3/12 クリニック

テーマ:

過食三昧の日々と昨日の仕事サボリ、鬱状態を相談したかった。

でも、まずは食事日記を見てもらいました。


前回減った過食も、この2週間で倍以上に増えてしまいました。

悲しい…。


睡眠の話になり

『眠剤を飲むと無意識に食べてしまい、翌朝自己嫌悪に陥って

仕事に行きたくなくなるんです。

だから、(眠剤を飲んで)睡眠か、不眠か?と言われたら、

不眠の方が楽なので不眠と取ります。』

と言いました。

そうしたら

『じゃあ、眠剤止めてレスリンにしようか?』

という話になりレスリンを試すことにしました。


レスリンは以前飲んだことがあるのですが、翌朝残ってしまいダルかったりするんです。

ですので、寝る2時間前に飲むように言われました。

…なんですが、今日(14日)の時点で怖くてのんでいない、、

今夜、飲んでみようかな?


それから、ミッキーの質問攻め。

『仕事を辞めても過食は良くならないですよね』

『うん』


『過食はもう治らないんですかね?

もう1年以上続いているんですが…』

『治らないってことは無いよ。

ただこじれて長引いているだけだよ』


『過食を止める方法ってありますか?』

『30回以上よく噛んで食べることを意識したらどうかな』


なんだか、腑に落ちないまま診察が終わってしまいました。

まぁ、自分との戦いなんだと思うんだけどね。

でもキッカケが掴めなくて、ただただ時間だけが過ぎている気がしてしょうがない。


AD

2/13 クリニック

テーマ:

本当だったら2/8に予約をしていたのですが、仕事の急な外出で行けませんでした。

ですので、20日ぶりの診察でした。


2月に入ってから、過食・ほぼ絶食の日々でした。

過食・ほぼ絶食・ほぼ絶食・過食…みたいな。

先生も食事日記を見て、指摘しました。


ミッキーは、過食しても精神的な落ち込みが少ない事を話しました。

前みたいに『死にたい』とか、泣きながら過食する事はありません。

食べている時は、『あ~、食べているな』て思うぐらいだし、

食べ終わってからは、『は~、お腹いっぱい。幸せかも!?』てな感じ。


先生は、『本当にそう思う??』と何度も聞きました。

そりゃ、時には『食べ過ぎてしまったので、仕事に行きたくない』と思うことはあるものの

そんなに酷い自己嫌悪じゃない。

『う~ん、本当にそう思うなら良いんだけど。

肥満な訳でもないしね。』


仕事のストレスについても聞かれましたが、今は仕事に慣れたので

そんなにストレスは感じません。


ただ、過食の回数を減らしたい!と言いました。

『意志が弱いからですかね?』との質問に

『意志が強い、弱い、では無く、なぜ過食の衝動が来るかだよね…』

今はストレス発散で過食をしているのではなく、暇だから、とか何となく、という感じ。

、、、、、、、、


睡眠が不安定なので、サイレースに変更になりました。

また2週間後。

今度の診察まで、過食の回数を1回でも減らしたいです。



AD

1/25 クリニック

テーマ:

会社帰りの金曜にクリニックに行くのは久しぶりでした。

予想通り、混んでいました。

待合室で、何を話そうか考えていました。


40分後ぐらいに呼ばれました。

食事日記を見てもらいました。

先生は

『何で、砂糖を食べるの?』

と聞きました。

最近、砂糖をそのまま食べたり、キナコに砂糖を入れて食べたり…。

ひどい時にはキナコ1袋(150gぐらい)を食べてしまいます。

『甘い物が食べたくて…』

『だったら、ノンシュガーの飴を食べたら?』

…納得です。


それから、仕事が嫌で辞めたくてしょうがなかったが、今は、もう少しだけ頑張ってみよう、

と思えたこと。

仕事の内容、生活など。


ミッキーからは、眠れないので何とかして欲しい!とお願いしました。

夜中(最近は0:30)に起きて、物を食べて寝て、また起きて寝て…の繰り返しで

朝を迎えます。

食べている時はほとんど意識が無い(?)ので、勢いに任せて食べたくない物まで

食べてしまいます。

そして、食べてしまった…という罪悪感から1日が始まってしまうのです。


先生は、眠剤を倍にしました。

レンドルミン0.25mg×2.

中途覚醒しなければ、良いのですが。


帰りに早速、ノンシュガーの飴を買いました。

これで乗り切ります!!


AD