさんの所でトリミングを終え、

協力病院へ私が搬送。

柴♀元気でした。

ヨーキー♂。ガリガリ・・・

骨と皮のような身体です。

一体何日ご飯をもらえなったの?

悲しくなりました。

この子は里親会の日、ここから調布まで搬送予定。

預かりさんへと移動します。

こちらはビビリさんのヨーキーMIX♂

この子も骨と皮です。アバラがつかめました。

胸が痛みました。







でも皆、人間が好きなようです。

この子はカコさんの所にプチお泊りし、後日渋谷区の預かりさんに移動予定。


みんなたくさんおいしいもの食べさせてもらってね。


そして葛飾区の協力病院へ。

病院はとても混んでいました。


そこで待ち合わせをしていた代表と小梅さんがいない。

どこに行ったの?犬を2匹も連れて行ったというのに・・・


探すこと数分。

柴子ちゃんを引いて、もう一度病院の外に出ると、私を呼ぶ人が・・・・



                      ↑   代表と小梅さん


お二人で何しているの?

と思ったら、キャリーの中にうずくまって動かない

黒い物体の毛をカット。


代表「こんな状態で・・生きているの。犬よ」


同日、千葉県動物愛護センターから引き取った、

当初シーズーだと思っていた子(しかし、この状態では何犬かもわかりませんでした)。

本当にこれまで見たことのない物体、と言っても言いすぎではないくらい

何ともいえない状態です。

何にたとえたらいいでしょうか?

不謹慎ながらも、掃除機の中によくある吸い取ったゴミの塊のようでした。



しかもこれ、白いのなんだかわかりますか?

蛆虫です。

代表と小梅さんは病院の外で、一匹ずつ蛆虫をピンセットで取り、

塩素の入ったバケツにいれ、毛玉を手当たり次第カットしていきました。


あまりにも酷い毛玉な為、触るだけでこの子に激痛が走り、

麻酔をかけてから病院で丸刈りにする予定でしたが

この状態で麻酔をかけたらこの子が死んでしまうとのこと、

とりあえず、他の患者さんで混んでいる病院の中に、

すぐに入れることができず、
待っている間、少しでもハサミとピンセットで毛玉をカットしようと

二人で奮闘していたのでした。


この時の引取りからの様子は小梅さん のブログにアップされています。

http://black.ap.teacup.com/applet/koume/20080516/archive



以下、小梅さんのブログよりお写真拝借。

最初、こんな状態で保護されました。


歩くだけでも激痛が走るようです。

こんな状態にしたのは人間です。

世の中で、人間ほど残酷な生き物はいないでしょう。


でもきっとこの子も・・・・

センターから出してくれた人間に、

ピュアな心で感謝しているのです。


      毛玉カット後   →


私は途中で帰ってしまいましたが、この後

看護婦さんや知り合いのボランティアさんが

カットを手伝ってくださったそうです。








どこにあるのかわからなかったお顔が見えました。

皮膚の状態はまだまだ酷いのですが、

一命を取り留めました。


何犬かもわからない状態でしたが、シュナ×マルチーズmixだそうです。


今まで苦しかったね。よく我慢できたね。

これからは、失われた空白の時間を埋めようね。

幸せだけが待っているよ。


この子の名前は代表がドロシーとつけました。



リハビリ後、どんな可愛い姿に変身するでしょうか。

楽しみです。


ブログ村からお越しくださる方にも、是非知っていただきたい現実です。

ポチッと応援お願いします。

              にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

ケイトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]