一音楽ファンとして

テーマ:
タワーレコード宇都宮店が閉店して早2ヶ月。砂時計
残務処理等で最終的に2月末近くまで出勤はしていたので、無職になって1ヶ月半ほどか。
いまだにフラフラしてます。UFO

元々、出不精で新しい事を始めるのがすごく苦手なので、働かなきゃとは思いつつ何をすればイイのか?ん~?ぐぅぐぅと家でボーッとする日々が続いています。あせる
ハローワークにも行かないと失業保険がもらえなくなってしまうので、カウンセリングがてら『相談』ってやつをしてこようかな?

今ではtwitterのTL上で新譜のリリースを知って『うわっ!こんなの出てるんだぁーっ!』!!叫びとitunesやyoutubeで試聴してアマゾンでポチるという生活。
タワレコに入る前はどうやって情報集めてたのかさえ忘れてしまっています。
ほんの3年ちょっとの話なのに…。ガーン


CD音譜タワーレコードは20代の頃からずーっと身近で通い詰めていたので、憧れの店でした。
ずらっと並んだCDにはスタッフの愛があふれ出る手書きコメントが付いていて、すごいなぁ~、かっこいいなぁ~、楽しそうだなぁ~とドキドキニコニコしながら試聴してた。
あそこに行けば私の欲しいCDがある!おまけにグッとくるCDに出会える!という絶対的信頼があったんだよなぁ~。


しかし、やはり中の人達は大変だったわけで…。
少し前から体制がずいぶん変わってきて、自由が利かなくなってがんじがらめの息苦しい状態になってきた。
不況とかCDが売れないとかいろんな会社としての問題(大問題です)はあったにしても…。


これは、3年ちょっとばかし内部を見てきて、偉そうに語ってるぺーぺーの戯言として聞いていただければと。
結局、思いながら変える事ができなかった負け組のグチです。しょぼん


都心部の店と地方の店では規模も違うし、条件やお客さんのニーズも違うと思うんですよ。
特に地方はそれぞれ特徴があるんだろうし。
それでも『タワーレコード』という名前に求めるものって根本的には同じだと思うんですよね。
他には無くてもココにはある!

正直、売れてるCDはどこでだって買えるし、大々的に展開しなくても売れる。
iTunesで試聴もできるしダウンロードすればスマホでいつでも聴ける。

そういった媒体にあがってこない、だけどとびきりゴキゲンで『おぉーっ!ラブラブ!恋の矢』てなるCDを紹介して『coldplayもイイけどこっちもね♪』的な新しい音をタワレコには求めてたんじゃないかなぁ?


宇都宮はメジャー級の大きなライブはないけど、クラブ級のライブは盛んだ。演劇カラオケ
インディーズのバンド達も多く、ライブの時に来店してコメントを書いてくれた人達がいっぱいいた。
はっきり言ってそういうバンド達の音源は大手の音楽配信サイトにはあがらない。
そんな地元に密着してる音楽こそ大事にして、紹介しなくてどーするの?!パンチ!!!

どメジャーのCDが売れなくて、上から売れ!売れ!とせっつかれる。
他では売れてもウチじゃ売れないものだってあるだろう!
お客さんの求めてるジャンルはそれじゃないんだよっっ!
でも、メジャーのCDが売れないからその店は売れない店のレッテルを貼られて、本来その店で売れるジャンルの入荷が制限される。

結果、売り上げが悪い店になる。
どメジャーのCDばっかり並ぶつまらない店になる…。ダウン


もちろん、肝心のその推したいインディーズに関して勉強不足だった事は認めます。
でもね!もっとそっちに力を入れたい!って時に縮小要請が来ちゃってね…!


ホントに、当時私の好きなバンドの新譜はほとんど初回入荷数0だった。しょぼん
いつも自分用にオーダーして、後からこっそり店頭分もオーダーしてって担当さんにお願いしてた。
できれば展開できるだけの数を入荷してコメントとかもちゃんと出して売りたかったなぁ。
コーナーとか作ってさ、まぁ自己満足だけどね♪

もう今となっては…ですよね。


はは




あ~!もう、経営のノウハウがあれば自分でレコ屋やりたいくらいです。
あ、経営力と資金力。


だめだぁーっ!ショック!あせる

AD
さてさて、4/14(土)の夜は渋谷Edge Endにて不定期開催のパワーポップDJイベントSWEETER THAN RADIO vol.5でしたーっ!ヘッドフォン音譜

twitterのつながりで始まったこのイベントも不定期ながら1年を過ぎ5回を数える今回はお客さんも30人越えアップと大盛況でした!クラッカー

ご来場いただいたお客様、ありがとうございました!!
DJ各位、お疲れ様でした!!

毎回思うけど、今回もホントに楽しかった!合格合格合格

正直、他のみんながかける曲とか知らないのばっかりなんだけど、イイ曲ばっかりで。
知らない曲がかかっても全然苦じゃないし、むしろ楽しくてしょうがなかった。
これってスゴイ事だよねぇ~。ほんと、みんなツボを押さえてるわぁ~って感じだった!グッド!

お客さんもやっぱりtwitterつながりの人が多かったので、初めて会うフォロワーさんとか、もう顔見知り(私だけ?ww)の人とか。
同じ趣味でつながってる人とは壁が無くてイイなぁ~と思いました。
私の人見知りもここでは徐々に克服できているかなぁ?と。べーっだ!あせる

みんな楽しいお酒だったみたいでビールドンッヨレヨレだったり上半身裸だったり大合唱だったりと、ホントに楽しい夜でした。音譜音譜

また、こんな楽しい夜が来るコトを待ちわびています!ニコニコ


おとや音吉 KATATSUMARI-STR5 yuzukichi おとや音吉 KATATSUMARI-str5   




以下、今回の私のセットリストです。



☆part.1☆

The Fastbacks / Apologies
bis / Shopaholic
The Flamingoes / Teenage Emergency
Elastica / Connection
The Killer Barbies / No Waves
Cartoons / Witch Doctor
Toy Dolls / You Won't Be Merry On A North Sea Ferry
Pickled Dick / Mike & Angelo
OK Go / You're So Damn Hot
Supergroupies / Bouncin'



☆part.2☆

Allister / Sakura
放課後ティータイム / GO! GO! MANIAC
Twinklestars / プリーズ! プリーズ! プリーズ!
原田知世 / ロマンス
Styles / Sex
Weezer / Buddy Holly
Calendars / You Are Gone



part.1は早めに出番が回ってきたのでちょっと多めにかけさせていただきました♪

ずっとかけたかったcartoonsとpickled dickがかけられて個人的にガッツポーズ!
ちなみにpickled dickはmike TVの前身バンドです。曲はmike TVのまんまなんでお好きな方は是非チェック!d(。ゝω・´)

そしてきっちりスウェーデンのSupergroupiesでpopsiclerさんに引き継ぐこの流れ。
どーよ?!


皆さん、気付いてましたか?

part.2が桜仕様だったというコトに…!

まずAllisterは森山直太朗『さくら 独唱』のカヴァー。
そしてこれもずっとあたためていた放課後ティータイム!この曲はホント名曲っス。そんな彼女達は桜ヶ丘高校ですね♪
更にTwinklestarsは、さくら学院バトン部!
どーよ?!d(。ゝω・´)

更に今回、どうしてもかけたかったのがCalendars / You Are Gone。
タワレコ宇都宮店にと作ってくれた愛溢れるコンピCD。
実はいろいろあって、いろいろ大変だったんですけど、ほんとに嬉しくて感謝の気持ちでいっぱいです!
そして何と言っても曲が素晴らしいっ!!!
個人的に卒業ソングとしてかけさせていただきました。(T_T)

AD

SLEIGH BELLS

テーマ:
おとや音吉 KATATSUMARI-sleigh bells


   TREATS (2010)

*・'゜☆。.:*:・'゜☆・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆


現時点で2010年ベストアルバム最有力候補の1枚!
久しぶりに1曲聴いた瞬間にうおぉーっ!と鼓動が早くなるのを感じ、アルバム発売を待ってソッコー買い、何度聴いても飽きないハマりようです。


ここ数年話題のバンドを大量生産してるブルックリンで2008年結成
guitar&productionのDEREK MILLERはPOISON THE WELLというハードコアバンドのギターだったが、SLEIGH BELLSで活動開始後、バンドは正式に解散している。
ホントかどうか知らんが、レストランでvocal、ALEXIS KRAUSSと出会ってバンドを結成したそうな。


M.I.AのレーベルN.E.E.Tからデビューって事で、M.I.A直系とか言われてるけど、個人的には違うと思うんだよなぁ~?
M.I.Aは民族系の音というか土に根付いてる音って感じだけど、SLEIGH BELLSは温もりや懐古といったものが一切感じられない。

感じるのは
こういうのを激情って言うんでしょうね。

耳をつんざく、割れ気味(っていうか割れてるし)のドラム。
グラインダーと共に力任せにかき鳴らされるギター。
脳天気なチア声のコーラスに、妖艶な小悪魔ボーカル。

音数は決して多くなく、むしろスカスカ。
ユニゾンに近いカタチで、全ての音が一気に体に流れ込んでくる。
あまりに強烈なインパクトで強引に、しかも予測不能な幅の広さで変幻自在に入り込んでくるので抵抗するスキが無い。
もう、この攻撃に身をゆだねるしかないのだ。


このアルバムを聴いていて映画『時計仕掛けのオレンジ』を思い出した。
悪のかっこ良さ、暴力のかっこ良さを感じた。
ある意味、無邪気で素直に感情表現したら…そーなるんですよね、きっと。
たまに、思いっきりモノを投げつけたら気持ちいいだろうなぁ~とか考える事あるもんね。


とにかく私はこの音にすでに中毒症状です。
しかも聴いてるウチにどんどんボリュームが上がっていっちゃってヤバい。
あー、ハラに響くぐらいの大音量で聴きたいよぉ!

このテの曲には珍しく1曲が2分代と短めなのも個人的に嬉しい。
これも、元ハードコアの勢いなのか?






SILENT ALLIANCE

テーマ:
$おとや音吉 KATATSUMARI-silent alliance


   THE SPIRIT OF AN AGE TO COME (2008)

*・'゜☆。.:*:・'゜☆・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆


2006年、スウェーデン人のvo.Philip Ybring(フィリップ・イーブリング)を中心にロンドンで結成された5ピースバンド。
結成から2年でこのデビューアルバム?!ちょっとビックリですね。

某CD屋の試聴機で見かけ、何気なく聴いた途端に脳内は一気に80's!
霞のかかった春の空、若葉を揺らす風を感じました!ネオアコです!

1曲目♪degrees of separation♪のイントロからいきなりキラキラ!
ズンドコ気味のドラムに線の細いvoが重なって、もうツボの三点倒立やーっ!なんぢゃ?そりゃ。

本人達もTHE SMITHSやNEW ORDER、DEPECHE MODEの影響を公言しているようで、そりゃー80'sなハズですわ。
2曲目♪hollow talk♪のリズムとギターなんてモロTHE SMITHSだもの♪

クラブの80's企画で紛れてかけても絶対違和感ないっしょ!
ICICLE WORKSとかと一緒にかけて欲しいなぁ。(たまにvoの声がイアン・マクナブ系になる)

かと思えば、♪permafrost♪ではソフトロック、シングル・カットされた♪cities on fire♪はちょっと異色のアップテンポな疾走系
cities~から入った人がこのアルバム聴いたらどーなんだろう?評価が二分しそうな気がするなぁ~。
私はアルバムから入ったので『おっ。ノリノリだぁ~♪』って感じだったけど。

そしてラストの♪december eyes♪が美しい!
アルバム通しての流れがすごくスムーズで、結構すぐに先を急いで聴いてしまう体質の私でも1枚通して聴けます。
春から初夏にかけておススメの1枚。(霞がかかってるからね)



MySpace -Silent Alliance-