9月度の株オクゲイン総額

テーマ:
今月の株オクゲイン(配当金+ヤフオクゲインの合計)は
71,794円(対前年度比+59,818円)でした。

増加の主な要因は、ワタベウェディングのヤフオクゲイン20,000円(昨年0円)とエーワン精密の配当金を9月に計上(昨年は10月)した事によるものです。

これとは対照的に、キャピタルゲインは0円でした。
もちろん、マイ・ポートの全てが含み損と言うわけではなく、各銘柄の四半期業績と株価を考えると、今は売る時期ではない・・・というだけです。

キャピタル派の方で、私のインカムより儲けが多かったのは、どのくらいいらっしゃるでしょうか?
それはわかりませんが、確かな事は、来年の私の株オクゲインは、今年より多いと言うことです。
なぜなら、株オクゲインをすべて株式に再投資しているからです。とっても簡単な理由でしょ!
でも、これをマネが出来る人は非常に少ないです。

マネして一緒にお金持ちになりませんか?
人気ブログへ一票お願いします♪
http://blog.with2.net/link.php/14642
AD
VTホールディングス(VTHD)どんな会社かな?
【特色】ホンダ系ディーラー初の上場。愛知・三重・岐阜が地盤。持ち株会社化しM&Aを積極展開
【連結事業】自動車販売関連90(3)、住宅関連9(-7)、不動産賃貸1(47)、他0(63)(2004.3)
【本社所在地】〒477-0032 愛知県東海市加木屋町陀々法師14-40 [周辺地図]
【業種分類】小売業
【英文社名】VT HOLDINGS CO.,LTD.
【市場名】名証2部,ヘラクレス
【決算】3月 末日
【中間配当】9月
【設立年月日】1983年3月22日
【単元株数】100株
【代表者名】高橋 一穂 【上場年月日】1998年9月10日
【従業員数(単独)】14人 【平均年齢】37.6歳
【従業員数(連結)】476人 【平均年収】5,690千円


ここの優待内容は
 100株以上   新車・中古車購入優待券1枚(30,000円分)・
        車検時利用優待券1枚(10,000円分)です。

ハナテン(漢字だと放出)も似た様な優待内容ですが、業績・財務内容があまりにも悪くリスクが高い為、見送っています。
ただ、ハナテンも現在の株価水準だと20~30%の高優待利回りですので、リスクとリターンのバランスが取れたと判断できれば参入予定です。

一方VTHDは先日、1:5の大型分割を実施しましたが、分割前は1株4,000円前後していましたので優待券をゲットしようとしたら40万円前後必要でした。
分割後の安くなった所で100株@774円で本日ゲットしました。

今後、優待獲得条件が変更となるかもしれませんので、オススメは出来ません。
投資される場合は自己責任でお願いします。

ヤフオクの見通しなどはこちら


応援ありがとうございます。人気ブログランキングへクリック♪

http://blog.with2.net/link.php/14642>http://blog.with2.net/link.php/14642
9月銘柄の権利落ちによる株価下落は、9月に約7万円のインカムをゲットした私にとって、恵みの雨のようです。
つまり、多くの銘柄が下落する事によって、本来下落する事はない銘柄も下がっているからです。いわゆる連れ安ですね。

具体的には日本上下水道設計第一カッター興業などの好財務・不人気株や、ワタベウェディングなどの高優待利回り銘柄が安くなっており絶好の買い場が近いと思われます。

ノジマも上方修正したことですし、そろそろ・・・かな?

応援ありがとうございます!人気ブログランキングへ♪
http://blog.with2.net/link.php/14642>http://blog.with2.net/link.php/14642

東急百を完全子会社化

テーマ:
東急百貨店が親会社である東京急行電鉄の完全子会社となり、上場廃止となります。

東京急行電鉄は、東証一部の東急百貨店を完全子会社化します。来年前半に株式交換で全ての株式を取得し、東急百貨店は上場廃止となります。交換比率は東急百貨店株1株に対して東急電鉄株0.3株となる見通しです。東急電鉄は現在、東急百貨店株の24.4%を保有していますが、完全に傘下に収めることで、渋谷駅周辺の再開発などで機動的な経営判断ができるようにします。

ここは、表優待は大したことはないのですが、隠れ優待の内容がよく、機会があればホルダーになろうと思っていたのに残念です。

親会社の完全子会社化による上場廃止は、私のホールド銘柄でも過去何社かありました。
オートバックスによるオートハローズ、アデランスによるフォンテーヌ、阪急電鉄による新阪急ホテルなど・・・
これらは子会社化の際、買取価格にプレミアがついていなかったので非常に損した気分でしたが、今回の東急は発表前と比較し1株20円ものプレミアが付いているので、ホルダーもちょっとはよかったのではないでしょうか。

優待ファンも優待の新設・追加・改悪・変更・分割・上場廃止などのニュースをいち早くキャッチする事がますます重要となってきました。

応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ一票↓

http://blog.with2.net/link.php/14642>http://blog.with2.net/link.php/14642

シーマ

テーマ:
シーマはブライダルダイヤの小売業です。
ここの優待は自社ブランドの宝飾品30%オフカードです。
何回も使用でき、しかも累積買い物額に応じて旅行券がもらえるという二度おいしいものです。

先日、単元数が100株→10株となりましたが優待獲得条件は1単元以上で変更無しです(今期)
現在の株価は1000円近辺ですので、10,000円ちょっとで、優待券が獲得できます。

これは、お宝銘柄の予感がします。

本日購入しますので、ヤフオクでどれだけの値が付くか今からたのしみです。

☆応援ありがとうございます、人気ブログランキング参加中↓☆
http://blog.with2.net/link.php/14642>
みなさ~ん、狙った銘柄は購入できましたか?
私は、かろうじてノジマ500株の買い増しが出来ました。

10月は優待谷間月間ですので11月~12月銘柄をこの時期に仕込んでおくのが正解です。

小僧寿しの優待改悪で、がぜん注目のジェフグルメカード狙いなら、キユーソ流通システムがあります。

有利子負債が約150億円とやや多めですが、四季報によると負債圧縮に着手しているようです。

一方、足元の業績は順調で、増収増益で増配が見込まれます。

☆応援ありがとうございます、人気ブログランキング参加中↓☆
http://blog.with2.net/link.php/14642>http://blog.with2.net/link.php/14642

社長の日記~湘南より

テーマ:
って言うタイトルならアクセスが増えるかも(笑

・・・ご覧頂きました皆様、だましてすみませんでした。

今日は株式市場もお休みでしたが、私は会社でした。

こんな日も落札者様から振込があり、「株オク投資って効率がいい!」と心底思いました。

なぜなら、市場が休みだろうが会社に出勤しようが、My口座には株オクゲインが確実に増えているからです。

金持ち父さんなら、どう言ってくれるでしょうかね?

こういう風に不労所得を得るのは簡単です。
その方法は私のマネをすればいいのです。

高度な投資知識やデイトレテクなど一切必要ありません。
必要なのは少々の軍資金と好奇心だけです。

☆応援ありがとうございます、人気ブログランキング参加中↓☆
http://blog.with2.net/link.php/14642
このブログのテーマであります株主優待券ですが、まず株主優待とは何かということから始めたいと思います。

応援宜しくお願いいたします。人気ブログランキングへ一票(右のbookmarkにあります)

☆株主優待とは☆
株式を買う楽しみの1つに株主優待があります。株主優待とは、企業が単位株の株主(正式な株主)に対し、株主サービスの一環として行なうものです。実際のところ、株式の値上がりや配当以上に株主優待を目的に株式を買う人もいます。

株主優待はどちらかというと、日常生活になじみのある企業が行なっていることが多いです。実際に株主優待にはユニークなものも多く、自分の興味のある企業が株主優待を行っているか調べてみたり、また面白い株主優待を行っている企業を探してみるのもよいでしょう。以下は株主優待の具合例です。

食品会社-自社製品
飲料会社-自社製品、ギフト券
飲食店会社-割引券、お食事券
衣料品会社-自社製品、製品引換券、割引券
化粧品会社-自社製品
住宅会社-建物本体割引券
百貨店-買物優待券
スーパー-買物優待券
家電量販店-買物優待券
映画会社-映画招待券
遊園地-入園優待券
ホテル-宿泊割引券
航空会社-航空券の割引券
電鉄会社-優待乗車券

など大きく分けて、自社製品などの物品系と割引券などの優待券系の2種類があります。
第2回ではどちらを選択するのがよいのか、講義します。