片山卓哉のブログ ~コンディショニングルームKATAYAMA~

埼玉県川口市にてコンデイショニングのお店を経営しています。
お店での出来事だけでなく、プライベートのことなど様々なことを発信していきたいです


テーマ:
腕の使い方続編です。

まずはじめに!

いろいろな場面での腕の使い方があるし、別にこうじゃなきゃだめだ!という考えではないことだけ認識していただきたいです。

ただ!!やはり理想はなんだろう!っていうのは気になりますよね。

自分も今考えうる理想は!と言うことはいつも探求しています。

こんなスタンスからの情報と思っていただき、このことにとらわれず、「自分にとっては」を大切にし、よりよい方法を見つけてくださいね。

すぐに思い浮かぶのが、スマッシュなど、オーバーヘッドストロークや、レシーブなどの腕の使い方ですよね。

期待を裏切り、今日は動く際の腕の使い方についてです。

まず写真を見てください。

これは結構調子の良い時のタウッフィックです。(相手はピーターゲードです)
上が動き出しの瞬間で、右斜め後ろの球を追いに行く場面です。









  

 これがその直後の動きです。

 
タウフィックが腕を変幻自在に使うのは、多くの方が承知かと思います。(知らない方はそのような選手と思ってください。

まあ腕の自在さでいったら世界一だと思うので、例には最適です。

動きだしのきっかけに腕の反動を極力使っていないです。(このあとも打つ為に腕をあげてきます)

もちろん腕の反動を使っても動けるし、反動使ったほうが良いという方もいます。

でも!タウフイックは動きと腕を分離させています。(動き出しは体幹からです)

見方を変えれば、だからこそ、腕が変幻自在に動かせるとも考えられますよね。

これは自分がよく言う、全体の関係性を見なくては「何かを阻害してしまう」ということにもつながります。

どういうことかというと、例えば動きに腕を使います。

そして動きやすくなります。(その人にとって)

でも腕を使ってしまうので腕の自由度が下がってしまう!!

こんなこともある可能性があるということです。

実際腕を動きに使う意識がある人は腕に力みがあり、脱力できていません。

その状態からショットを打っても威力は減ります。

イチローが言っていましたが、力が入っていれば、力は抜けていくだけだ!

脱力からの出力こそが威力を発揮する。

このようなことを言っていましたが、これはよく聞くのでなんとなくそう思いますよね。

ちなみにイチローです

 
左の捻りをいれ二番目~3番目は並進運動を行います。その時腕は後ろにのこします。

この肩甲帯と動きの分離こそがイチローの球を呼び込める強さではないかと思っています。

ほかの人がイチローのように体重移動をしてしまうと、腕も一緒に、もしくは腕始動になってしまい、球を呼び込めず差し込まれてしまうのではないかと思います。

このためほとんど人が体重移動をせず、体のツッコミを抑えるために後ろ足に体重を残すことを選択するのではないかと思います。

でも!

体重移動しないので足は遅く守備の反応も悪い印象です。

ちなみに今日の巨人戦でホームラン打った村田選手!

その打席しか見ませんでしたが、体重移動をどちらかというとしています。

体重移動をしっかりできる選手(体重が足の前内側部にのる)は脇がしまるのでは!と考えているので内角を巻き込んでホームランにすることがしやすいような気がします。(松井選手は踵体重傾向で脇が締まりにくく独自の工夫をしているようです)

そして!守備もよくファインプレーもしていましたね。

まあ!野球素人の言うことなので技術論はわかりませんが、体の使い方はそうなっていました。

で!このイチローとの共通点は!

動きのきっかけに腕は使っていないということです。(イチローはむしろ腕を残すくらいです)

話はバドミントンに戻しますが、まず動き出しにばかり目が行き、動き出しがよければ!と考えていると、また落とし穴が待っています。

その体の使い方はあらゆる場面で出てきてしまいます。

つまりスマッシュやレシーブも体幹主導ではなく腕主導になってしまいます。

これは損です!

ムチのように使うことができなくなるし、

力みも出てしまいます。

なにより体重移動がうまくできなくなってしまいます

この体重移動の話は、実際体重移動の練習をするとそれを阻害しているのが、広背筋など腕に関係のあるものが邪魔をしているからです(現象を見ていると)

逆説的に言えば完璧に体重移動ができる人が腕を自由に扱うことができるとも言えます。

また、先ほどの野球の話のように体重移動をしっかりし、中心軸が保たれていると、脇が締まる印象です。

体重は足の裏の前内足部にかかります。(これは有名な某野球理論でも言われているようです)

またまたイチローです

 
このように脇が締まります!

ちなみに!タウフィックを見てください!

脇が大きく開きません。脱力しているとも言えますが・・・

この動きはタウフィックの特徴である捻れの動作の割合より、並進運動(横へのスライド)が中心ですが、実際捻れを使うときも脇は締まります。

これは重要です。

脱力の観点からも言えますが、物体が回旋する際、その回りにくさをモーメントといい、その軸からの半径が大きれば大きいほど物体は周りにくくなるようです。

フィギアスケートの選手が、スピンのスピードを上げるのに、腕を胸にたたむのがその理屈からのようです。

細かい体の話になりますが、肋骨もこの瞬間閉じて幅を狭めます。

スマッシュを打つときも腕をたたみますよね。

あれもその効果が物理的にはあります。

速いかはいろいろな要因があるのでまた別ですが、回りやすくはなります。

まだまだ体幹主導ではないデメリットはたくさんあります。

物体が安定して立っているのは、重力保証をされているからですよね。

誰かが逸脱すれば誰かが逆の方向に保証します。

腕が遠く先に行くと体は残そうと体幹が調整します。

もしくは逆の手が上がります。(足かもしれません・・)

回りにくくなりますよね。(先程の半径の理屈からいうと)

回れないではないです。

回れますが回るスピードは下がるだけです。

回れない人は腕をきっかけにして回るしかないとも言えますが・・・

また、一番の問題が、重力保証に体幹が使われるので、動きへ使う割合が減ります。

これは考え方ですね。(使う上では)

最後は動きやすい方法を考えればいいので、理想にこだわらないのが鉄則です。

要は引き出しが沢山あればいいだけですよね。

ただ!!やはりデメリットは大きいです!

作れる方法がある!ということを条件とするならば、腕は極力使わない方法が良いです。

体重移動の質が上がらないことが一番の理由です。

先ほども言ったように、体重移動の妨げに腕が邪魔しているのをたくさん見ているからです。(この詳しい内容はまた・・)

では何を意識し、なにをすればよいか!!

腕主導をすべての場面で体幹主導に変えれば良いです。

これは競技中は難しいです。

例えば、体幹の回旋運動しますよね。アップなどのときに!

こんな些細なことでも腕主導ではなく、体幹の動きでします。

厳密には骨盤主導です。

上向きに寝て、膝を立て両手を広げます。

そして骨盤主導で左右に膝を倒します。

腕は床が動かさないので骨盤主導の練習に良いですよ。(膝先行もダメです)

いろいろありますが、変化走などのステップ練習の時もなどでも脱力し、体の動きで、腕はあとからついてくるような意識をしたりするのもいいかもしれません。

足を伸ばして座り、お尻歩きの練習も、よく腕を振ります。

腕は絶対使わず、体幹の動きだけで進みます。

本なんかを読みながらやるのもいいかもしれませんね。

とにかく、あえて腕は使わない練習をいろいろ考えてみます。

よく急ぎ足になるとき腕をすごい振って早歩きしたりしますよね。

体で生み出せないので腕を振り、体を回旋させ進もうとします。

動きに腕は「あえて」使わず、いざいうときの秘密兵器にします。

そして複雑な動きの中でも腕はフリーなので変幻自在なことができる土台はできますよね。

あと肩に力が入っていると疲れますよ!!

できれば脱力がいいですよね。

ちなみにタウフィックのこの動きは、バランスを崩し、次に立ち直るという、よく言われるパターンの割合は少ない気がします。

少しづつ重心を移動し、崩れる瞬間(コントロールできない瞬間)を極力なくし、安定肢位を動かしていくように思えます。

つまりこの動きを太極拳のようにゆっくりとも可能ということです。

もちろん空中動作をあえていれていいところは飛ぶような動作をしますが中心軸は保ち、崩れるわけではありません。

この動きを簡単に再現するならば、頭からスライドしたり、足からステップしたり、腕から動き出したりしてみてください。

そして最後に背中からスライドしてみてください!胸から移動するのも全く別になりますよ。

皆体が違うので体現できるかわかりませんが、なんとなくすべてが違うことだけは体現出来ると思います。

もしよければそのサイドステップの練習も良い練習になるかもしれませんね。

ふーーーー!!

きりがないのでもう終わります・・

まあこんな考えもあると思っていただければよいです。。

みなさん頑張ってください。


今日もお読みになっていただきありがとうございます
よろしければ下のいいね!やツイートで紹介していただけると助かります。
今後ともよろしくお願いします。
片山卓哉






AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

かたたくさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。