こんにちは、

販促カラーコーディネートと店舗改善診断の片桐かほりです。

 

今日は店舗用カーペットの話です。
これによっても店舗のイメージに影響を与えますが、

施主さんがやりがちな失敗は、

 

つい自分の趣味に走ってしまう事。

 

特に年配の方に多いのですが、

色や柄が渋くてゴージャスなものを好まれる方が時々いらっしゃいます。

個性的なものもありますね。

 

 

しかし店舗全体のバランスを考える必要がありますし、

商品とのイメージの差ができることがあります。

暑苦しい感じになることも。

 

 

また色や柄によっては飽きやすく、

数年後には「時代」を感じさせるものもあります。

 

カーペットを変えるだけでも結構費用がかかりますよね。

床といえどもセレクトの失敗はしたくないところです。

 

 

例えば、無難な感じで

 

※出典:サンゲツ DT4650

 

 

無難ですが、ちょっとオシャレ

 

※出典:サンゲツ DT5450

 

 

もちろん各々カラーバリエーションがありますが、

色を選ぶ際も全体との調和等をよく考えて。

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

片桐かほり
販売促進カラーコーディネートと店舗改善診断
➡ ホームページ