再会

テーマ:

先日、元彼と会いました。

このブログ開始当初に同棲していた彼です。

4年ぶりでした。


白髪は増えていましたが、変わっていませんでした。

余計な事は一切話さないのも相変わらず。


しかし、元彼を取り巻く環境は大きく変化していました。

鬱で通算して2年間仕事が出来なかったり、職も変わっていました。

もちろん住まいも…。

本人も『あんまり良い話はないよ』と言っていました。


でも元彼は現状に甘んじることなく、体調と相談しながら

理想の自分に近づくそうです。

『俺は男だから』という言葉が印象的でした。


ミッキーのことは、

『雰囲気とか全体的な物は全然変わっていないよね~』と。

…そうかな?

自分では結構変わったつもりだったのですが。

ま、否定するのは止めました。



ファミレスでドリアを食べたのですが、

『え~?食べられるの?

普通に食事が出来るんだ~。

パンばっかりボソボソ食べているイメージしか無いからなぁ』

と言われました。


確かに。

同棲していても一緒に食事することなんて滅多になかったし。

まさか一緒に夕飯が食べられるとは思っていなかったかもしれないな。



元彼はどう思っているか分りませんが、今は兄みたいな存在です。

だって20代のミッキーを全て知っている唯一の人ですから。


10歳離れているから、今になって当時元彼が言っていたことが

理解出来たりして。

やっぱり間違いは無かったんだなぁ、て気付く。


だから4年前に別れたことも間違いじゃなかったんだと思う。

今はお互い違う道を歩んでいるけど、こうして会ったりして

良い関係が築ければ…と願います。




AD

2011年

テーマ:

明けまして、おめでとうございます。

更新が数ヶ月に1度、ぐらいの頻度は変わらないと思いますが

今年も宜しくお願い致します。


さて、新しい年になりましたので、目標を立てる前に

まずは去年の振り返りを簡単に。



去年目標は、

1.お金を貯める(無駄使いをしない)

 →決まった額は貯金していましたが、+@はしませんでした。

   反省。


2.優しくなる(極力怒らない)

 →…過食の時から比べれば、優しくなった気がします。


3.自分の好きな物(事)を探す

 →見つけられました。

  同僚や友達との時間、お気に入りの紅茶&コーヒー、コスメ…。


4.幸せな時間を過ごすようを努力する

 →3.を行っている時は幸せを感じます。


5.買い食い、夜中食べる回数を減らす

 →年々回数・量ともに減ってはいますが、無くなってはいません。


総合すると、『まずまず』といった所です。

でも、3と4を得られたことは全てにおいてプラスでした。

食べ物から離れられるし、素直に『幸せ』と思えるようになったので。



あと数日で34歳になるミッキー。

30歳の頃から漠然と、

(34歳になったら、今後どう生きていくか考えて実行する)

と思っていました。

34歳を目前とした今、心も充分成長したし実行出来ると

実感しています。

以上を踏まえまして、今年の目標は


<早い段階で人生の方向性を決めて実行>

 ・『結婚する』と決めたなら、それに向かう

 ・『一生独身』と決めたなら、今の仕事、住居について検討


…過食と離れ、普通の生活を送っている今がとても充実しているので

他に目標がありませんでした。

なので、この1点、きちんと達成または近づけるよう努力し、

1年を過ごすこととします。


AD

2010年を振り返って

テーマ:

早いもので12月になりました。

振り返ると、とても充実した1年でした。


20歳で過食症になり、毎日頭の中は食べ物のことでいっぱいで

人づきあいも避けた生活を送ってきました。

でも、この1年は

『普通の人間らしい生活が出来た』

と実感しています。

それも昨年より格段と。


ほぼ月1で飲みに行ったり、ジムに行けなくても焦らないし

2kgぐらい太っても落ち込まないし、食べ過ぎた翌日も仕事をサボらなくなった。

『友達』と呼べる人も出来、同僚とも良い関係が築けている。


自分で言うのも変ですが、人にも優しく出来るようになった気がします。

太ったこと、太ることにイライラして余裕がなかったんです。

そして太った自分が嫌で、人を避けるように生きてきましたからね。

当然、誰かに心を許すなんて事は無かったな。



そして最近思うこと。

それは毎日を大切に生きること。


過去の記事を読んで頂ければ分りますが、

(この世から消えてなくなりたい)と思い、行為に及んだこともあります。

でも、人間は誰でも早かれ遅かれ亡くなる日が来ます。

それは突然来るかもしれない。

1ヶ月後かもしれないし、半年後かもしれない…。

だから後悔しないよう毎日を生きよう、と決心しました。


食べることに縛られていた生活から開放された今、

生かされていることに感謝して、生きて行きたいと思います。

AD