1分で読める!小さなお店の改善ポイント

すぐに改善、お金もあまりかからない。そんな店舗改善話を1分記事にしています。


テーマ:

こんにちは、販促カラーコーディネートと店舗改善診断の片桐かほりです。

 

今日も店舗診断での備忘録です。

 

女性用商品のチラシのチェックをさせていただいたのですが、

どうも違和感を感じます。

 

どんなところかというと。。

 

女性向けなのに、

全くそれらしくないところです。

 

例えば、チラシの字体

太くて固い感じのゴシック系です。

 

確かに読みやすいのですが、

商品が美容に関わってくるものなので

もう少し繊細なイメージがあったほうがよいです。

 

 

それから色使い

多分デザインされた方が男性なのでしょうが

かなり男性好みのする寒色系の色合いで

少々コントラストがハッキリし過ぎています。

 

女性向けなら暖色系のほうがおすすめです。

そして、きつい印象にならないように注意しましょう。

 

挿絵も女性受けしない系統のもの。

 

 

内容はわかりやすくてよいのですが

全体的な印象がむしろ男性的です。

 

こういう場合、

ターゲット層が「自分に向けた商品だ」と認識せず

チラシを目にしてもスルーしてしまう可能性が高いです。

 

チラシってお金がかかりますよね。

せっかくですから、

ターゲット層が読みたくなるようなチラシにしてみませんか。

 

 

※出典:Meicy(女性向けショップカードのお店)

 

紫は寒色系ですが、

ゴールドを合わせることで、よりエレガントなイメージが強まります。

 

きつい感じもありません。

 

女性向けといえば、ピンク!ばかり言われていますが

その他の色でも鮮やかさ、明るさ、柄などによって

競合他社と差別化することができます。

 

こちらは紫を基本色として使用されていますが、

同じデザインでも違う色を使うと、また違うイメージになります。

 

さて、あなたの会社のチラシは、

ターゲット層が思わず注目してしまうものになっていますか。

 

 

片桐かほり
販売促進カラーコーディネートと店舗改善診断
➡ 
ホームページ

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

「色と販売促進」コンサルタント|京都・滋賀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります