HERO

この前“天国で君に逢えたら”を見に行った時に
“HERO”がメチャ混みだったの。
人間の心理って面白くて
長蛇の列を横目で見ながら友達と
“そんなに面白いのかね、見たいね~”
“うんうん、再来週なら都合が良いよ見に行こうよ”…と。

kiss
“HERO”を見たあなたなら
この画像の意味がわかるよね、(*^.^*)vニコ
もうラストが最高だった!!!
終わり良ければすべて良し~
という事で
んー おまけして☆☆☆!!!
1時間のドラマ枠の方が面白いというか
130分…何もそこまで引っ張らなくてもーって。
木村拓哉・松たか子・松本幸四郎・大塚寧々・阿部寛・中井貴一・児玉清と
豪華メンバー で、なんとイ・ビョンホンまで無理やり…
それと
9月23日にテレビで再放送されたスペシャルの
山口での話を見ないと今回の映画の面白さがわからないのでは…
と、
何はともあれ私は
阿部寛と大塚寧々の関係が好き!!!(笑)


AD
Life 天国で君に逢えたら
癌のため38歳という若さでなくなった
プロウィンドサーファー・飯島夏樹さんの実話の映画。
桑田サウンドが流れる中
在りし日の笑顔の飯島家の写真で涙を誘うエンドロール
館内が明るくなるまで誰一人として席を立つ人がいませんでした。
館内が明るくなって目を真っ赤にした友達と顔を見合わせ
“伊東美咲のスタイル最高だね~”
“お腹なんてペッタンコだし何、あの足の細さ~”
“でも胸もペッタンコだったね、やっぱり壁おんな(笑)”
…と、ドロドロな悲壮感が漂うラストではなく
どこかさわやかさが残るラストでした。
壮絶な癌の闘病映画というより
夫婦愛・親子愛・友達(仲間)愛のまさしく愛をテーマにした映画で
ズバリ☆☆☆☆~!!!
私の正直な感想はというと
私も一人くらい子供が欲しかったな、今更どうにもならない事だけど
“あーあの時”…と
遠い昔を悔やんだりして
私にだってチャンスはあったのよ、そう、あの時…!!!
AD

剣道六段

テーマ:
色あせた一枚の賞状
賞状


初段は中学2年以上
初段から二段へ昇段する為の修行年数は一年
二段から三段は二年
三段から四段は三年
四段から五段は四年
五段から六段へは五年
六段から七段は六年
七段から八段は七年
と剣道は
最高段数である八段まで日々精進・鍛錬と独特の世界です。
主人は小学校五年の時から剣道を始め
現在も現役でそれこそ剣道中心・剣道優先の毎日を送っています。
平成6年に五段に昇段し平成11年から8年間
私が倒れた平成13年を除き
春と秋に行われる
東京・名古屋・京都での六段昇段審査を幾度となく受審してきました。
剣道六段の合格率は非常に低く
毎回10パーセント前後の合格率でして
主人は8年間
その10パーセント前後の合格率に泣いてきました。


ホワイトリンク
平成19年08月26日(日)
毎年夏に六段地方審査会があり
今年は長野市のホワイトリンクで行われました。
当然主人も受審しました。
私は友達と10時過ぎに会場に行きましたが
あまりの人の多さで
主人を探しだす事が出来ず
多くの人でごった返す会場にいても落ち着かないので
後ろ髪を引かれる思いでしたが
私は自宅で結果を待つ事にしました。
お昼過ぎに何度も主人に電話をしましたが繋がらず
今回もダメだったのかな…と。
半ばあきらめムードで何度も何度も主人に電話をし
コールが鳴った時私は心臓が爆発しそうなくらいドキドキでした。
“どうだった?”
“受かったよ”
その瞬間私は嬉しくて涙が止まりませんでした。

総受審者数 908名
合格者 117名
合格率 12・9%

とても厳しい世界ですが
主人は次の目標である六年後の七段に向け
気持ちも新たにまた日々精進・鍛錬の毎日を送っています。
8年間ひとつの目標に向かって
決してあきらめる事なく無心に挑戦していく…
その場で結果が出なくても結果は必ずあとからついてくる
その日の主人の携帯は
多くの剣道仲間からの祝福の電話で鳴り響いていました。


そしてそして
そして…
六段の登録料は五万円…(^^;)
AD