片山大介のブログ

日本維新の会 参議院議員
片山大介のブログです。


テーマ:

 

 

新年を迎え、早くも10日が過ぎました。ことしは兵庫にとって節目の年になります。

神戸港が開港150年目を迎えたほか、知事選や神戸市長選などが行われる“選挙イヤー”でもあります。

          


今回は、その節目の年への決意について書きます。

       


     

【気になるトランプ氏の就任】


     

この1週間、各地の「新年会」にお邪魔しています。皆さんからは、「ことしはどんな年になるのか」とよく聞かれます。特に経営者の方は、アメリカ次期大統領のトランプ氏が、日本に対してどのようなカードを切ってくるのか気になっているようです。


     

たしかに、ツイッター上で、一企業のトヨタ自動車を名指しし、『メキシコでの工場建設計画を撤回しなければ輸入税を課す』と脅しをかけるなど、何をするか分からないところはあります。


  

私は、「就任前だと責任が伴わないことを承知で、いろいろ発言しているのではないか。就任後は現実路線へと変わり、少しはおとなしくなると思う」と答えていますが、先行き不透明なのは確かです。日本政府も、しばらくは手探りで対米政策を進めていくことになると思います。


  


    

【自治体ごとの知恵比べが必要】

   


一方で、私が皆さんにお話しているのは、「人口減少が進むなか、自治体や地域ごとの創意工夫・知恵比べが一層必要になる」ことです。


    

兵庫県の推定人口の最新データは約552万人。平成21年の560万人をピークに、毎年減ってきています。さらに、兵庫県への転入と、兵庫県からの転出を比べてみると、転出の方が7400人も多くなっています(全国ワースト2位)。


   

残念ながら、この先、長期にわたって人口回復の見込みのないのが実情です。


     

だからこそ、各地域の創意工夫が必要で、私ども『日本維新の会』は、そんな自治体を応援できるよう、法整備・改革を進めていきたいと考えています。


    


具体的に言うと、東京ですべてが決まる今の仕組みを変えていくことで、自治体に課税権や立法権を与えて、自由に意思決定をできるようにすることです。

    


それぞれの地域が活力を取り戻し、その果実を住民生活の豊かさに還元できるような社会にしなければいけません。



   

    

【兵庫にとっては節目の年】


   


さて、兵庫にとっては、ことしは大きな節目の年です。


    

まず、「神戸港」が開港150年目を迎えました。神戸港は、かつてコンテナの取り扱い数が世界2位だったこともあるものの、阪神・淡路大震災の影響などで大きく落ち込みました。

    


その後、国の後押しなどもあって、徐々に回復してきてはいますが、かつての国際貿易港としての輝きを取り戻すには、物流機能の強化や効率化など、まだまだ課題があり、時間もかかります。


     

神戸市は、ことしの150周年に合わせて、「みんなみなとKOBE」をスローガンに神戸の魅力を発信するさまざまなイベントを予定しています。多くの観光客に来てもらい、神戸に活力をもたらすチャンスでもあります。私も、神戸の魅力を内外に伝えていきたいと思います。


     

そして、「スポーツ立県」を標榜する兵庫にとって大きな大会が、9月に行われます。


     

シニア世代のスポーツの祭典『日本スポーツマスターズ』で、兵庫県内の10市27会場で水泳やサッカーなど13競技を対象に開かれます。この大会は“シニア版の国体”とも呼ばれ、参加者が、順位を競いつつも、スポーツへの親しみを持ってもらうことを目的としています。


    

さらに、この大会は、4年後の2021年に兵庫を中心に開かれ、私も顧問の一人として名を連ねる『ワールドマスターズゲームズ』の前哨戦としても位置づけられているので、4年後の盛会に向け、盛り上げていきたいと思います。

   

   


【県内政局も注目】

    


そして、県内の政局も節目を迎えます。ことしは、▽7月の知事選、▽11月の神戸市長選をはじめ、18の首長選挙が行われます。実に、県内すべての自治体(41市町)の半数近くで行われることになります。


     

また、15の市議・町議選も行われます。兵庫にとっては、再来年の統一地方選挙より注目度の高い“選挙イヤー”になるわけです。

      


維新にとっては、ぜひ議員の数を増やし、来たるべき衆議院選挙や、再来年の統一地方選や参院選につなげなくてはいけません。


     

各選挙に対する、維新としての対応はまだ決まっていません。われわれは、国政もそうですが、県内政治に対しても是々非々で臨んでいます。県民、市民にとって、最善の候補者は誰なのか、じっくり考えて結論を出したいと思います。


    

    

【今月下旬からは通常国会も】

    


さて、今月20日からは国会が始まります。新年度の予算案をはじめ、重要審議が山積しています。少数政党ではありますが、臆することなく政府・与党に対峙し、皆さまの期待に応えていきたいと思います。


  

新しい年が、皆さまにとって素晴らしい年になりますよう、心からお祈りしております。


ことしも、どうぞよろしくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。