最近強烈に値上がりしているエステのラ・パルレ ですが本日優待変更を発表しました


**********************************************************

株主優待制度の変更に関するお知らせ


1. 変更の理由
当社では株主還元策の一環として株主優待制度を導入いたしておりますが、更なる充実を図るために変更いたします。


2. 変更後の株主優待制度
①毎年3 月・9 月の権利確定分の株主及び実質株主に対し、当社のサロンでご利用いただけるエステチケット券(20,000 円相当)を贈呈。
②毎年3 月の権利確定分の株主及び実質株主に対し、入会無料券(利用時のコース契約料も20%割引利用が可能)も贈呈。


【ご参考】
現行
贈呈基準
1 株以上
① エステチケット券(10,000 円相当)1 枚
② 入会金無料券(20,000 円相当) 1 枚
⇒利用時のコース契約料も20%割引可
③ 自社商品


変更後
① エステチケット券(20,000 円相当)1 枚
② 入会金無料券(20,000 円相当) 1 枚
⇒利用時のコース契約料も20%割引可
③ 廃止


*エステチケット券を増額したため、自社商品は廃止致します。
*9 月権利確定分は①のエステチケット券のみ。
*①のエステチケット券は2 期以上連続株主名簿記載の株主に対しては、2 枚贈呈。(2 万円券×2 枚)
3. 適用時期
平成18 年3 月権利確定分より実施。
******************************************************

2期以上ホールドすると年間10万円分(チケット2万円券×2×2+入会無料券2万円)とスゴイことになります。

ヤフオクでは入会無料券はほとんど価値がありませんが、チケット1万円分は3,000円が相場となっています。ということは年間24,000円!となります。


私は99,000円で1株ホールドしています(記事はこちら


これだから長期投資&優待は止められない

AD

松井証券手数料引き下げ!

テーマ:

松井証券が今となっては割高な手数料の改定を発表しました。

私がメインに使っているところのでとてもうれしいです


手数料の改定について
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松井証券は平成18年4月を目処に、「ボックスレート」の改定をはじめとした
新たな手数料体系を実施します。

【新手数料体系の概要】
--------------------------------
■ボックスレート幅の変更

旧)1日の約定代金300万円ごとに手数料3,150円

新)1日の約定代金100万円ごとに手数料1,050円
--------------------------------
■ミニボックスの拡充

・1日の約定代金が100万円以下の場合の手数料体系((2)、(3))を追加
(1)1日の約定代金が10万円以下 無料(継続)
(2) 同 30万円以下 315円
(3) 同 50万円以下 525円
--------------------------------
■1日の手数料上限額の設定

・1日あたり顧客が支払う手数料に上限を設定する
(手数料額上限:105,000円)


株価の上昇で10万円以下の優待銘柄が少なくなっていましたので

これで非常に買いやすくなりました。

また、100万円まで1,050円となったのでリンチ株の購入も

しやすくなりました。


長期投資派でも売買コストの低減は大切です。

これが後のリターンに大きな影響を与えます。


4月が待ち遠しいです。

★リンチ株情報★ミロク

テーマ:

今日はリンチ株に関する情報があったのでご紹介します。


*****************************************************

ミロク(7983)-個別銘柄ショートコメント
*13:40JST <7983> ミロク 805 +31

薄商いながら3日続伸で7営業日ぶり800円回復。立花証券では投資判断を「強気」としているようだ。来期連結経常利益は、新型ライフルの投入効果などでV字回復予想。

(FISCO)

******************************************************


 配当金到着情報


トップカルチャー  900円×2名義分


2005年10月期 事業報告書から

・中期的に80店舗体制の実現を目指す。(現在55店舗)

・大型商業施設への大型店舗の出店を基本とし

 売り場面積1,000坪以上の超大型店舗も出店していく。

・店舗買収戦略としてはCCCの直営店の取得をすすめる。



投資される場合は自己責任でお願いします。




デイトレは期間工、長期投資は正社員です。


期間工は短期的には給料が良いですが、将来の保障はありません。病気になって会社を休めば収入は0です。
初任給は低くとも有給があり時間とともに給料が増えていくのは正社員。


あなたならどちらを選択しますか?

インカム投資実績

テーマ:

インカム・インカム・・・と、しつこく書いていますが実際のところどうなんだ!


ということで、2002年から2005年までの4年間のインカムはどうなったかというと

インカム総額は1,336,826円(配当の源泉徴収還付金含む)です。


この約134万円のインカムで下記銘柄を少しずつ買って


日本駐車場開発      1株

TAC            200株

ラ・パルレ          1株

セントラル・スポーツ  100株

シダックス          1株

フェニックス電機    100株

ワタミ           100株

メガネトップ       200株

サンリオ         200株

日本ジャンボー     100株

愛眼           200株

イエローハット     100株


本日現在の時価総額は2,215,700円となっています。


どうですか?配当を再投資することの有利さを分かっていただけましたでしょうか?

この時価総額の220万円はすべてインカムから構成されています。新規資金ではないことに注意してください。

今年も60万円超のインカムが予定されていますので上手くいけば時価総額300万円に達するでしょう。


これを10年スパンで継続するつもりです。

これが複利という最強の武器の威力です。



今日は暴落?

テーマ:

本日の日経平均は-336.04円(約2.1%)でした。

myポートは3%以上下げました。

でも持ち株の時価総額からいくと昨年の12月24日の水準です。


たった1ヶ月前の水準に戻っただけなのに大騒ぎする必要はなく、ましてや狼狽売りをして証券会社に手数料まで献上する必要は全くありません。



以前ボーナスを何に使いますか?という記事を書きましたが皆さんはどう行動されましたか?

私は一部使いましたがほとんどそっくり残っていますので、更に深押しするようなことがあれば以前からウォッチしていた銘柄を買うつもりです。



先安感があれば今売って、後で買い戻せばいいじゃないか?との意見もあろうかと思いますが、一旦売ったのを安値で買い戻すということは私には出来ないと思います。

なぜならそこまで人間ができていないからです(笑

それが私の限界だと思います。



上がろうが下がろうが持ち株は売らずインカムの範囲で買い増しをし、暴落時にさくっとウォッチ銘柄に買いを入れる・・・そんな投資家でありたいものです。


持ち株増配ニュース

シチエ<4724.T>、2005年12月期見通=年間配当31.00円


[東京 23日 ロイター]
2005年12月期(2005年1月1日-2005年12月31日)
今回の見通 前回の見通 2004年12月期実績
1株配当 (円)      31.00 29.00 34.00
業績配当金 (円)     7.00 5.00 10.00

ブログ名変更しました!

テーマ:

いままでのブログ名「株主優待券オークション総合研究所アメーバ棟」だとネーミングの悪さからコンテンツに制約があり(自分でそう思っているだけですが)更新しにくかったので、思い切って変えてみました。


これでバリュー銘柄のコンテンツを思いっきり盛り込めるので楽しくなりそうです。


リンクしていただいていらっしゃる方はお手数ですが、ブログ名の変更をしていただければありがたいです。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

近況報告

テーマ:

このところの株式相場の活況についていけないです(笑


ここまで来ると割安銘柄がほとんど残っていないので

銘柄探索は一時中断して株式や経済に関する本を読んでいます。


なぜならしゃかりきになって売買しなくても配当や優待券はゲットできますから少なくとも年間インカム60万円程度は入ってきます。

よって持ち株の時価総額が増えるのを眺めるだけとします(笑

(下がるのは考えないのかっ!)


ということで最近読んだ本はベストセラーの「下流社会」です。

アマゾンでの批評は散々ですが、私には結構参考になりました。


特にマーケティングを専門とする人の本を読むのは

ほとんどありませんでしたからとっても新鮮でした。


富裕層と低所得者層の二極化が加速していくと言う考え方

それに対応していく企業を早い段階で探せばかなりのリターンが

望めるのではないかと思いました。

2006年大発会

テーマ:

2006年の大発会は昨年に引き続いて上昇で幕を開けました。


私の持ち株も大幅安のケネディクス を除いておおむね順調な滑り出しとなりました。

今年も注目銘柄はグリーンクロス ですね。

四季報全銘柄チェックしましたが、ここが割安度ベスト3に入ります。


高くなりすぎた銘柄を売却してここを買い増ししたいです。

最終的には10,000株位まで買い進んで行きたいと思います。


まあ、今年中でなくても何年かかけてそれくらいまでいければいいなというレベルですが・・・


話は変わりますが成長株での注目はホーブ です。

ここはイチゴの苗開発から販売まで手掛けるバイオ企業であり

夏秋は自社品種を、冬は市場で仕入れ販売している

とってもニッチな会社です。


株価がやや高いのが難点ですが、深押しすることがあれば

目をつぶって買います。

テンバガー候補ともいえるでしょう。


投資される場合は自己責任でお願いします。