株の配当金     8,010円  (17,010円)

ヤフオク売上    5,000円  ( 5,000円)

インカム合計   13,010円  (22,010円)

(   )内は1月からの累計金額です。


★コメント★

配当金は明光商会とキユーソー流通からです。

ヤフオク売り上げは優待券の自己使用分を計上しています。

AD

巷は増配ラッシュ!

テーマ:

本日、トップカルチャー の株主優待図書カード1,000円×2名義分到着しました。


それにしてもこれから3月の権利落ちまでどのようなドラマが待っているのでしょうね。

株価のことではなく、もちろん増配に関してですけど・・・


インカム狙いが吉と出そうな雰囲気です。

配当情報はマネー&マーケット からどうぞ

2月13日に確定申告書を提出しましたが、その還付金の通知書が早くも到着しました。

実際の振込みは3月中旬くらいなので3月分のインカムとして計上します。


還付金額は約23,000円、確定申告書の作成時間は5時間くらいでしたので時給換算すれば4,600円です。

残業代より多いですね。

まだ十分時間はありますので、まだの方はお早めに!


やったことのない方もこれを機にチャレンジしてみてはいかかですか?

慣れると簡単です。


税金と証券会社への手数料を限りなく0にする努力は銘柄選定とともに重要です。

これを頭に入れておくと、相場の乱高下にも動揺しなくなります。つまり「強い投資家」になれます。


株式投資の必勝法

「税金と証券会社への手数料を限りなく0にする努力を怠るべからず」



注目銘柄は?

テーマ:

バリュー投資派としては先日株価の乱高下があったとはいえ、全般的に割安・高配当な銘柄が少なくなってきたのは非常に残念です。

そこで新たな視点で銘柄を探しました。

株式投資の未来(ジェレミー・シーゲル著)によれば、「株式の長期的なリターンは増益率そのものではなく、実際の増益率と投資家の期待との格差で決まる」ということです。


そこで具体的にリターンをもたらすセクターとして紹介されていたのが「エネルギー」「ヘルスケア」「生活必需品」の3つです。

というわけで四季報片手に探し当てたのが東燃ゼネラル石油 です。

この銘柄を聞いて皆さんどう思いますか?あまりぱっとしない・儲かってそうにない・・・と思いませんでしたか?

そこが「投資家の期待との格差」が生まれる条件なのです。

過去の実績PERは高平均15.9、低平均12.6(四季報調べ)と他のセクターに比べてかなり低いことが分かります。これはとりもなおさず「投資家の期待が低い」と言うことなのです。


配当利回りも3%以上ありますし、グリーンクロス と共に大切にしていきたい銘柄となりそうです。


東ゼネの最新ニュース

東燃ゼネの06年12月期営業益2倍に=年間配当予想50銭高の37円に(時事通信)


投資される場合は自己責任でね!


本日、キユーソ流通システム から配当と株主優待のジェフグルメカード3,000円分が到着しました。

ジェフグルメカード

これは使えるお店が多いので重宝しています。大手の外食店ならほぼ使えます。


業績は原油高で増収減益でしたが、これさえ一段落すれば増益も期待できます。

個人的には物流いわゆるロジスティックスはこれから伸びる分野であるとにらんでいます。

なぜならいままであまり目が向けられていなく、それゆえに改善の余地があるからです。


同社にはこれからも期待しましょう!

投資される場合には自己責任でね。

気がつけば・・・

テーマ:

早いもので、あと1週間ほどで3月なんですね


最近年月が過ぎるのがものすごーく早くなりました。


インカム派にとっては、待ち遠しい配当が早く来るのでいいのですが、人生的には「ちょっと待った!」と言う感じです(笑


3月権利取りに向けて相場の上昇があるのでしょうか?

ここはヤフオクゲインと配当金を重視しているブログです。


ヤフオクゲインの主な情報源はオークション統計ページ(仮) です。落札相場を調査するのに最適です。


では配当金は?四季報やヤフーファイナンスも参考になりますが、変更があったときなどは更新されない。


私もその点で困っていましたが、いいサイトを見つけました。


マネー&マーケット<配当> です。


メジャーなサイトなのでご存知の方も多いとは思いますが、灯台下暗し(笑


他にいいサイトがあれば情報下さいね!

中央紙器工業マル得情報!

テーマ:

イチ押しリンチ株の中央紙器工業 ですが、ローカル企業のため情報が少ないのが難点です。


というわけで今日の日経朝刊中部版に記事がありましたのでご紹介します。


****************************************

中央紙器工業、来期、段ボールパレット増産、3割増40万枚。

 段ボールメーカーの中央紙器工業は、自動車部品など製品の運搬時に使用する段ボール製パレット(台座)を増産する。二〇〇六年三月期の生産見込み数は三十万枚だが、〇七年三月期は三割増の四十万枚に拡大する。産業界では木製パレットが主流だが、同社の段ボールパレットは木製と同等の強度を確保しており、リサイクル可能という利点もあり、需要が伸びているという。
 段ボールパレットを製造しているのは本社工場(愛知県春日町)。現在は主にトヨタ自動車グループの自動車部品を運ぶパレットを製造している。約七百キログラムの自動車部品をのせた状態でフォークリフトで引きずっても壊れない強度が売り物で、世界包装機構の「ワールドスター賞」も獲得。荷物の取り扱い方が荒っぽいとされる海外での使用にも耐えられる強度を持つ。
 段ボールパレットは木製と違い、薫蒸処理(害虫処理)の必要がないうえ、くぎを使用しないため環境にもやさしい。今後は弱電メーカーや今でも木製パレットを使用している業界への販売にも力を入れる。
*****************************************

確かに、木パレよりは段パレのほうがリサイクルしやすいし、環境にやさしいと言えます。

顧客にトヨタグループと言う優良企業が多く、これらの企業が環境対策として木パレから段パレへと言う流れができれば、売り上げが伸びるのは間違いないでしょう。


特にトヨタグループは「横展」といって、優れた商品・サービスはグループで共有するという伝統がありますので一旦流れができれば加速力はあります。


また、中央紙器工業は数期前から株主還元も積極的になりつつあり、連続増配中です。

私は強力にホールド中です。


投資される場合は自己責任でお願いします。

バーゲンセールの始まり?

テーマ:

今日1日で120万円ほど時価総額が減りました。


どちらかというと含み益が増えるより含み損が拡大する時期のほうが長かったので、株価の下落には免疫があります。


デイトレ派はこういうときは有利ですね。まずいとみればポジションを閉じられますので・・・私の場合は常にフルポジションですので影響は大きいです。


欲しい銘柄もだいぶ下がってきましたので、そろそろ新規資金の投入があるかも?


買いたいのは前にも紹介したホーブ です。

本日中間決算の発表がありました。


*********************************

2006年 2月13日(月) 14時0分

ホーブ<1382.Q>:中間単体、05年12月当期20.7%増1.10億円、06年6月予想1.54億円



[東京 13日 ロイター]
2005年12月中間期(2005年7月1日-2005年12月31日) 注) カッコ内は前年比、△は赤字
05年12月中間期 04年12月中間期 06年6月期予想 05年6月期実績
売上高 (百万円) 2,653 2,210 4,554 4,228
(+20.0%)
営業利益 (百万円) 207 170 209
(+21.9%)
経常利益 (百万円) 203 169 265 205
(+19.5%)
当期利益 (百万円) 110 91 154 115
(+20.7%)
1株利益 (円)   14,830.09 13,845.00 20,336.27 17,443.15
1株年間配当 (円) 6,000.00 5,000.00
1株中間配当 (円) 0.00 0.00
1株期末配当 (円) 6,000.00

**********************************

予想PERが10倍程度になれば買いたいです・・・ターゲットプライス20万円ということですね。

ここまで下がれば配当利回りも3%ありますのでいうことはありません。

低PER・ニッチ・高配当・・・これがバリュー投資の3点セットです。


投資される場合は自己責任で!