里親会の報告とパピヨン♂アルバート

2009-12-11 テーマ:ケイト・ファミリー
里親会では皆さんのエールをありがとうございました。


ミルティには数件の応募があり、これからお見合いを

予定しています。


2度目のトライアルに向けて、


ケイトがこれまで以上に慎重なため、

少し時間がかかっていますが


応援してくださった皆様には感謝しております。


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

しかし決定ではありませんので、

安易な報告はできません。


今しばらく見守っていていただければと

思っております。


里親会の前に目黒区のラブママさんから


保護犬にたくさんのクリスマス・プレゼントが

送られてきました。


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

ミルティにはサイズがぴったりな

こんな可愛らしい冬のコートを


いただきました。


ラブママさん、いつもありがとうございます。


送っていただいてお洋服は

里親会前にCATNAP掲示板で


紹介させていただきましたが、どれもこれも

悲鳴が出るくらい、可愛かったです。


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

ふと、


「ケイトは、ラブママさんからいただきすぎ。

遠慮しなさいよ。

もしかしたら、ラブママさんもそう思っているかも?」


という自問自答が聞こえてきましたが・・・・


ラブママさん、女の子の可愛いお洋服が多く、


私としてはめったに預かれない女の子の時こそ

「可愛いもの」にあやかりたいと。


ちなみに昨年は男の子だったので、遠慮いたしました。


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

ミルティのキューブベッドとピンクがお揃いで、


ふわふわがとっても似合っていて

超~ラブリーですラブラブ!ドキドキラブラブ


こうしてこれからの寒い季節の防寒は、必需品なんですが


預かりママが毎回、自前で準備するのは

ちょっと大変なんです。



特に、年間切れ目なく預かりママを続けている人は

防寒用コート、トイレシート、フード、おやつ、レインコートを


ご支援でいただくのは大変助かります。


しかし、たっぷり楽しませていただいた後、

お嫁入り道具として持参しますよ~


ケイトログ「夢が叶うまで」 ケイトログ「夢が叶うまで」












タッチ、空ちゃん、しっちー、


いいところまで行きましたが、

残念ながらご縁につなげることはできませんでした。


振り出しに戻りました。


里親会には都合が悪くて、「出遅れた」と

思った方がいらっしゃいましたら、


再度ご検討ください。


まだまだクリスマス、お正月には間に合います。


よろしくお願いします。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・



この1枚は幸ママさん撮影。

あまりに可愛いのでいただきました。


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

10月中旬にセンターから引き出した


パピヨン♂アルバート


9~10才と高齢だし、


「誰か預かれる人いますか?」と代表から

こっちのグループに連絡が入ったものの


「預かりママに立候補したばかりのkappaさんが預かれます」


という回答に、


「新人さんの所に高齢の子だと、なかなか

決まらなかったら申し訳ない」という代表の懸念。


(注・kappaさんは、ケイトがコーディネートした

卒業犬ぴょん吉の里親さんです)


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

う~ん、でも、いい子で健康だったら大丈夫なんじゃないの?と


色々悩んでいても、預かりさんがぎりぎりの

自転車操業なんだからと


それよりも、もしもいつまでも決まらなかったら


kappaさんが2匹目として迎えてくれるかもという


kappaさんをよく知っている私の邪な思いもあって、


お預かりがスタートしました。



ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

いざ、高齢だからおとなしいだろうと軽く考えて


アルバートをお迎えに行った私たち。


会ってみたら両者とも


「可愛い~ドキドキ」って、すでにアマアマムードの予感。


しかし、初日kappa家におじゃまして数時間経ったときに


「こいつ~、お口が出るパピ?」なんて発覚!


ちょっとでも気に入らないことがあると

シャアシャア恐い表情になるよ。



ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

ぴょん吉がそうだったけど、パピヨンのガウ保持者(犬)って面白い。


最初はとても「人が好き」ぶりを発揮。


愛嬌振りまいて、その日のうちに(もしくは翌日から)ガウ本性を暴露。


しばらく我慢~ってできないのね。


まあ、CATNAP卒業犬のパピヨンの最強は

きっとぴょん吉だろうから、


(ぴょん吉とは目が合っただけで、油断するとやられてしまいます)


その飼い主のkappaさんなら、何てことないだろうと


全く心配もせずに


「後はよろしくね~」って置いてきましたが




ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

お見合いのときの里親さんとkappaさん


翌日の電話では、


「シャアシャア、がぶがぶありますが、

目が合っても噛み付かないからいい子です。


噛まれてもぴょんなら流血するところ、


内出血だけで済みます。」と

ケイトファミリーのガウッ子組らしい話が(笑)

ちなみにこのkappaさんは、空ちゃんにプチガウがあると


聞いたときに、


「プチガウって、週1流血ぐらいですか?」という


爆笑名言を残しています。


(注・ケイトの認識ではプチガウって流血なんてないガウのことです)



ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

昨年、私が預かっていたチャンプです。

預かりが始まって間もなくのこと。

チャンプ里親さんであるFreebirdさん から、

降って沸いたようなお話が。


「ご近所のTさんより、犬を迎えたいという

相談を受けました。


Tさんは、高齢のご夫婦ですが、高齢の子を希望しています。

犬を迎えることはできるでしょうか」


といったような内容だったと思います。


Tさまのご年齢なら、会でも譲渡は微妙なところ

後見人がしっかりしていれば問題ないのですが


その子を預かっている預かりさんの考え方によっては

ご縁に繋がらないことも多々です。


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

Tさまは

1、後見人がしっかりしていること


2、アルバートはパピチワポメの特徴で、

シiャカシャカしているけど、やはり高齢なので

まったりしている時間が多いこと


3、甘えん坊なこと


以上のことからシニア世代の落ち着いた環境に出したかったこと


T様が「高齢の子を望む」と言ってくださったことで

何とかしてあげたいと思いました。


たくさんの里親さん対応をしていると

ときどきすごく高齢の方のお申し込みをその息子さん、


娘さんからいただきますが、

そういう人に限って若い子を望まれることが多いのです。




ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

里親さんと息子さんです。
ただ一つ、私が「大丈夫かな~?(-"-;A」と懸念していたことが。

Tさん、今まで小動物は数々扱ってきましたが、
何と犬歴がないのです。

そういうご家族にプチガウ 以上の アルバート、大丈夫?あせる

代表に報告するときにも

「アルバート、空ちゃん以上のガウです(汗)
お洋服を着せることができません」

という私のメールに、代表もとても心配したと思います。


しかし、高齢者の方が覚悟をして「高齢の」犬を迎えるということは
若い人以上にゆるぎない強い気持ちがあったのです。


ケイトログ「夢が叶うまで」 border=

アル「バイバイ兄ちゃん。可愛がってくれてありがとう」

こういうガウッ子のトライアルには少々慣れている私は
いつもこう言います。


「最初の1週間は抱っこしたくても我慢してください。

そう。昆虫だと思って、ご飯とお水だけ与えて、

リードはつけっぱなしで、見るだけで楽しんでください。

そのうちに、だっこだっこ~って来ますから。

そうしたら初めて抱っこをしてみてください。」


↑アルで確信して、現在空ちゃんで応用中。

(ガウッ子をお持ちの皆さん、誤解のないように。
これはあくまでの、何十回とお見合いで失敗をした私が生み出した
究極の「初心者にガウッ子を里子に出すためのガイダンス」です。)


ケイトログ「夢が叶うまで」

2週間経って無事にkappaさん、チャンプママ経由で
アルバートの正式譲渡のお申し出をいただきました。

心配していたガウについては

「犬が怒るのはそれなりの理由があるからですから」。
ゆっくりとお友達になりたいです」とのこと。

アルバート、kappaさん、Tさん、おめでとうございます。

チャンプママ、いろいろとありがとう。
そして皆さん、お疲れ様でした。

トライアルの日の返り、チャンプの家で、
可愛いチャンプの写真をたくさん撮りました。

次の日記でアップしますね。


アルバートは、センターでどこからもオファーがなく
高齢ということで引き取りボーダーラインでした。

CATNAPは東京都のセンターにおいては、
どこからもオファーのなかった子の引取りを検討する団体です。

一人でも多くの皆さんにお伝えするために
ポチッと応援をお願いします。

           にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)