出石神社と出石ライオンズクラブクラブの主催で、「観月コンサート」を開催することになりました。

開催日:9月14日(水)PM7時開演
会 場:出石神社 出石町宮内99
演奏者:田中利奈 フルート
松本靖代 シンガー
中嶋 緑 ピアノ
主 催:出石神社・出石ライオンズクラブ
入場無料
どなたでも入場歓迎します。

 

出石神社神門
 

拝殿
 
 
 


AD
朝起きて、カブト虫の飼育ケースを見ると、6月28日にサナギから成虫になった第1号が動きません。

成虫になって2か月余り。
飼育ケースにオス2匹、メス2匹が育っていましたが、今朝オス1匹が寿命を終えました。

 

5月下旬に約300匹の幼虫を子供たちに贈りました。
その後、どうなったのかは一部始終聞いていませんが、毎日観察していますという報告もありました。

成虫にならなくなった者も、成虫になってもう死んでしまった者もいると思います。
命あるものはすべて終わりがあることを、子供たちも学んでくれたでしょうか?
どんな命も大切にしなければならないことを学んでくれれば、この活動も活かされます。


AD
8月22日
多くの感動を与えてくれたリオオリンピックが閉会しました。

多くの感動の涙がありましたが、その中で私が取り上げたいのは、
8月20日 読売新聞
「吉田 泣かないで」
この見出しと写真には泣けました。

インタビューでの第一声が「金が取れなくて申し訳ないです」
表彰台で銀メダルを手にして泣く吉田選手。

さぞかし、大きなプレッシャーだったろうな。
悔しかっただろうな。

吉田 泣かなくてもいい。
立派な銀だ。
お父さんも誇りに思っているよ。
本当によくやった。



右の記事、バトミントンの女子ダブルス「タカ・マツ」ペアの金メダルも素晴らしかった。

松友選手の最後の逆転の追い込み、高橋選手の最後の一球が決まって、コートに大の字になった姿。
喜びが抑えられなかったのだろう。

今回のリオオリンピックは、多くのメダルと共に多くの感動を与えてくれました。
選手はもちろん、監督、コーチの命がけの努力、見えないところで支えた家族。

勝って泣く者もあれば、負けて泣く者もある。
どちらも尊い涙に違いありません。


 
AD