エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
} ニゴンボ ホテル

シンガポールのプラナカン料理(ニョニャ料理)

テーマ:東南アジア料理
2009-04-22 21:51:54

プラナカン料理(ニョニャ料理)とは、主に中国大陸からの移民の料理とマレー系の

料理が融合したもの。中華らしさを残しつつも、ココナッツミルクやスパイスを使った独特な

料理です。(他にインド系のプラナカンもあるそうです)


今回はニョニャ料理を食べにシンガポールの金融街、シェントン・ウェイにある

ストレイツ・チャイニーズ・シーフードにやって来ました。


世界の食卓  グルメ探求の旅-sin1
アヤム・ブアクルア Ayam Buah Keluak


プラナカンの名物料理

Ayamはチキンですが、ブアクルアって何だろう?見た目は真黒な石のようですが、皮を

向いて食べた感じではサザエの身のようなお味でした。これは貝類???とその時は

思ったのですが、帰国して調べてみると、ブラックナッツという植物でした。


ところで、このブラックナッツ、そのままでは毒があるそうで、水に何日も浸して毒抜きを

するそうです。何とも手間のかかる食材ですね。




世界の食卓  グルメ探求の旅-sin2 世界の食卓  グルメ探求の旅-sin3
(左)つきだしの蝦せんべい 食べ出すとやめられない止まらない。辛味噌をつけてどうぞ。


(右)サンバル・ウダン
  マレーやインドネシアのサンバル・ウダンと比べて、かなり中華っぽく仕上がってました。

  まさに「日本で食べる酢豚」のお味。その豚が海老に変わっただけ。

世界の食卓  グルメ探求の旅-sin4
ミーゴレン

これもマレー系の同名料理とは味付けが異なり、香辛料と砂糖の味付けが際立ちます。

やはりミー・ゴレンはマレー系のほうが好きかも。


******************************************


ランチを終えたら時計は既に14時30分。1泊3日旅行なので帰国まで時間がありません。

食後は歩いて周辺を観光。


世界の食卓  グルメ探求の旅-sin5 世界の食卓  グルメ探求の旅-sin6

(左)お店がある金融街シェントン・ウェイの高層ビル群


(右)タイ国王から贈られた黒いゾウさん(アート・ハウス)


世界の食卓  グルメ探求の旅-sin11 世界の食卓  グルメ探求の旅-sin7

(左)高さ8m。シンガポールの象徴とも言えるマーライオン

(右)その裏には何とミニ・マーライオンが!!



世界の食卓  グルメ探求の旅-sin7

観光用の水陸両用車を発見。こんなのに乗って運河に浮かんでシンガポール見物する

のも一興です。

PR

コメント

[コメントをする]

1 ■ニョニャ料理の甘味

美味しそうなニョニャ料理ですね。
デザートは召し上がられましたか?極彩色でココナッツ風味が強い餅菓子が主ですが、マレーと客家や福建の甘味が混じりあって、なかなか美味しいと思っています。(*^▽^*)
ぜひ、次回、シンガにいらっしゃる時にはどうぞお試しください。ブキスの地下、フードコートでも確かコーナーがあったように思います。(^_^;)

2 ■Dott.Cicciolinoさんへ

デザート、食べられなかったんです。お腹がいっぱいで(泣)
やはり1泊3日グルメ旅だとお腹が限界ですね。
こういう強行日程ではデザートは日本へテイクアウトするのがいいのかもしれません。
次回は試してみたいと思います。

3 ■タイムリーにも。。。

過去記事に今更ながらのコメントで、申し訳ありませんが、
地中海の携帯の電波が届く圏内で、kashiwanサンのブログ記事は楽しく拝見させて頂いておりました。(^^ゞ

そしてタイムリーにも、ソコで出会った華僑&インドネシア夫婦、(現在はシンガポール在住)と
仲良くなり、シンガポールのお勧めを聞いていたときに、この記事がUpされて★
是非、シンガポールへ伺う際には、kashiwanさんにもアドヴァイスを頂かなければな、と思わされましたYO★(w

ところで、またまた、、この前記事に関するコメントをコチラで一緒にして申し訳無いのですが、
アフリカで、穀物を原材料にした付け合わせ、
ウチの姉がJAICAでザンビアで2年滞在した後、現地人のように?帰ってきてから
振舞ってくれた料理が、トウモロコシ粉で作る「シマ」と呼ばれるもので、
水団・ほうとう・チクワブ嫌いのドラミは、勿論NGでした。。。(w ;;;
恐らくkashiwanサンが今まで召し上がってきて、お好きになれなかった品々も似たような
食感&味わいなんでしょうね・・・(汗)。だからこそ?Hitした★トー食べて見たいです!(w。

4 ■ドラミさんへ

おかえりなさいませ!!
地中海クルーズ、更新をとっても楽しみにしています。(公開はやっぱり随分先なんだろうなあ。)
ご旅行中にペタがあったからネットができる環境なんだと思っていたら何と豪華客船の甲板の上から携帯でですか!!するとあのペタは洋上からつけたペタだったんですね。カッコいい!!

シンガポール、また行きたい場所です。
ただ、現地では安食堂ばかり出入りしていたので、ドラミさんにお勧めできる店かどうか???です。でも、味は保証付きですよ。

何と、お姉さまはJICAでザンビアへ行かれてたのですか!そういえば、ドラミさんの記事にご家族が確かウガンダへ行かれたっていうのもありましたよね?
ザンビアといえばシマ!!
私はザンビア人の先生から英語を習ってたことがあるので、彼がシマを教えてくれました。(訛った英語に慣れたかったからザンビア人教師を指名してました)ザンビアのシマも、お隣のジンバブエのサザも似たようなものですが、作りたては美味しかった記憶があります。(冷めると不味い)

このトーを出す浜松町のお店、意外と面白いですよ!セネガルやマリ料理はさすがフランスの植民地だっただけあって洗練されています。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?