世界の食卓  グルメ探求の旅

エアラインスタッフの食べ歩き日記


テーマ:

プラナカン料理(ニョニャ料理)とは、主に中国大陸からの移民の料理とマレー系の

料理が融合したもの。中華らしさを残しつつも、ココナッツミルクやスパイスを使った独特な

料理です。(他にインド系のプラナカンもあるそうです)


今回はニョニャ料理を食べにシンガポールの金融街、シェントン・ウェイにある

ストレイツ・チャイニーズ・シーフードにやって来ました。


世界の食卓  グルメ探求の旅-sin1
アヤム・ブアクルア Ayam Buah Keluak


プラナカンの名物料理

Ayamはチキンですが、ブアクルアって何だろう?見た目は真黒な石のようですが、皮を

向いて食べた感じではサザエの身のようなお味でした。これは貝類???とその時は

思ったのですが、帰国して調べてみると、ブラックナッツという植物でした。


ところで、このブラックナッツ、そのままでは毒があるそうで、水に何日も浸して毒抜きを

するそうです。何とも手間のかかる食材ですね。




世界の食卓  グルメ探求の旅-sin2 世界の食卓  グルメ探求の旅-sin3
(左)つきだしの蝦せんべい 食べ出すとやめられない止まらない。辛味噌をつけてどうぞ。


(右)サンバル・ウダン
  マレーやインドネシアのサンバル・ウダンと比べて、かなり中華っぽく仕上がってました。

  まさに「日本で食べる酢豚」のお味。その豚が海老に変わっただけ。

世界の食卓  グルメ探求の旅-sin4
ミーゴレン

これもマレー系の同名料理とは味付けが異なり、香辛料と砂糖の味付けが際立ちます。

やはりミー・ゴレンはマレー系のほうが好きかも。


******************************************


ランチを終えたら時計は既に14時30分。1泊3日旅行なので帰国まで時間がありません。

食後は歩いて周辺を観光。


世界の食卓  グルメ探求の旅-sin5 世界の食卓  グルメ探求の旅-sin6

(左)お店がある金融街シェントン・ウェイの高層ビル群


(右)タイ国王から贈られた黒いゾウさん(アート・ハウス)


世界の食卓  グルメ探求の旅-sin11 世界の食卓  グルメ探求の旅-sin7

(左)高さ8m。シンガポールの象徴とも言えるマーライオン

(右)その裏には何とミニ・マーライオンが!!



世界の食卓  グルメ探求の旅-sin7

観光用の水陸両用車を発見。こんなのに乗って運河に浮かんでシンガポール見物する

のも一興です。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード