私が会員になっている「特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会」

では、厚生労働省職業安定局からの委託を受け、全国の若年労働者を

対象とした、「働く若者ネット相談事業」を展開しています。


これは、日本全国を対象とし、オンラインカウンセリング(PCや携帯メール、

電話など)を中心としたキャリアカウンセリング事業です。従来にない大規模

な公的キャリアカウンセリングサービスということになります。新聞などでも

取り上げられたようです。


その協会から要請がありましたので、バナーを貼りました。

関心がある方はちょいとのぞいてみるといいですよ。

AD

キャリアカウンセリング

昨日は日本武道館でキャリアカウンセリングをやってきました。

就職活動中の大学4年生の方々向けのカウンセリングブースが

合同企業説明会の中に開設されているんです。そこでブースに

張り付いてやってきたわけです。


この時期になると内々定をとっているひとが全体の6割強になる

ので、まだ内々定が出ていないひとはあせっていますね。また

すでにいくつかの企業の面接までいって落ちてしまっている人も

多いのが特徴です。


ブースで話してみると、みんないい子ばかりなのに採用しない

なんて勿体無いなぁと思います。人事の人もよ~く話してみると

いいのに なんてことも思ってしまいます。


大体の学生さんは自己分析や業界研究をあまり深いところまで

できていないうちに面接などに臨んでいるケースが多いようです。

だから自己PRや志望動機を聞かれてうまく言えないのです。


「敵を知り 己を知れば 百戦危うからず」です。


全国の就職活動をやっている皆さん!

人生でたった一度のチャンスです。

悔いの残らない、濃い活動をしましょうね。


AD

ワークネタを練る

今日は半日内勤です。

来月?やる、中小企業家同友会での勉強会の内容を練って

いるのです。

テーマは「あなたはなぜ働くのですか?」(仮題)です。

自分のキャリアについて考えてみようというワークショップを

やるんです。これでも一応CDAホルダーなので、それなりの

動きをしないとね(笑)。


これは2月か3月に社内でやったワークショップをベースに

しているんです。

社内でやったときは結構評判が良かったので2匹目のどじょう狙い

ではないのですが、気をよくしてまたやっちゃおうというわけです。


業務内容も環境も違う人たちが集まる場でのワークなので

わかりやすいものをつくろうと思っています。


このワークをきっかけにして、参加者の方が自分のキャリア形成に関心を

持ち、そのことによって仕事に対するモチベーションが上がり、イキイキ

した人生を送れるようになればいいなぁと思っています。

AD
今日は合同企業説明会で大学生向けキャリアカウンセリングを

やってきました。


みんな一生懸命ですね。5千数百人の学生さんがフェアにやって

きて、そのうち60名くらいがカウンセリングを受けにきて

くれました。


ただ、流れに乗れていないひとがとても多いという印象を

受けました。すでにエントリーシートを提出する時期になって

いるのですが、自己分析が終わっていない学生さんが多く

見受けられたのです。自己分析ができていないとエントリー

シートは書けませんし、就職活動はまず自己分析をしないと

始まらないのです。あせってはまずいのですが、いそいで

分析を進めていただきたいですね。


中途半端な就職活動は、後になって絶対後悔します。そう

ならないためにも今はしんどいかも知れませんが、やる

ことをきっちりやることが大切です。


みんな頑張ろうね。

ジョブカフェ

今日は大手町まで、ジョブカフェ・ベストプラクティス

発表祭を聞きにいきました。


ジョブカフェって知らない人もいると思いますが、若年

者の雇用支援を専門に行っている機関なんです。各都道府県

にあると思うのですが、その中から様々な工夫をこらし成果

に結び付けているとされる6箇所が選ばれ、そのやり方や

考え方を発表するというのが今回の催しです。


詳細は割愛しますが、いろいろな工夫があってとても刺激に

なりました。若年者の雇用促進は政府としても重要課題として

捉えているので、このような活動が全国に広まることが大変

望ましいと私も思います。

あえて言うならもっともっと民間のアイデアやネットワークを

取り入れれば、更に深く広く展開できるのではないかなと思い

ました。


私もキャリアカウンセラーの端くれとして、もっと積極的に

そのような場に関わって、若年者の雇用や意識改革のお手伝い

をしようと思います。

社内ワークショップ

今度、社内でワークショップを開きます。

自分のミッションを明らかにし、仕事への

モチベーションを高めるのが狙いなんです。


コーチングの視点でいくと正にfulfillの

世界に誘おうともくろんでいるわけですが、

どちらかと言えばキャリアカウンセラーの

視点で捉えて、みんなに自分の振り返りを

してもらい、感じたこと・気づいたことを

将来の自分に合わせてもらい、動機付けし

ていこうと思うのです。

途中何回か社員同士でコーチングセッション

ぽくやろうと考えているので今からとても

楽しみです。

うひひ。

what と how その2

今日は2回書きます。


昨日は中高年向け再就職支援セミナーをやってきました。

昨年の暮れから受講生が増加傾向をみせており、今回も

比較的多かったと思います。

結構熱心な人も多く、セミナー終了時から35分間くらい

ずっと質問に答えていました。

その中で感じたのは、先日も書いた「what と haw」が

明確になっていない人が多いということです。


今までやっていた仕事・業界とは違う、いわゆる異業種へ

転職するという方の話を伺うと、何を求めて、または

何のために異業種へ転職するのかが明確になっておらず

こちらの問いかけに対し答えられませんでした。

同じような方がもうひとかたいらっしゃって、同様の

質問に、やはり答えられませんでした。


なぜ、何を実現したくて転職をするのか。

転職は明確なビジョン実現のためのプロセスだと思います。

ビジョンが描けていないとすぐに壁にぶつかり、いわゆる

ミスマッチという状況になります。

受講生の方々にはそんな状況になって欲しくないですね。



今日の昼間、知人との会話の中で、頭ではわかっていてもつい

howを追ってしまってwhatを忘れているときがあるという話題に

なり、お互い目先のことに振り回されているという現実に気付いて

思わず笑ってしまいました。

なんだかんだ言っても、私もhowを追っているんですね

キャリア

今日は中高齢者向けの再就職支援セミナーを

やってきました。

いろいろな境遇の方がいらっしゃって、お話しを

伺うとやはり大変なんだなぁと思いました。


素晴らしいキャリアを持っているのに技術革新の

波に乗り遅れて廃業せざるを得なかった方や、

嘱託で2年契約と言われていたのにいきなり1年で

契約を切られたという方がいらしたり‥。

なんとかそういった方々の力になれればと、本当に

思います。


明日は大学生向けの合同セミナーのサブ講師として

仕事をしてきます。

参加する学生さん達には自分の望むキャリアを歩める

ような支援がしたいですね。

再就職支援セミナー

今日、約1ヶ月ぶりに中高齢者向けの再就職支援

セミナーをやりました。みんな一生懸命ですね。

まじめに話しを聞いてくれましたし、ワークも

一生懸命取り組んでくれました。

あとは今日話したことを実践して、「希望の仕事に

再就職できたよっ」て声を聞ければ、これ以上の

喜びはないですね。

みんな頑張れ~!

つれづれなるままに

只今、仕事中です。

脳みそが筋肉痛を起こしそうなので

仕事を一休みして

ブログをやっております。


先日、ある大学へ行きまして内定者

向けのビジネスマナーセミナーを

やってきました。


いやぁ まいりました。

ふたを開けたらたったの数名。

あとで何人か加わってとりあえずの

形にはなったのですが‥。

いつもみたいなノリが出せませんでした。


* * * * * * * * * * 


今朝、何週間か前にやった定時制高校での

ビジネスマナーセミナーのアンケート結果が

届きました。

あまりよく聞いてもらえなかったなぁと思って

いたんですが、アンケート結果をみたらビックリ!

結構みんなちゃんと聞いていて、勉強になったとか

就職を真面目に考えるいいきっかけになったとか

肯定的な感想が多かったんです。

いろいろと影響をあたえることができたんだなぁと

いう実感が湧いてきました。

講師に対するお褒めの言葉もあったりして、

なんかとってもうれしいアンケート結果でした。



さて、仕事にもどります。

おしまい。