ALWAYS 三丁目の夕日

最高~~~

10時30分過ぎごろ、友達から、
“仕事が早く終わりそうだから映画に行こう”と。
“嬉しい~~行く行く”と、私。
バタバタと支度をして行って来ました。
私が生まれる少し前の昭和33年、
東京下町のごくごく平凡な人情ドラマ
テレビもPCも携帯電話もないけど、希望にあふれる明るい時代。
“明日も明後日も50年後だって、夕日は綺麗なんだよ、”
当たり前の事なのだけど、なぜか涙が次から次へと・・・

忘れかけていた
甘酸っぱくて温かいものを思い出させてくれた、
どこにでもあるような何でもないお話なんだけど、笑いと涙がいっぱい。
特に昭和20年代後半に生まれた方には
それこそ、たまらない映画だと思います。
又30年代40年代生まれの方も
温かい何かを見つけられる映画だと思います。



50年後の夕日もきっときっと綺麗なんだろうな・・・きっと.....

AD
ガラガラ~

志津子姉さんと
10時に長野駅で待ち合わせをして見に行ってきました。
混んでいると思ったのに、
映画館は、ガラガラでした。
ラスト30分、
新しい記憶から消えていく・・・
周りでは、シクシクと泣いている方がチラホラ、、
志津子姉さんも泣いてた、
私はというと、、、
なぜか涙が出てきませんでした.....
もっと泣けると思っていたのになー

AD

四月の雪

9月23日に
ペ・ヨンジュン命の志津子姉さんと見に行って来たのよね。
もう笑っちゃうのだけど、
この日は、公開されてまだ一週間だったのに、
志津子姉さんは、なんと3回目ー!
しかも前売り券を一人で6枚も買ったとか、(笑)
さてさて、映画の感想、、、
うーん、結局最後は一人になっちゃうのよね、
不倫は、イケマセンっていう事だねー
ちょっと前までの不倫のイメージって、
妻子持ちの中年男性と独身女性がお決まりだったけど、
最近は、、、 ズバリ! 
W不倫(既婚者同士)が多いような、
私の周りでもチラホラ・・ないしょ、ないしょ.........
秘密だもんね~~~~~


AD