珈琲を飲みながらのんびりと書くバンコクで働くサラリーマン日記。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年11月23日

不足感を補い、満たす。それが原点。

テーマ:そのた。
タイの市場で感じること。

製品というものは売れてなんぼの世界。企業の究極の目標はキャッシュを得る事であるという考え方に即せば、売れなければ製品に一切の価値はなく不良在庫であるという刺激的な考え方もできる。夢や希望だけでは物は売れない。やはり「買う」という必要性に製品機能が応える必要があるというのはこのタイで感じること。

そこに山があるから登る という登山家の名言があるが、製品の存在が買い手にとって当たり前となる方法が大事だと考える。『それが欲しい』と『それが必要』は微妙に違う。

欲求を高めさせる手法が最近増えてきた。しかしそれは必ずしも企業のキャッシュに直結する方法ではないと私は感じている。今は、欲求を高めさせる、すなわち興味を持たせるという広告行為の終着駅が「Share(共有)」になっているケースを多くみかける。

ブランディング認知という点からみたらそれも正しいアプローチの1つかもしれない。しかし、マグロの一本釣りではないが、Shareという「疑似餌」であらゆる層の消費者の心を一本釣りするのはかなり高度で難しいと思う。全ての企業がそれをできるパワーを持っているわけでもないし。

そして最近思うのは、SNS上におけるShareの種類が購入意欲を表現するものよりも、好みを表現するものになっているのではないかという印象がある。つまり、SNSは広告媒体というよりも、好みを共有するサイトの嗜好性が強まっているような感じになりつつあると感じる。

『不足感(空腹感と表現する人もいる)を補う』事、すなわち『それが必要だ』と思わせる必要性がこの国でのマーケティングにとって大事だと私は考える中で、好みで終わらせず、購入後の自分をイメージさせて、購入に繋げる方法と+いくつかのアイディアが大事だと思っている。

販売において(特に製品単価が上がればあがるほど)、販売促進とはアフターサービス(購入後の人生)とは切っても切れない関係にあるのだと感じさせられる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。