今月のインカム報告です。

株の配当金      48,645円  (370,009円)

ヤフオク売上      2,000円  (385,938円)

FXスワップ金利     (141円)

インカム合計     50,645  (755,947円)

(   )内は1月からの累計金額です。


年間目標の72万円を達成しました≧(´▽`)≦


★コメント★

配当はセンチュリー21と日本リテールファンドからです。

ヤフオクは稲葉の図書カード自己使用分です

なお、今月からFXのスワップ金利を参考金額として

掲載します。

インカム合計に含めるのは来年からです。


★ひとこと★

今年も残りあと1ヶ月。

優待・配当・ボーナスとうれしい月がやってきました。

でも忘年会や送別会で飲み会が増え、体重も増えそうです。

AD

ようやくFXデビュー

テーマ:

しばらく様子を見ていましたが、ついにポジションを取りました。

豪ドル/円 1枚@96.91円です。


スワップ狙いののんびりホールド派ですので、値下がりすれば

買い増ししたいと思います。

これで12月からスワップ金利をインカムとして計上できそうです。

株主優待到着!

テーマ:

こういう厳しい環境だと、なんといっても株主優待が癒しアイテムなのですね。


本日、神戸電鉄より株主優待券が到着しました。

内容は、株主優待乗車証2枚と「有馬温泉 太閤の湯」ご優待券1枚です。

大きな声では言えませんが、これはプチ株でゲットできます。

ヤフオクでもいい値段で落札されるので、この時期助かっています。


大幅安のセントラルスポーツを権利落ちまでに買い増ししたいです。


TOBで上場廃止になるパトライト を泣く泣く手放しました。

含み益があっても一生手放したくない銘柄ではありました。

結局キャピタルは約50万円くらいでした。

税金を払いたくないので、年末にかけて含み損のある銘柄(いっぱいあります)の節税売りが必要となりました。


さて、この売却資金の一部でかねてより目をつけていたナルミヤインターナショナル を2株買いました。

これで、私名義の持ち株は5株となり、優待券が5,000円⇒10,000円分とアップします。


残りの資金と投資信託を売却した資金を足してFX資金とします。

約100万円からのスタートです。


FX独特の考え方を整理するために、レバレッジとロスカットの自動計算をエクセルで作成しました。

まだよくわかっていないので初めのうちはこれで計算しながら徐々にポジションを増やして行きたいと思います。


狙う通貨とは?

基本的な戦略は持ち株つまり国内株式をヘッジできる通貨で高スワップのインカム狙いです。

ドル円だとほぼ国内株式に連動しますのでヘッジになりません。

ということで比較的連動の少ない豪ドル円の買いで、スワップを狙うことになるでしょう。


ただし、日本の政策金利が上がと国内株式は↓、スワップ金利も↓となるのでこの戦略のリスクは日本の政策金利上昇です。

サブプライム問題でしばらくは日本の金利は上がらないと見ています。


為替の相場見通しは非常に難しく、プロでもあまり当たらないので深く考えないことにします。

どちらに振れてもリスクを最小にする株とFXの組み合わせをこれからも考えていきます。



昨日のパトライトに引き続き、ラヴィス も上場廃止となります。


AOKIHDが純粋持ち株会社体制を導入、ヴァリック、ラヴィスを株式交換で完全子会社化


株式会社AOKIホールディングス(以下、「AOKIホールディングス」といいます。)と株式会社ヴァリック(以下、「ヴァリック」といいます。)及び株式会社ラヴィス(以下、「ラヴィス」といいます。)は、本日開催の各社取締役会において、AOKIホールディングスの純粋持株会社体制導入にあわせ、AOKIホールディングスを完全親会社、ヴァリック及びラヴィスを完全子会社とする株式交換(以下、「本株式交換」といいます。)を実施することを決議し、本日、株式交換契約書を締結いたしました。


優待新設でこれから優待界デビューだったので非常に残念です。

じつは意外と知られていない高優待利回り候補銘柄でした。

買値6.4万円で2株持っていますのでキャピタルも得られそうです。


この売却資金は、他の優待株とFX資金になります。

なんだか、タイミング良すぎです。



※記事修正しました。

ショッキングなニュースがリリースされました。


パトライトがストップ高買い気配、筆頭株主の創業家がTOB


【Technobahn】(11/14 14:22)パトライトが値幅制限の上限となる前日比100円高の1080円まで気配値を切り上げてストップ高買い気配。

きょう14日朝に同社の創業家で発行株式総数の13.2%を保有して筆頭株主を務める福寅が1株1250円の買い付け価格でTOB(株式公開買い付け)の実施を発表したことが買い手掛かりとなった。

福寅はパトライトの完全子会社化を目指しており、TOB成立後は上場廃止となる見通し。



思い起こせば、こことは大証二部からの長ーい付き合いでした。

分割あり、優待新設あり、東証一部昇格ありとホントに色々ありました。


創業家と経営陣でのお家騒動があり、その結果、上場廃止となってしまったのは非常に残念です。

なぜなら私の好きな好財務・ニッチトップなリンチ株兼優待銘柄だったからです。



数日前からマイブームのFX投入資金をどうしようか迷っていたところ、パトライトのおかげで思わぬ形でキャッシュが入ることとなりました。



最初から最後までホントにありがとう。パトライト!

一生忘れないよ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

6825 パトライト  連結中間・通期下方修正(減収・減益)

3952 中央紙器工業  連結通期上方修正(増収・増益)、増配(期末1円)

6882 イエローハット  連結中間・通期下方修正(最終赤転)


中央紙器工業は予想通り通期上方修正+増配でした。ヨカッタヨカッタ。

パトライトの下方修正は予想外でした。ここは、設備投資の先導株なので、

来期の製造業の設備投資は減少するでしょう。

イエローハットは・・・もっとがんばってねヽ(;´ω`)ノ


これまで持ち株限定その1~4までの業績発表を集計しますと

14戦1勝12敗1引き分けと大きく負け越しています。


サブプラ不況が、てぐすね引いて待っていますので来期の見通しは

今期以上に厳しいものがあります。

株価が下がってもいいのですが(ホントは良くないですが)、減配はいけません。


ということで来年はFXでインカムの積み増しを狙います。

FXを勉強中

テーマ:

FXのイメージは今までは高レバレッジの信用取引をしてキャピタル

狙うハイリスク・ハイリターンの商品というイメージでした。


特に今年8月の急激な円高局面で個人投資家が

大損したという報道が相次いだこともあり、危険な印象が強い

ものでした。


ところが、いろいろなブログを見ているとインカム狙いで投資する

方法もあるということが分かりました。


それは、スワップを利用するという投資方法です。

スワップとはひとことで言えば金利のことであり、

FXだと通貨間の金利差です。


特に今は日本は低金利であり、海外の金利とは比較に

なりません。

これを利用して円をドルやユーロなどで運用し金利分を

インカムとするものです。


為替は毎日変動するものですから、為替損益がスワップ収入を

超えることもあり必ずしもローリスクとはいえません。


ですが考え方はインカム狙いの株式投資と近いものがあり、

リスクを抑えつつ長期投資に徹する事ができれば、

レバレッジを効かせられる分、株式より資金効率が良いと

いえます。


ということで、今からFXを勉強して少しづつ投資を開始したい

と思います。


時間と複利の力を味方にし、バリュー株式投資とFXスワップ投資

を組み合わせハイブリッド型のインカム投資家を目指します。




6493  日鍛バルブ   連結中間・通期下方修正(減収減益)

8136  サンリオ     連結中間下方修正(減収減益)

7419  ノジマ       連結中間・通期下方修正(増収減益) 中間は赤転

4801  セントラルS   期末配当減配(17.5円⇒10円)


今回も見事に赤字が並んでしまいました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

恐ろしいのはサブプラの影響による景気悪化はこれからが本番ということです。

ということは、昨今株価・業績とも下落しているのは、ほんの始まりに過ぎない可能性がありますね。


逆に考えると、インカム投資の出番がようやく到来したという事です。

こういったときに株数を増やしておけば、次の上げ潮で、ものすごい体験ができそうです。

優待枯れのこの季節、貴重な優待です。

図書カード 2,000円分


inaba2007card


それにしても愛眼優待券 1セットが4,000円オーバーとは・・・

優待改悪で2セット⇒1セットになり需給が改善したことによるもの

であるとは思いますが、これほどまで強いとは予想外です。