株式会社 D.fact クリエイティブデザイン『公式ブログ』

書き込みは、
D.fact代表:クリエイティブディレクター片桐 矢響


テーマ:
YouTube ドラマいつもながら、タイトな撮影現場です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スタジオ撮影はとても楽です。

ロケより楽です!

スタッフが多いから楽です!!

動かなくて良いので楽です!!!


腰に負担がかからなくて良いです・・・(笑)






D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試行錯誤のすえこの形になりました!!!

が、最近は一眼レフの出番は少なくなりました。




D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
タクシー移動!!


間に合うか!!


まあ、間に合うのだけど(笑)



D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やはり、

ゴルフは

朝が早いです。


茨城県に前泊しての撮影





Vマウントバッテリーを購入してよかった!!!

バッテリー2個 & 充電器セット 15万は高い!!





D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣









D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
片桐矢響です。



とまあ、

前回、一眼レフ動画の機材について書きましたが、

やはり、機材というのは時代とともに変化、進化してゆくものです。


弊社も、その時代に付いて行かなければなりません!!



ということで、彼の登場です。




いままで、一眼レフ動画の素晴らしさに触れてきた私、

元々私は、スチールカメラマンから、動画カメラマンへ転身した輩、

一眼レフのレンズボケの効果は熟知していたので、

一眼レフのレンズ効果を捨てる訳にはいきません



「一眼動画の次のカメラは何かな?」


CanonかSONYか??と探していたのですが、

そんな中、彼が登場しました。


一眼レフのレンズも使えて、4Kも撮影でき、音もビデオカメラと同じように扱える。


「まさに彼しかいない!!!」

そうおもいましたが、



値段がね・・・




それでも、彼の登場で撮影現場への撮影ストレス軽減や

クライアント様、制作会社様への

プレゼン力を考えればこれしかないと考え

彼の購入を決めました。






そういえば、最近はスチールから動画へ転身する方が多いとか、

ちなみに私は動画へ転身して10年ちょいでしょうか、

まだ、一眼レフがフィルムの時代でしたからね





買ってわかりましたが、カードの値段が結構するのですね・・・(笑)


D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は一般の方でも一眼レフで動画を撮影しているのを見かけるようになりました。

私も、世の中に一レフ眼動画というものが登場してから、使うようになったので

タイミング的にはパイオニアな時期でした。




一眼レフ動画=
DSLRと言う事があります。

意味は~
SLR は Single Lens Reflex の略で、一眼レフという意味。DSLR は、Digital Single Lens Reflex の略で、デジタル一眼レフのこと。デジタル一眼レフのことを、デジイチとかデジ一眼と略すこともある。

です。



さて、プロはどのように一眼レフ動画撮影をしているのでしょう?

やはり、カメラ単体では撮影自体に支障があるので

色々と他のアイテムを付けなければなりません


それがこちら~

写真でもあるように、大きいモニター

このモニター、カメラ本体のモニターではピントが見づらかったり、

また、ディレクターにも映像チェックとして見てもらえるように最低限この大きさは必要になってきます。

もちろん、ディレクター用に別モニターがあればその方が良いのですけど。


それと、音ですね!

一眼レフは音に弱いです。

もちろん、最近のソニーさんのカメラは音に強い!!

それはさすがSONYさんです。

ですが、弊社の機材はCanonさん

なので、音を同録するときはレーコーダーをかませなければなりません。


レコーダーを通すことで、簡易的なミキサーの役目をして、

クリアな音が、一眼レフの本体へ記録することができます。


D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大変ご無沙汰しております。
片桐矢響です。

FacebookやTwitter、LINEも更新する中で、

アメブロも更新となるととてもたいへん・・・

見て見ぬふりをしてしまっていました。(笑)




さて、過去ラスト記事はドローン記事でおわっていたので、ドローン記事でスタートです!!!

あれから色々世間を騒がせたドローンも、落ち着いてきました。

現在は、業界も徐々に形になり、産業、防災、広告とドローンの分野が広がっています。


弊社も、しっかりとした知識と体制の元、空撮業務に専念しております。




D.fact 代表取締役 片桐 矢響(やきょう)

お問い合わせは、
 090-2461-4007 
 katagiri@dfactt.com

================================

株式会社 D.fact (映像クリエイティブデザイン)
〒136-0072 東京都江東区大島1-34-14  シンセイビル 401
TEL 03-5858-9899
       info@dfactt.com

業務案内 
企業・製品などのプロモーション/イベント/テレビCM などの企画構成・撮影及び編集
ディレクター・スチールカメラマン・動画カメラマンの派遣

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Phantom 2 Vision +を購入した方はあれ?

ゴープロより画質が悪い??

と思っている方
多いのではないでしょうか?


それは・・・

P2v+の画質の悪さはズバリ、ビットレートです。

カタログの記載では、

ビットレートは平均10Mbps、最大14MbpsのVBRとあります。
ちなみにゴープロ3+は35Mbpsとあります。
普通のビデオカメラも25~35Mbpsくらい

まあ、簡単に言うと一秒間の映像データをどれだけ処理できるか?

ビットレートの低いカメラでも静止していれば画は綺麗に記録出来ます。
なので、写真は綺麗です。

でも、動画で被写体が動いていた場合、知能指数の低い脳は形を覚えられません。
ビデオカメラで大事なのは動きの早い物や機体が早く動くときには、どれだけ物体として正確に記録出来るか!
になります。



飛行機のようにビュンビュン飛ばしたいでしょうが、『動いているの??』
と思うくらいゆっくり飛行させてあげてください
ビジョン+を綺麗に撮影するコツは、風のないときにゆっくり飛行することをお進めします。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。