預株日 銘柄 預株数 逆日歩
日数
品貸料
金利
預株
3月28日 ワタミ(株) 100株 8円 800円 796円
[東]7522 1日分 4円
3月27日 ワタミ(株) 100株 8円 800円 796円
[東]7522 1日分 4円
3月26日 ワタミ(株) 100株 5円 500円 496円
[東]7522 1日分 4円
3月23日 ワタミ(株) 100株 5円 1,500円 1,488円
[東]7522 3日分 12円
3月22日 ワタミ(株) 100株 0.55円 55円 51円
[東]7522 1日分 4円
3月20日 ワタミ(株) 100株 0.2円 40円 32円
[東]7522 2日分 8円
3月19日 ワタミ(株) 100株 0.55円 55円 52円
[東]7522 1日分 3円
(株)サンリオ 100株 0.05円 5円 1円
[東]8136 1日分 4円
3月16日 ワタミ(株) 100株 0.2円 60円 48円
[東]7522 3日分 12円
3月15日 ワタミ(株) 100株 0.2円 20円 16円
[東]7522 1日分 4円
3月14日 ワタミ(株) 100株 0.5円 50円 46円
[東]7522 1日分 4円
3月13日 ワタミ(株) 100株 0.55円 55円 51円
[東]7522 1日分 4円
3月9日 ワタミ(株) 100株 0.05円 15円 6円
[東]7522 3日分 9円
(株)サンリオ 100株 0.05円 15円 3円
[東]8136 3日分 12円
3月8日 ワタミ(株) 100株 0.05円 5円 2円
[東]7522 1日分 3円
3月6日 ワタミ(株) 100株 0.05円 5円 1円
[東]7522 1日分 4円
3月5日 ワタミ(株) 100株 0.05円 5円 1円
[東]7522 1日分 4円
3月1日 ワタミ(株) 100株 0.05円 5円 1円
[東]7522 1日分 4円

預株料
合計額
3,887円



今月はワタミの逆日歩がすごくて松井証券での預株料が3,000円

超えました。特に23日が5円3日分となってました。

結構うれしかったりしますヾ(@^▽^@)ノ

AD

優待・非優待合わせて21銘柄でした。


優待あり(赤字は初権利です)

パトライト

日東工器

ルネサンス

アプレシオ(本決算は9月)

ワタベウェディング

セントラルスポーツ

シダックス

ファンケル

ノジマ

アイエー

メガネトップ

共立メンテナンス

愛眼

イエローハット

ラパルレ

G-7HD

ワタミ


優待無し(配当のみ)

日鍛バルブ

プロルート丸光

センチュリー21(5分割)

中央紙器工業


明日の権利落ちは覚悟しています。

ワタベウェディングは優待改悪で優待利回りが低下していますので、次回は権利を取らないかもしれません。




投資会社のジャフコ (正確にはジャフコの子会社)が明光商会

1株1,450円でTOBをかけました。(リリースはこちら

理由は創業者のリーダーシップが強すぎて、今の時代に対応できる人材が育っていなく、このままだと経営改善ができないからということです。

TOB成立後はMEBO(マネージメント・エンプロイ・バイアウト)で経営陣と従業員が出資者となり経営改革を推し進めていくというストーリーを描いています。

450株ホルダーの私としては、有利子負債0で父さんの心配がなく安定して高配当してくれる優良企業という位置付けであり、近く買い増しを計画していたので非常に残念です。

過去にはフォンテーヌやオートハローズなど親会社によって上場廃止となり泣く泣く手放したこともあり、オーナー系で、かつては優待銘柄ということで明光商会へ投資していました。


したがって、TOBやM&Aなどと無縁だと思っていましたので非常にショックです。

こうなるとどうしようもないので個人投資家としての限界をあらためて感じました。

これを教訓としてまた、投資方針の修正をしていきたいと思います。

救いは買収価格のプレミアが25%程度ついた事位でしょうか。


これぐらいのプレミアなら売りたくないのがホントの気持ちです。

3倍くらいなら売ってもいいよ(笑

先日、四季報春号が発売されました。

早速チェックを始めましたが、一押し銘柄とリンチ株について

情報があったのでアップしたいと思います。


一押し銘柄


田辺工業 (1828)


どんな会社?

【特色】関東・中部が地盤。化学プラントを主体とする中堅総合プラント工事会社、保全工事推進

年間売り上げが230億円程度の中堅建設会社です。

ただ、タイの子会社が自動車部品(ドアノブ)、超小型ハードディスク部品などで好調とのこと。

2007年度予想PERは9倍台とバリュー銘柄です。

配当利回りは1.1%程度で取り立てて高くはありませんが、利益に応じて配当を実施しており将来的には増配が見込めます。

残念なことに東京証券取引所から3月22日付けでの東証2部上場を承認され人気化してしまいました。(記事はこちら

地味株はこのような材料があってもそのうちに沈静化するので、押し目を待って投資するのも吉ではないかと思われます。


リンチ株


われらが一押しリンチ株の中央紙器工業 が「業績修正率(リビジョン)が大きく割安な会社はココだ」ランキングで評価点86.29点で21位と今後に期待できる銘柄として紹介されました。

名証2部銘柄ながら筆頭株主がトヨタと抜群の安定感を誇っていますのでいつか注目されると思っていました。

業績も拡大中で数年後には大きな花を咲かせると期待しています。



投資される場合は自己責任でお願いいたします。

テンバガー銘柄のラパルレ が3月7日、増配&優待拡充を発表しました。


増配のお知らせ


優待拡充のお知らせ


増配は期末配当を450円から750円(うち記念配当200円)

優待拡充は子会社の商品10~20%割引券を追加といった内容です。


内容はたいしたことはありませんが、個人投資家にちょっとでも

還元したいという想いが伝わってきます。


こういう会社はいつまでも応援したいですね。



投資される場合は自己責任でね

ナルミヤインターナショナル が業績の上方修正を発表しました。


平成19年1月期通期業績予想の修正に関するお知らせ


平成19年1月期(平成18年2月1日~平成19年1月31日)の業績予想について、下記のとおり修正いたします。
1.平成19年1月期業績予想の修正
(1) 通期(平成18年2月1日~平成19年1月31日)
(単位:百万円)
売上高  経常利益  当期純利益
前回予想(A) 26,619 229 30
今回修正(B) 26,770 614 275
増減額(B-A) 151 385 245
増 減 率(%) 0.6% 168.1% 816.7%
2.修正の理由
売上高につきましては概ね前回の予想通りとなりますが、利益面につきましては
① 在庫調整が予定以上に順調に推移いたしました。
② 新企画によるラッキーパックが成功いたしました。
③ 1月度店頭の2次セールの中止により粗利益率の確保ができました。
④ 1月度の長期ファミリーセールの実施が、秋冬物商品の販売に貢献いたしました。
⑤ 販管費を全般的に抑制することが出来ました。
これらの結果、経常利益は6億14百万円、当期純利益は2億75百万円となり、これまでの予想をそれぞれ上回る見通しです。


3.当期の配当方針について
当期の配当予想につきましては、平成18年3月15日の決算発表時に公表いたしましたとおり、 1株当たり3,000 円を予定いたしております。

***********************


業績も下げ止まりで推移してよかったです。

配当が無事出そうで何よりです。


トップカルチャー から図書カード1,000円分×2名義分到着しました。

ここはポートメンテ時にすべて売却しましたので次回からは無しです。


今日は天気が良かったので車で30分くらいのところにある公園に

家族で行きました。(初めて行くところです)


子供と一緒に体を動かすと、とっても暑く汗だくになりました。

気温は20℃以上あったのでは?

自販機のアイスは行列が出来てました。

まるで5月GWのような日差しでした。


花粉も最高でくしゃみと鼻水が止まりませんでした・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

これから花粉症にとって憂鬱な季節の幕開けです。