語り部ろぐ

語り部プロジェクトの活動報告。


テーマ:
ELLE ONLINEなどでご活躍中の料理家 藤井 綾さんに「伊賀・広瀬のこめがたり」を使ったレシピを考えていただきました。

今回は「牛のしぐれ煮弁当」を紹介します。
冷めても美味しいのでお弁当ぴったり!しぐれ煮も薬味も多めに作って冷蔵庫に保存しておけば色々と使い回せるので便利です!

材料
【牛のしぐれ煮】(作りやすい分量)
牛の細切れ肉 200g
生姜 20g
100ml
醤油 大さじ2
みりん 大さじ3
大さじ2
柚子胡椒 小さじ2分の1
【薬味】(準備するオススメの分量)
大葉 20枚
ミョウガ 3本
トッピング用の梅肉 適量
【ご飯】
少し固めに炊いたご飯 1合分
米酢 20ml
ごま 大さじ2分の1
作り方

【牛のしぐれ煮】

  • 牛肉は1cm幅に切る。生姜は千切りにする。
  • 鍋に水、醤油、みりん、酒、生姜を加え、沸騰させる。沸騰したら牛肉を加えて、よくほぐす。
  • 牛肉を加えて再沸騰したら弱火から中火で加熱し、かき混ぜながら水分を飛ばす(10分程度)。
  • 火から下ろしたら、柚子胡椒を加えて、全体をよくかき混ぜる。

【薬味】

  • 大葉は繊維に沿って千切りに、ミョウガは薄い輪切りにする。
  • 切った薬味は10分程度水にさらしてから、スピナーなどで水分をよく切る。
  • 保存する場合は、タッパーに湿らせたキッチンペーパーを敷き、保存します。

【ご飯】

  • ご飯は少し固めに炊いて、米酢とごまで和えてからお弁当に詰める。(冷凍してあったご飯を使う場合は、解凍してからお弁当に詰め、米酢とごまを少々ふりかける程度でいいです。)
  • 牛のしぐれ煮と薬味を盛り付け、最後に梅肉をトッピングして出来上がり。

ポイント
しぐれ煮は冷蔵、冷凍保存ができます。うどんやそばに添えたり、酒のおつまみにしたりと、万能なので、作り置きしておくと便利です。
薬味もお豆腐に添えたり、そうめん用の薬味にしたり、葉物のサラダに一緒に和えたりと、冷蔵庫に準備してあると、とても便利です。多めに作って保存をおすすめします。
 

プロフィール

藤井 綾(ふじい あや)

高校を卒業した後、フランスのパリへ渡る。パリ第10大学の美術史・考古学学部に入学・卒業。その後、国立ルーブル学院に編入。学業と並行して、パリ・オペラ座地区にある地元密着型のカフェで働き、フランス人が普段食する料理や食物、それにワインに対する興味・関心を深めていく。日本に帰国後、フランスの日常的な料理を紹介するアトリエ(料理教室)「Atelierフランスごはん」を開始。
2013年9月、FUJII LABEL設立。
ELLEONLINE(エル・オンライン)にて、ブログを執筆中。

FUJII LABEL HP:http://fujii-label.com/index.html
ELLEONLINEブログ:http://blogs.elle.co.jp/parisgohan/

▼伊賀・広瀬のこめがたり

http://www.kataribu.jp/event/komegatariLp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

語り部プロジェクトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。