NHK「キッチンが走る!」放映から2日目。再放送の翌日の日曜日。トウモロコシ街道清水屋さんには前日以上にお客さんの長い行列ができていました。

トウモロコシ街道清水屋

トウモロコシ街道清水屋
正午の様子です。

トウモロコシ街道清水屋
駐車場に入りきれない車で道路横にも車が駐車し、道路にはスピードダウンして駐車場所を探す姿があリました。
隣のお店「金子屋」さんも自分で栽培した野菜を販売する農家直売所ですのが、この日はこちらのお店にもお客さんが立ち寄り、いつも満杯の野菜を陳列していた棚が空になっていました。秋になると大きな白菜が並びます。以前はレタス栽培を中心にしていましたので、どの野菜も立派に育てる専業農家です。

トウモロコシ街道清水屋
午後2時。「焼きトウモロコシ」を求めて並ぶ行列はまだ長く、約20人が待っています。

トウモロコシ街道清水屋

トウモロコシ街道清水屋

トウモロコシ街道清水屋
「トウモロコシ街道」は国道120号線(日本ロマンチック街道の一部)のうち、「東小川(ひがしおがわ)地区」の「焼きというもろこし直売所」の並ぶ地区です。
トウモロコシ販売を始めた創始者は今は亡き「星野雄三郎」さんですが、そのお店は今は「元祖屋園芸」として、山野草の販売ではその趣味の人たちの間では有名なお店になっています。
49年前の1965年10月7日金精道路の開通により、片品村から日光へ車で抜けられるようになり、東小川地区を縦断する国道に通過する車が増えたので、星野さんはトウモロコシ販売を思いつきました。最初は生のトウモロコシを戸板の上に置いておき無人販売でした。
現在は直売所の数も最盛期の半分ですが、自分で栽培した野菜を販売する農家のお店と、農家から購入した野菜を販売するお店があります。

トウモロコシ街道清水屋
午後4時。お客さんがだいぶ減ってきました。

トウモロコシ街道清水屋
農林水産省のHPによると平成21年度調査では「全国産地直売所の数16,816ヶ所。総販売金額8,767億円」となっています。
清水屋さんは元祖屋の星野さんから指導を受けながら直売所を始めた、歴史の長い農家直売所のひとつです。
以前はテレビ東京の番組「ドライブA GO! GO!」で、かぼちゃを取材する番組クルーが、このお店が一番かぼちゃの種類が豊富に販売していたので、トウモロコシとともに取り上げました。その放送直後から直接買いにこられない関西や中京地区のお客さんからFAXで宅配の注文が急増したそうです。
清水屋さんは農業とともに昔から酒屋さんもやっています。私も子どもの頃、家に冷蔵庫がない時代、真夏の暑い日には昼食後、親からもらった10円玉を握り締め、弟と一緒に金子酒店にアイスキャンディーを買いにいきました。
酒屋さんなのでビールを冷やす巨大な冷蔵室を持っており、発送するトウモロコシは収穫後すぐ箱詰めしてこの冷蔵室に入れておき、集荷のドライバーが冷蔵室からトラックの冷蔵庫に移して運んでいます。

トウモロコシ街道清水屋
清水屋さんでは生のトウモロコシはすぐに売り切れているので、これを求めるお客さんが「かたしなや」が野菜も販売しているのを見つけて立ち寄りますが、ここでは扱ってないことを知りがっかりします。トウモロコシの大産地でありながら、地元の基幹となる野菜直売所で扱ってないという、他の産地の直売所ではありえない事に、お客さんはさぞ疑問を持ったことでしょう。
この日、国道に巨大な野菜直売所の看板を掲げる沼田市の「尾瀬市場」は、生とうもろこしが完売したと聞きました。

放映から3日目。9月になり学校の夏休みも終わり、国道の交通量も減り、清水屋さんもいつもの状態になりました。
(撮影日2014年9月1日)  「山村写真家 金子大吉」





AD
NHKテレビ「キッチンが走る!」が放映された翌日の今日、トウモロコシ栽培農家のよう子さんご夫婦のお店は、満車でお客さんが沢山来ていました。

トウモロコシ街道清水屋

トウモロコシ街道清水屋
午前11時。朝雨だった片品にも日がさしてきました。土曜日でも午前中はまだ観光客の交通量が少なく、他のトウモロコシ街道のお店にはほとんどお客さんの姿がありません。

トウモロコシ街道清水屋
気分は杉浦太陽さんになって、みんな焼きトウモロコシにかぶりついていました。

トウモロコシ街道清水屋

トウモロコシ街道清水屋
午後2時。急に大粒の雨が降ってきました。こんな中でも次々と車がやってきていました。

トウモロコシ街道清水屋

トウモロコシ街道清水屋

トウモロコシ街道清水屋
野菜陳列の売り場には少しのかぼちゃが残っているだけで、ほとんど売れてしまいました。
焼きトウモロコシは七輪に炭火で焼いているので、焼きあがるまで時間がかかります。

トウモロコシ街道清水屋
雨の中でも焼きあがるのをじっと待っています。お店の中は狭いので代表の人が買いに来て、車の中で食べています。

トウモロコシ街道清水屋
清水屋さんはトウモロコシ街道の中では固定客が多く、お客さんが多いほうですが、これほどまでに一日中お客さんが途切れずに訪れ、駐車場が満杯だったのは見たことがありません。
杉浦太陽さんとフレンチシェフの乗ったキッチンカーが村内のどこを走っているのか見ていましたら、窓の外に私のトウモロコシ畑が映りました。

トウモロコシ街道
川場村から片品村に入るこの画像は村最大の畑作地帯「築地(ついじ)原」地区で、遠方に見える山は武尊山(ほたかやま)です。
放送スタートから10分48秒。次の画面で杉浦さんとシェフの会話が入ります。

トウモロコシ街道
「とうもろこし すごいですね」
「標高の高い所のとうもろこしですか」

トウモロコシ街道

トウモロコシ街道
52秒までの4秒間窓の外に映っているのは、台風で倒れる前の私の栽培した「畑の真珠といわれるピュアホワイト」でした。標高850mの地区です。
「トウモロコシ街道」といわれている国道120号線沿線のこの個所はほとんど人家が並んでいるので、道路に面したとうもろこし畑は他には見かけません。

清水屋の桜

よう子さん夫婦の家の周囲は桜の木が多く、私のこの畑のそばにあり、毎年5月の大型連休に見頃となるため、車を止めて写真を撮る人の姿を見かけます。

清水屋の桜
以前よう子さんにお店「清水屋」の名前の由来を伺いましたら、店の道路反対側の所有する杉林に清水が湧いていたので、この名前にしたそうです。

清水屋の桜
いつもは「ソメイヨシノ」の花びらが散ってからピンク色の濃い「シダレザクラ」が咲きますが、今年は雪解けが遅かった為か、同時に満開になりました。(撮影日5月2日)

清水屋の桜
個人宅でこれだけ多くの桜を見られるのは珍しいので、人に説明するときに名称があったほうが良いとよう子さんに聞きましたら、「清水屋の桜」にしておいて、といわれました。

清水屋の桜

清水屋の桜
(撮影日2014年8月30日) 「山村写真家 金子大吉」







AD
(ゆり園の項 続き)
開園日の次は最終日に訪れました。入園時にスタッフから、ゆりが咲いているのは白樺林の中だけと聞いたのでそこに向かって見ました。
天然芝の上で大はしゃぎの子どもたちの姿がありました。

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園
一番麓のゲレンデには、背の低いひまわりが満開でした。

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園


白樺林の中には、丁度見頃のゆりが咲いていました。

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園
白樺の幹と、緑の濃いゆりや草の葉と、色とりどりのゆりの花びらがとてもよく似合います。

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園
散策道は小川に沿って作られています。途中に池が作られ、ヤマメに餌やりをできるようにしてあります。

尾瀬岩鞍ゆり園
入園者に一鉢ずつゆりの鉢がプレゼントされました。

尾瀬岩鞍ゆり園
(撮影日2014年8月24日)  「山村写真家 金子大吉」



AD
本日午後8時から8時43分放送する(関東甲信越地区のみ)、NHKテレビ「キッチンが走る!」の舞台は片品村と隣の川場村です。
近所のご夫婦が収録したと聞きましたので、カットされなければ出演するでしょう。
トウモロコシを栽培、国道沿いで販売する農家は「金子一郎・よう子さん」ご夫婦です。

トウモロコシ農家
「かたしなや」から日光方面に3分ほど進むと「トウモロコシ街道」が始まりますが、その最初のお店です。よう子さんのお母さんが40年以上前から自分の栽培したトウモロコシがある期間お店を開いてます。

トウモロコシ農家
以前撮影した金子さんのトウモロコシ畑です。収穫した幹は切り倒してあります。遠方に白根山が見える標高1000m近くの高原地帯です。

トウモロコシ農家
2人の経営する直売所「清水屋」(しみずや)では、その日収穫した品だけを販売していると以前聞きました。
大豆農家は80歳を超えて毎日トマト収穫に忙しい「高山庫一(たついち)・のりこさん」ご夫婦
です。トマトと農繁期の重ならない大豆を栽培しています。地元で昔から栽培されている大白(おおじろ)大豆です。

大白大豆畑
この畑は別の近所の方の大豆畑ですが参考に出しました。上の写真が9月。下が10月の畑の様子です。

大白大豆畑

大白大豆畑
大豆の加工品として、豆腐加工業者の「尾瀬ドーフ」の社長が出演すると聞きました。
以前スズランデパートのイベントに出展していたときの様子です。

尾瀬ドーフ
以前は自分の広大な畑で大豆を栽培していました。遠方に見えるのは武尊山(ほたかやま)です。

尾瀬ドーフ
現在この畑には東京の不動産企業が、太陽光発電のパネルを張り巡らす工事を行っています。

尾瀬ドーフ

テレビ放送の再放送は、30日(土)10時5分~ (関東甲信越地区のみ)
9月2日(火)午後3時15分~ (全国放送)

(撮影日は今年や以前の品がありばらばらです)  「山村写真家 金子大吉」

追加
放映を見ましたら大豆の生産者については触れてありませんでした。





もうゆりが散ったので「尾瀬岩鞍ゆり園」は先日閉園しましたが、今年一押しで売り込んでいた体験商品を撮影しました。

尾瀬岩鞍ゆり園
ゲレンデ横の坂道を歩くこと5分。白樺林の中に休憩所があります。昨年までは飲み物やカキ氷など販売していましたが、今年は「ピザ焼き体験」の場所になりました。

尾瀬岩鞍ゆり園
丁度ゆりを見ながら下りてきたグループがこの体験を始める所だったので、その様子を撮影させていただきました。
最初はピザ生地を薄く伸ばす作業です。仲間が見守る中、初めて体験の女性が麺棒で伸ばしてます。

尾瀬岩鞍ゆり園
キッチンシートの上で伸ばした生地に、特製(?)トマトソースをたっぷり塗ります。

尾瀬岩鞍ゆり園
使いたい野菜をトレーに載せてきて、最初は玉ねぎを載せます。

尾瀬岩鞍ゆり園
次に薄く輪切りしたズッキーニを縁に沿って並べます。

尾瀬岩鞍ゆり園
細切りした赤いパプリカを載せます。

尾瀬岩鞍ゆり園
いろいろな野菜がたっぷりです。

尾瀬岩鞍ゆり園
赤い野菜が多いので鮮やかです。ここまではお客さんが作りましたが、最後にチーズを載せるのは、スタッフが行ってくれます。

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園
いよいよ石釜に入れて焼く工程です。

尾瀬岩鞍ゆり園
スタッフがキッチンタイマーをスタートさせて2分間待ちます。この石釜はゆり園のスタッフが耐火煉瓦を積んで自分たちで作ったそうです。
下で木を燃やして、ピザを載せる2階部分の後ろ側に隙間を空けておき、熱風を循環させて250度の高温の状態で生地の全体を焼くそうです。
今まで下の鉄板の熱で焼いているのかと思いましたが、全体がパリッと焼けるためには、こんな仕組みになっているのでした。

尾瀬岩鞍ゆり園
2分経過後一度取り出します。

尾瀬岩鞍ゆり園
バジルの葉を載せます。

尾瀬岩鞍ゆり園
お客さんも自作の人生初体験のピザを、携帯でパチリ。

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園
再度石釜に入れて1分間待ちます。

尾瀬岩鞍ゆり園
もう出来上がりました。皿の上にシートを抜きながら焼きたて熱々のピザを載せます。次のグループのお客さんも興味深々です。

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園

尾瀬岩鞍ゆり園
費用1000円で楽しめた人生初体験のピザ作りに、お客さんたちは大満足の様子でした。

尾瀬岩鞍ゆり園
(続く)

(撮影日2014年8月24日)  「山村写真家 金子大吉」



(続き)
映画「ただ、君を愛してる」は東映にて2006年10月28日に公開され、興行収入8億円のヒット作ですが、その重要場面の撮影場所となりながら、このキャンプ場は特にそれを売りにしていません。

菅沼キャンプ村

菅沼キャンプ村

人里離れた自然林の中で電気もガスもない場所で、自分の食べる食事を作るという非日常を体験することを一番のセールスポイントにしています。

菅沼キャンプ村

菅沼キャンプ村
映画撮影が行われたことを示し、見ることができるのは3ヶ所でした。
国道のすぐ横にあるキャンプ村入り口の掲示板に、この映画のポスターが張ってあります。8年経過しだいぶ色が薄くなり、ガラス越しなのできれいに撮影できませんでした。

菅沼キャンプ村
入園料70円を支払うため訪れる管理事務所のカウンター上に、主演2人のサイン色紙が張られています。
玉木宏さんのサインに書かれている「天国の森で君を思う」は、当初の映画題名に予定されていました。撮影日が公開1年前の夏だとサインの日付で分かります。

菅沼キャンプ村
その隣に宮﨑あおいさんのサインが並んでいます。四葉のクローバーが印象的です。

菅沼キャンプ村
色紙の横には名場面の写真が1枚貼られています。

菅沼キャンプ村
ポスターと同じ写真かと思いましたら、こちらは2人の唇が触れています。DVDパッケージではポスターと同じ写真ですが、この場面の少し前のカットです。

菅沼キャンプ村
湖畔に立つ二人の記念の木(ナナカマド)の根元に、記念撮影の邪魔にならないように小さな木の案内板が置かれています。

菅沼キャンプ村
主役二人にはいくつかの共通点がありました。
二人とも本名と芸名が同じです。趣味も「写真、カメラ」です。2006年にはTVドラマのヒット作の主役を演じています。

菅沼キャンプ村
背の高い玉木宏さんは身長180cm、1980年1月4日名古屋市生まれ。フジテレビ「のだめカンタービレ」出演。撮影時(2005年)は25才。

菅沼キャンプ村
映画では背の低い宮﨑あおい(崎ではなく﨑です)さんは、実際は身長163cmです。1985年11月30日東京杉並区生まれ。NHK連続テレビ小説「純情きらり」出演。

菅沼キャンプ村
監督はこの作品が映画初デビューの新城毅彦(たけひこ)さん。それまではTVドラマの「あすなろ白書」「君の手がささやいている」などヒット作を手がけています。
この後も映画を手がけ5本の監督を務めています。その中でもこの作品は鑑賞者に絵が美しいなど評価が高いことで有名です。

菅沼キャンプ村
この作品の原作は市川拓司(たくじ)さんの「恋愛寫眞 もうひとつの物語」(2003年小学館刊)です。
同氏の小説作品おすすめランキングがあるサイトで紹介されていました。
1 いま、会いにゆきます  2 そのときは彼によろしく  3 恋愛寫眞 もうひとつの物語

菅沼キャンプ村
映画では湖は木立の向こうや、たたずむヒロインの見つめる先にしか出てきませんが、小説を読むと大学の近くのこの場所が「かなり大きな自然公園だった」「池は、周囲50mほどの小さなものだった。」(26~28ページ)と描かれていました。

菅沼キャンプ村
この映画がきれいな作品といわれるのは、小説では描写の少ないこの森の大自然の場面や、人工的な美しさのニューヨークの夜景が、出てくるためだと感じます。
あの小説からこれだけの映画を作り出した、新城監督や、脚本担当の坂東賢治さんの腕の良さに敬服します。

菅沼キャンプ村
当初の題名予定「天国の森で君を思う」を、主題歌にする曲を聞いた新城監督が途中で変更しました。作品内容を見事に表わしています。
主題歌の「恋愛写真」は歌手の大塚愛さんが映画公開3日前の、2006年10月25日にリリースしました。
この歌は2006年日本レコード大賞金賞受賞 NHK紅白歌合戦出場曲です。

菅沼キャンプ村
この映画「ただ、君を愛してる」の作品内容を少しだけ知る手軽な方法は、ユーチューブにてこの題名で検索すると、劇場予告や、主題歌とともに流れるエンドロールで見ることができます。

(撮影日2014年8月6日) 「山村写真家 金子大吉」












(続き)
前回重要なシーンを飛ばしてしまいましたので、その場面から記します。
28分目。大学のキャンパスで誠人(まこと)がクラスメイトと海水浴に行った時のスナップ写真を見ながら談笑している時、静流(しずる)の事を「彼女じゃないよ、ただの友達だって」と言うのを静流が聞いて、思い出の木の下でしょんぼり座っています。あわてて追いかけてきた誠人が謝罪する場面です。
最初湖側から遠景で撮影されています。

菅沼
次に森側から木の下の静流の背中が映されます。現在は湖の右側に砂が盛られて池ができています。

菅沼
再び湖側からアップで撮影です。静流が「だったら誠人も相当無神経なバカ男だ」と怒っています。

菅沼
再びカメラは森側から遠景で静流の背中姿と、離れて立つ誠人を映します。

菅沼
誠人が近寄りながら鞄から紙袋を取り出して、「田舎のお土産やに並んでいたから」と静流に差し出します。白根山側から撮影してます。

菅沼
袋の中身は静流の大好物のドーナッツだったので、食べて機嫌が良くなった静流は、誠人からカメラの操作を教わりながら、二人で森の中を撮影して回ります。
その場所は湖岸で白根山を背にして立った時に見える木立の中です。小川の先にあります。

菅沼

菅沼
映画の中でもこの写真のように葉陰から日の差込む明るいシーンでした。

菅沼
2人並んで黄色い花の咲く「ハンゴンソウ」を撮影するとき、静流が息を止めてシャッターを切るのを見て、誠人がクスッと笑います。カメラ初心者によく見かける行為ですね。

ハンゴンソウ

菅沼
誠人が使用しているカメラは「キャノンF-1」でした。(1971年発売。F1.2 55mm付き標準価格117,000円 キャノンの技術の総力を結集して誕生した最高級の35mmシステム。当時の大学卒初任給46,400円)
静流が使用しているカメラは「キャノンAE-1」でした。(1976年発売。F1.4 50mmレンズ付き標準価格81,000円 世界初のマイコン内臓のAE(自動露出)一眼レフカメラ。当時の大学卒初任給94,300円)
最後にカメラを手にした2人が並んで湖に沈む夕日を見ているシーンは、左側の大きな木の根元です。

菅沼
40分目のシーンについては前回記しましたので、次はこの映画のクライマックスのシーンです。
1時間11分目。ドーナッツビスケットが主食だった静流が、普通の食事を食べるようになって体が段々女性らしくなってきます。誕生日プレゼントとして誠人に「キスして」と最初の、そして最後となるお願いをします。写真コンクール提出用に「キスする恋人」として、自分たちでモデルとなってセルフ撮影したいと話します。
翌朝2人は森に出かけ、思い出の木の前で三脚に静流がカメラをセットして、眼鏡を取り、急にかわいい女性らしくなったことに驚く誠人と「生涯ただ一度のキス」をします。

菅沼
カメラをこちら側にセットして、木の前でキスが行われます。

菅沼
長いキスシーンは左右前後あらゆる方向から撮影されていますが、映画ポスターやDVDパッケージに用いられているシーンは湖側からの撮影です。
2人はこの木の下でたたずんで湖を眺めていますが、誠人はうれしくて「今夜はパーティーだね」と教室に戻ろうと立ち上がります。すると静流が尋ねます。「今のキスに少しは愛はあったかなあ」 誠人の答えは・・・・。
誠人が立ち去った後も静流は1人でこの木の下にたたずみ、ずっと湖を眺めながめています。

菅沼
この日物語は急展開し、静流は学校を退学し「さよなら。今までありがとね。」のメモを残して、行方がわからなくなります。
1時間18分目。夜、雷雨のなか、この木のところにも誠人が探しに来ます。映画では見えやすく背後からライトが照らされていますが、実際にはこの場所から人工的な光はまったく見えません。キャンプ村のバンガローにも電気が引かれていません。
1時間44分目。ニューヨークでフォトグラファーの助手をしていた静流の個展シーンです。
展示の多くに誠人を写した写真があります。誠人は涙を流しながらそれらを見ています。
湖畔にたたずむカラーの写真は湖岸の道路近くの所です。

菅沼

1時間55分目。エンドロールの撮影協力の欄に「株式会社丸沼」「菅沼キャンプ村川田氏星氏」の名前が出ています。
(続く)
(撮影日2014年8月6日) 「山村写真家 金子大吉」









(続き)
菅沼の湖畔は短いのですぐに端に行き着きます。
映画「ただ、君を愛してる」では、「菅沼」が撮影地のシーンは、スタート15分目。主人公の瀬川誠人(まこと)(玉木宏)と、ヒロインの里中静流(しずる)(宮﨑あおい)が、大学の近くの立ち入り禁止の森の中に入り、きれいな小鳥を見つけるシーンが最初です。
立ち入り禁止の板塀のある場所は「鎌倉」で撮影してますので、菅沼にはありません。

菅沼

菅沼

菅沼
2人で木立の中を歩いていくと、突然芝生の小さな広場に出ます。そこに立つ「ナナカマド」の木に尾の長い小鳥が止まっていたので、カメラが趣味の誠人が撮影しようとしますが、逃げられてしまいます。

菅沼

菅沼
尾の長い小鳥は実際菅沼には住んでいませんが「サンコウチョウ(三光鳥)」です。静岡県の県の鳥に指定されていて、「ジュピロ磐田」のマスコット「ジュピロくん」と「ジュビイちゃん」のモデルだそうです。
平地から低山にかけての暗い林の中に住んでいて、台湾やフィリピンから夏に日本に渡来し繁殖します。泣き声が「月(つき)日(ひ)星(ほし)ほいほい」と鳴くので「三光鳥」と名が付いたそうです。

菅沼
ナナカマドのこの枝に小鳥は止まっていました。

菅沼
小鳥を呼び寄せるために、静流が自分の主食の「ドーナッツビスケット」を、この枝に吊り下げようとしますが、背が届かないので誠人に肩車してもらいます。

菅沼

菅沼
二人の入学したきれいなキャンパスの大学は八王子にある「首都大学東京」で撮影され、静流が誠人を見初めた渡ろうにも車が停まらずに渡れない横断歩道は「つくば市の研究学園都市」で撮影されたそうです。

菅沼
誠人が撮影している小川のシーンは、もう少し水量がありましたが、環境省の資料ではこの湖への河川の流入出は0個ですから、この小川が唯一の川らしい場所です。

菅沼
誠人が黄色い花を撮影してるシーンがありますが、「ハンゴンソウ」(反魂草)です。高山、山地の湿った草地に生えます。花言葉は「正義」です。

ハンゴンソウ
最後のシーンやDVDのジャケットに2人で並んでこの花を撮影してるシーンがあります。川を渡った先の森の中に咲いていました。

菅沼
40分目。静流がこの木の前で撮影していると、誠人が好きな「富山みゆき」(黒木メイサ)と一緒にやってきたので怒ってしまうシーンです。湖側から静流を撮影してます。

菅沼

菅沼
2人がやってくる木立です。

菅沼

菅沼
静流が誠人に怒るシーンは少し暗めの木立でした。

菅沼

(続く)
(撮影日2014年8月6日) 「山村写真家 金子大吉」



(続き)
「丸沼」ではいつ訪れても釣り人を見かけますが、「菅沼」(すげぬま)では湖面に人影を見かけることは珍しいです。

菅沼

菅沼
この日は何艘ものボートが湖面に浮かび、みんな釣り人でした。
ネット検索で「菅沼」と検索しても、情報は少ないですが「釣り 菅沼」と検索すると、ルアーフィッシングで菅沼を訪れて、大きなニジマスを釣り上げたブログが多くヒットします。

菅沼

菅沼

ここでの釣りについては非常に制限があり、管理している「菅沼キャンプ村」によると、次のように指定されています。
菅沼と大尻沼(丸沼に続く下流の湖沼)とで交互に一年おきに禁漁とする。
解禁された年でも指定日のみ。
ルアー&フライのボート釣りのみ。ボートは30艘(そう)だけのため、予約が安全。
オールキャッチ&リリースで、決して魚に触らないでリリースする。写真を撮るときは専用の籠の中で。
時間は8時から5時まで。釣り場は清水沼と弁天沼の手前の2つだけ。
入漁料2,160円 ボート一艘3,820円。

菅沼

菅沼
釣りができる日が少なく、また岸辺からの釣りが禁止されているため、釣り人が入れる数が限られているので、ここでは普段な釣り人を見かけるkとが少ない理由が分かりました。
これだけ釣りが制限されているので、ニジマスが大きく育ち、釣り人憧れの大物が釣れるようです。

菅沼

菅沼
この菅沼から日光目指して5分も進むと、栃木県境の金精トンネルを通過します。トンネルからは「男体山」を見ながらの下り坂が続き、すぐに湯元温泉のある「湯ノ湖」に着きます。

冬の湯ノ湖(冬の湯ノ湖)
この「湯ノ湖」から流れ出る「湯川」(ゆかわ)は、有名な「湯滝」「戦場ヶ原の湿原」「竜頭の滝」最後に「中禅寺湖」に注ぎます。
「湯川」は日本フライフィッシングの発祥の地」といわれます。
1902年(明治35年)英国の貿易商トーマス・グラバーが湯川にブラックトラウト(カワマス)を放流してフライフィッシングを行ったそうです。
現在菅沼や丸沼、大尻沼への魚の放流は、グループ企業の「白根魚苑」(しらねぎょえん)で、ふ化養殖して、行っているようです。

菅沼

菅沼
「片品村史」によると、菅沼は大正元年に農商務省から「養鱒指定試験地」に指定され、十和田湖から「姫ます」の卵を5万粒買い入れ、ふ化した42,262尾を放流した。と記されています。

菅沼
100年以上前から、この地の所有者の千明家では、菅沼や丸沼を活用していたことになります。
風もなく湖面に波が立たないので、釣り人はボートに立って釣りを楽しんでいました。

菅沼

菅沼
(続く)
(撮影日2014年8月6日)  「山村写真家 金子大吉」







(続き)
駐車場からのんびり歩いて10分。すばらしい景色の湖岸に着きました。

菅沼

菅沼
この場所を管理する「菅沼(すげぬま)キャンプ村」のHPには
「全国屈指の透明度を誇り、深青色の湖水の美しさは格別です。」
と記されています。

菅沼

菅沼
湖沼の美しさのひとつの目安となる透明度がどれくらいなのか。いろいろな数字がありました。
キャンプ村の「菅沼」についての解説看板には「透明度15m」
ネットでこの地の観光案内をしている「利根沼田総合案内システム」では「金精道路開通以前は19m。現在は10m前後」
昭和37年に執筆された「片品村史」には「19m」

菅沼

現在の公式資料としては環境省の調査が信頼がおけそうなのでその数字を見ると。
「第4回自然環境保全基礎調査」(1991年調査)に、透明度の推移が掲載されていました。
「1973年8月11.7m」  「78年6月12.7m」  「79年8月9.2m」  「85年8月9.6m」
「91年7月13.2m」
91年以降環境省の全国調査は行われていないようですので、このときの全国ランキングを見ると7位です。
1位は布施明が歌う「霧の摩周湖」(作詞・水島哲 作曲・平尾昌晃1966年発売)で有名な北海道の摩周湖で28mです。

菅沼
近くの湖沼の透明度を見ると、
「丸沼 9.3m ランキング18位」「尾瀬沼 5.7m」「中禅寺湖 9m 19位」です。

菅沼
透明度ランキングベスト30に関東地方で入っているのは、この他に栃木県の「切込湖 8.5m」だけです。
関東地方では「菅沼」がトップで、その姉妹湖になる「丸沼」が2位です。
「菅沼」より上位ランキングは、北海道2ヶ所。青森県2ヶ所。長野県1ヶ所です。
振り返ると「白根山」が見えます。

菅沼

白根山
ここから見える白根山頂上の麓に「阿弥陀ヶ池」(あみだがいけ)があり、そこからの登山道から見下ろすと、この菅沼の全容が原生林に囲まれている姿が見られます。

菅沼
昭和25年(1950年)毎日新聞主催で行われた「新日本観光地百選」では、「菅沼・丸沼」が湖沼部門で1位に当選しました。
10の部門で投票されて、各部門の1位は郵政省が観光切手を発売し、歌人と俳人が各場所にちなむ歌を作り、紹介記事を書いたそうです。
「片品村史」によると1位当選が決まると
「沼田東宝に於(お)いて、利根郡を挙げての祝賀会が催され、本村からは丸沼音頭の選手踊子を参加させた。村内でも花火大会が行われた」
と書かれています。
沼田東宝劇場は昭和45年に廃館になりました。

(続く)
(撮影日2014年8月6日)  「山村写真家 金子大吉」