1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
テーマ:フィルム坊主
March 15, 2006

EIGHT BELOW:南極物語

南極物語 」は、1983年に日本で公開された


高倉健主演の映画を、ディズニーがリメイクした作品です。


1983年て、僕まだ生まれてません。


それはさておき、


リメイク版のこの作品、原作の内容を


かなり変更したと聞きました。


主演は、犬たち。


そんでもって、助演はイケメン俳優ポール・ウォーカー。


どうして助演かといいますと、


この南極物語は初登場1位だったのですが、


翌週の


2006年度のポール主演(とみなされる)第2作目となる


映画「Running Scared 」は、初登場9位だったからです。


それもさておき。



以下はネタバレありなので、


知りたくない方は閲覧をご遠慮ください。



内容は、普通でした。


ポールたちの居る南極の基地に学者が来る

学者が求める彗星(水星かも)の隕石を学者とポールが犬ぞりで探索

嵐が来るので引き上げようとする

学者が駄々をこねる

ポール、しぶしぶ従う(1日だけ)

彗星の隕石発見

基地への帰路の途中、学者が氷河の中に落ちそうになる

主演の犬たち&助演のポールが助ける

しかし、すんごい凍傷

基地にたどり着くがポールの手も凍傷に

犬を残して人間皆で病院&暖かい気候の土地へ

あと2週間で冬に、しかし今年は大寒波で南極に戻れない

犬たちを救えないことに苛立つポール

誰も南極に行く援助をしてくれない、あの学者も

その間も犬たちは懸命に生き延びる(1頭は首輪が外れず死亡、もう1頭はがけ崩れで死亡)

学者が夜家に帰ると

息子がベッドで寝ている、その近くには、、、

「My Daddy's Heroes」という文字と犬8頭の絵が

学者、犬を救いに南極へ行くことを決意(なんじゃそりゃ)

皆で南極に行き犬たちと再会

おしまい



というありがちなストーリーでした。


感動したのは、


エンドロール冒頭の犬たちの絵。


あれ、きれいでした。


あと、これって皇帝ペンギン?ディープ・ブルー?と


思わせるちょっと無駄な映像もありましたが、


犬たちの演技がすばらしかったです!!!


怪我している役の犬とか、


ずっと左前足をあげて歩いてたりして、


おいおい、そこまで人間に忠誠を尽くすのかと


頭が下がる思いがしました。



しゃべりがアホっぽいため、イケメンにもかかわらず


アホな役しかオファーが来なかったポールですが、


今作の役はけっこーまじめな役でした。


今回、星は7つです。


★★★★★★★☆☆☆


AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
テーマ:フィルム坊主
February 15, 2006

AFTER THE SUNSET:ダイヤモンド イン パラダイス

ダイヤモンドインパラダイス


ダイヤモンド イン パラダイス 」は


ジェームズ・ボンドのはまり役ピアーズ・ブロズナン主演のスパイ映画です。


この映画は、展開も結末も普通のスパイ映画でした。


以下はネタバレなので、知りたくない方は閲覧をご遠慮ください。



オープニングのピアーズを工場に送る運転手役に


「クリス・ペン」が登場していたことが印象的でした。


彼は知る人ぞ知るショーン・ペンの弟さん。


先月、彼は、


自宅のコンドミニアムで死亡しているのが発見されました。


この作品が遺作になったのでしょうか。


死因は明らかになっていないらしいのですが、


とにかく、ご冥福をお祈りいたします。



おもしろかった部分は、


まず、オープニングとエンディングの車の遠隔操作です。


これ、絶対エンディングでも有り得るなと思っていたところ案の定そうでした。



もうひとつが、ピアーズが彼女に家を追い出されて


ウディ(ピアーズを追うFBI工作員)のホテルに転がり込み


一緒のベッドで寝て、


朝、地元警察(ウディ演じる工作員が想いをよせる女警察もいる)が


取り調べにきたとき一緒に寝ているところを見られ(上半身ハダカ)


ゲイだと勘違いされて、


誤解を解こうと二人で奮闘するところくらいですかね。



いつものスパイものと違っていたところは


追うもの(ウディ)と追われるもの(ピアーズ)の仲が良い


という部分です。


ハチャメチャまでは行きませんが、


おもろかったです。


時間は98分しかなかったのですが、


逆に長いよりもいいと思います。



今回、星は7つです。


★★★★★★★☆☆☆


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:フィルム坊主
February 15, 2006

JARHEAD:ジャーヘッド

ジャーヘッド


ジャーヘッド 」は、全米で大絶賛されたベストセラーの映画化作品です。


舞台は湾岸戦争。


「メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実が、ここにある」という


うたい文句のこの作品ですが、


この映画、はっきり言って、ぜんぜん真実を暴いていないように感じました。


ただ戦場では、性やモラルや狂気が氾濫するといった


ごく当たり前の作品でした。


それにしても「Fuck」という言葉が無駄に出てきます。


ファック、ファック、ファック、ファック、、、。


それしかねえのか!?と


中盤あたりからもう呆れて観ていました。


今回、星は1つです。


★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:フィルム坊主
February 06, 2006

The Lord of the Rings:The Two:ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

ロードオブザリング/二つの塔


「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 」は、ロード・オブ・ザ・リングの続編です。


もうこれ、最悪です。


フロドがほんとうに腹立たしい。


時間も無駄に長いですし、


中国映画のようにただ人数の多い戦闘シーンばかりで、


飽き飽きします。


本当にフロドって勝手な行動しますよね!


あの沼に落ちて、もうお前逝っちまえと思ったのは


僕だけでしょうか??


今作は、前回の流れを引き継ぐ無駄な物語だと感じました。


今回は、星は1つです。


★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:フィルム坊主
February 04, 2006

The Lord of the Rings :ロード・オブ・ザ・リング

ロード・オブ・ザ・リング

「ロード・オブ・ザ・リング」をやっと見ました。


これ、三部作なんですよね。


今回の1話は、フロドに対する怒りばかり込み上げてくる


無駄に時間の長い作品でした。



それらを列挙します。


・ホビット族って背が低い意味あるの?


→CG技術の無駄遣いでは??


・フロドよ。アラゴルンばかり呼んで助けを求めてるんじゃねえよ!


「僕が指輪をもらわなければ、、、」って、いつまで被害者面してるんだ?


→最後の最後で運命を受け入れている。遅すぎ!


・皆がホビットたちを守っているのに、ホビットらは皆を助けていない。


・ミスリムを着てあのトロルに串刺しにされるシーン、いらない。


→あぁ、どーせおっちゃんにもらったミスリル着てるんでしょ!ってすぐ思える。


・指輪の力を一番頼りにしているのは、実はフロド。


→危険が迫れば、仲間を放って指輪をはめて消えている。


・指輪の魔力よりも、フロドの臆病な心が皆を破滅へと向かわせている。


→フロドを救うために、皆がどんどん死んでいく。



と、ざっと挙げればこんな感じです。


フロド最悪じゃないですか!!!


ある意味、冥王サウロンよりも邪悪ですよ!!!!!



残りの2話、3話を見て総合評価したいと思います。


1話の星は1つです。


★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。